基本情報

写真a

生駒 忠昭

IKOMA Tadaaki


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-7390

研究室FAX

025-262-7390

ホームページ

http://chem.sc.niigata-u.ac.jp/~ikoma/

プロフィール

http://chem.sc.niigata-u.ac.jp/~ikoma/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学部  化学科

    大学,1986年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学研究科  化学

    修士課程,1988年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),物理化学,東北大学,論文,1993年01月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 化学科 無機物質化学,准教授,2007年06月 ~ 2012年03月

  • 新潟大学 理学部 化学科 無機物質化学,教授,2012年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人 科学技術振興機構,研究員,2006年10月 ~ 2010年03月

  • 国立大学法人 名古屋大学,非常勤講師,2012年10月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1985年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際EPR(ESR)学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本光化学協会,1995年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本物理学会,1999年06月 ~ 継続中,日本国

  • 電子スピンサイエンス学会,2003年11月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 自己組織分子半導体の光伝導に対するスピン効果,2006年10月 ~ 継続中

    磁場効果および電場効果,物理化学,デバイス関連化学,個人研究,基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • “Dark” Excited States of Diphenylacetylene Studied by Nonresonant Two-Photon Excitation Optical-Probing Photoacoustic Spectroscopy,T. Suzuki, M. Nakamura, T. Isozaki, and T. Ikoma,Internatial Journal of Thermophysics,Vol.33,No.7, pp.2064-2054,2012年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,物理化学,有機化学

  • Structural and Electronic Properties of Extremely Long Perylene Bisimide Nanofibers Formed through a Stoichiometrically Mismatched, Hydrogen-Bonded Complexation,S. Yagai, T. Seki, H. Murayama, Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Kikkawa, T. Karatsu, A. Kitamura, Y. Honsho, S. Seki,Small,Vol.6,No.23, pp.2731-2740,2010年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,物理化学,有機化学

  • Giant magnetoresistance due to electron-hole pair mechanism in poly(N-vinylcarbazole),T. Ikoma, T. Ogiwara, Y. Takahashi, K. Akiyama, S. Tero-Kubota, Y. Takahashi, T. Suzuki, Y. Wakikawa,Synthetic Metals,Vol.160,No.3-4, pp.285-290,2009年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,物理化学,デバイス関連化学

  • Magnetic field effect on the photocarriers in self-assembled hexabenzocoronene nanotubes,Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Yamamoto, T. Fukushima, T. Aida,Synthetic Metals,Vol.160,No.3-4, pp.275-279,2009年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,物理化学,デバイス関連化学

  • Peculiarity in the Electronic Structure of Cu(II) Complex Ferromagnetically Coupled with Bisimino Nitroxides,T. Ikoma, H. Oshio, M. Yamamoto, Y. Ohba and M. Nihei,Journal of Physical Chemistry A,Vol.112,No.37, pp.8641-8648,2008年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,物理化学,無機化学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Selectivity, Control, and Fine Tuning in High-Energy Chemistry,T. Ikoma,Research Signpost,2011年01月,英語

    単行本(学術書),単著,物理化学,デバイス関連化学

  • パルスESR,生駒 忠昭,分子科学会,2009年05月,日本語

    単行本(学術書),単著,物理化学,分析化学

  • 第5版 実験化学講座20-1巻 分析化学,山内 清語, 生駒 忠昭,丸善出版,2007年01月,日本語

    教科書,共著,物理化学,分析化学

  • 進化する有機半導体,生駒 忠昭, 手老省三,エヌ・ティー・エス,2006年03月,日本語

    単行本(学術書),共著,物理化学,デバイス関連化学

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Molecular Spintronics,M. Shiraishi, T. Ikoma,ELSEVIER,Physica E-Low-Dimensional Systems & Nanostructures,Vol.43,No.7, pp.1295-1317,2011年02月,英語

    総説・解説(商業誌),共著,物理化学,応用物理学一般

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,磁場応答性の分子性素子と磁場測定方法並びに磁場測定装置,生駒忠昭, 前田公憲, Kevin Henbest

    出願番号( 2007-069482,2007年10月02日 ) 公開番号( 2008-235373,2008年10月02日 ) ,日本国

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 化学研究連絡助成金,2012年03月 ~ 2013年03月,ペンタセンの一重項励起子解裂におけるスピンダイナミクス

    民間財団等

  • 戦略的創造研究推進事業,2010年10月 ~ 2016年03月,革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築

    文部科学省

  • 内田エネルギー科学振興財団平成22年度試験研究助成,2010年08月 ~ 2011年03月,ナノ構造化有機半導体における光誘起磁気抵抗効果

    民間財団等

  • 戦略的創造研究推進事業,2006年10月 ~ 2010年03月,光誘起巨大磁気抵抗を有する分子素子の創出

    文部科学省

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 有機電界発光材料のESR分析,2012年03月 ~ 2013年03月,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第51回電子スピンサイエンス学会年会,小林亮介,佐藤南美,尾森拓也,アンベ クリストファー,生駒忠昭,中山健一,国内会議,2012年11月,札幌,P3HT/PCBMバルクヘテロ太陽電池におけるキャリアスピンダイナミクス,ポスター(一般)

  • The 2nd International Congress on Natural Sciences,T. Ikoma,国際会議,2012年10月,Kaoshuing,Electron Spin Knows Carrier Dynamics in Organic Solar Cell,口頭(基調)

  • The 2nd International Congress on Natural Sciences,K. Yokoyama, Y. Wakikawa, J. Fujimori, F. Ito, T. Ikoma,国際会議,2012年10月,Kaoshuing,Magnetic Field Dependence on Triplet-Triplet Annihilation of Diphenylanthracene Sensitized by Platinum Complex,ポスター(一般)

  • The 2nd International Congress on Natural Sciences,C. Ambe, Y. Wakikawa, K. Yokoyama, T. Ikoma, H. Yamada and K. Akiyama,国際会議,2012年10月,Kaoshuing,Magnetic Field Effect on the Triplet Exciton Dynamics in Photoconductive Organic Films,口頭(一般)

  • The 2nd International Congress on Natural Sciences,Y. Wakikawa, T. Ikoma, Y. Yamamoto and T. Fukushima,国際会議,2012年10月,Kaoshuing,Photocarrier Dynamics in Hexabenzocoronene Self-Assembly,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,化学基礎A,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,化学反応論,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物理化学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,量子化学Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,課題研究,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀発表賞,2010年11月,電子スピンサイエンス学会,脇川祐介

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 機器分析センター運営委員,2012年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 電子スピンサイエンス学会,会誌編集委員,2005年09月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 桐生高校SSH授業 群馬県立桐生高校主催,2012年12月

  • オープンキャンパス 新潟大学主催,2012年08月

  • 桐生高校SSH授業 群馬県立桐生高校主催,2011年12月

  • 新潟大学Week おもしろ化学実験  新潟大学主催,2011年10月

  • オープンキャンパス 新潟大学主催,2011年08月

全件表示 >>