基本情報

写真a

瀧澤 淳

TAKIZAWA Jun


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),血液内科学,新潟大学,課程,1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 生命科学医療センター,特任助教,2007年08月 ~ 2007年12月

  • 新潟大学 超域研究機構,助教,2008年01月 ~ 2009年11月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学,助教,2009年12月 ~ 2013年06月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,准教授,2013年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1990年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血液学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本リンパ網内系学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床腫瘍学会,2004年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本輸血細胞治療学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A distinct subtype of Epstein Barr virus positive T/NK-cell lymphoproliferative disorder: Adult patients with chronic active Epstein Barr virus infection-like features. ,Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Kozai Y, Kato K, Miyahara M, Yujiri T, Oishi N, Choi I, Fujimaki K, Muta T, Kume M, Moriguchi S, Tamura S, Kato T, Tagawa H, Makiyama J, Kanisawa Y, Sasaki Y, Kurita D, Yamada K, Shimono J, Sone H, Takizawa J, Seto M, Kimura H, Ohshima K.,Haematologica.,Vol.103,No.6, pp.1018-1028,2018年06月,英語

    DOI:10.3324/haematol.2017.174177,研究論文(学術雑誌),共著

  • Expression of programmed death ligand 1 is associated with poor prognosis in myeloid sarcoma patients.,Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Kiyasu J, Yokoyama S, Sasaki Y, Sone H, Seto M, Takizawa J, Ohshima K. ,Hematol Oncol. ,2018年03月,英語

    DOI: 10.1002/hon.2506,研究論文(学術雑誌),共著

  • Clinicopathological and genomic analysis of double-hit follicular lymphoma: comparison with high-grade B-cell lymphoma with MYC and BCL2 and/or BCL6 rearrangements., Miyaoka M, Kikuti YY, Carreras J, Ikoma H, Hiraiwa S, Ichiki A, Kojima M, Ando K, Yokose T, Sakai R, Hoshikawa M, Tomita N, Miura I, Takata K, Yoshino T, Takizawa J, Bea S, Campo E, Nakamura N.,MODERN PATHOLOGY,Vol.31,No.2, pp.313-326,2018年02月,英語

    DOI:10.1038/modpathol.2017.134,研究論文(学術雑誌),単著

  • Frequent expression of CD30 in extranodal NK/T-cell lymphoma: Potential therapeutic target for anti-CD30 antibody-based therapy.,Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Sasaki Y, Yamada K, Yanagida E, Muto R, Kiryu M, Sone H, Seto M, Ohshima K, Takizawa J,HEMATOLOGICAL ONCOLOGY,Vol.36,No.1, pp.166-173,2018年02月,英語

    DOI:10.1002/hon.2482,研究論文(学術雑誌),共著

  • Comparison of clinicopathological characteristics between T-cell prolymphocytic leukemia and peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified. ,Kawamoto K, Miyoshi H, Yanagida E, Yoshida N, Kiyasu J, Kozai Y, Morikita T, Kato T, Suzushima H, Tamura S, Muta T, Kato K, Eto T, Seki R, Nagafuji K, Sone H, Takizawa J, Seto M, Ohshima K. ,EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY,Vol.98,No.5, pp.459-466,2017年05月,英語

    DOI:10.1111/ejh.12856,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 節外性NK/T細胞リンパ腫の治療 EBM 血液疾患の治療2017-2018,瀧澤 淳,中外医学社,2016年10月,日本語

    単行本(学術書),節外性NK/T細胞リンパ腫の治療,分担執筆

  • 血液疾患の新規治療薬2016 イブルチニブ,瀧澤 淳,毘沙門堂,2016年09月,日本語

    単行本(学術書),イブルチニブ,分担執筆

  • Molecular Targeted Therapy for DLBCL. Primary Central Nervous System Lymphoma (PCNSL),Kawamoto K, Takizawa J.,Nova science publishers,2016年07月,英語

    単行本(学術書),Molecular Targeted Therapy for DLBCL.,分担執筆

  • 眼・眼付属器リンパ腫 節外リンパ腫の臓器別特徴と治療 リンパ腫学-最新の研究動向-,瀧澤 淳, 尾山 徳秀,日本臨牀社,2015年10月,日本語

    単行本(学術書),節外リンパ腫の臓器別特徴と治療 眼・眼付属器リンパ腫,分担執筆

  • 初発CLLの治療方針 EBM 血液疾患の治療2015-2016,瀧澤 淳,中外医学社,2014年,日本語

    単行本(学術書),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 慢性リンパ性白血病 病態解明の進歩と治療の現在,瀧澤 淳,日本血液学会,臨床血液,Vol.58,No.5, pp.471-479,2017年05月,日本語

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.471,総説・解説(学術雑誌),単著

  • 慢性リンパ性白血病(CLL)と類縁疾患の鑑別診断,瀧澤 淳, 桐生 真依子, 河本 啓介,医薬ジャーナル社,血液フロンティア,Vol.28,No.2, pp.179-185,2018年01月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 高齢者の慢性リンパ性白血病と慢性骨髄性白血病,瀧澤 淳, 青木定夫,医薬ジャーナル社,血液フロンティア,Vol.15,No.9, pp.1489-1498,2005年09月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 薬剤起因性貧血,瀧澤 淳,日本臨床社,別冊日本臨床 領域別症候群シリーズNo.20, pp.413-415,1998年08月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年03月 ~ 継続中,CLL希少地域である日本からの挑戦~確実な鑑別診断法の確立と分子病態の解明~

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2017年03月,IgG4関連疾患はMALTリンパ腫の発症原因になり得る

  • 基盤研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,次世代シークエンサーを用いたGM-CSF自己抗体産生機序の解明

  • 基盤研究(B),2008年04月 ~ 2011年03月,特発生肺胞蛋白症における免疫変容の体系的研究

  • 挑戦的萌芽研究,2008年04月 ~ 2010年03月,GM-CSF中和能の新規アッセイ法の確立

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構(JST) 平成19年度 研究成果実用化検討(FS)課題,2008年01月 ~ 2008年03月,電磁波障害の無い細胞培養容器への個体認証用ICタグ装着法の開発

    科学技術振興機構(JST)