基本情報

写真a

関 隆宏

SEKI Takahiro


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-6088

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学),情報学基礎理論,北陸先端科学技術大学院大学,課程,2002年03月

  • 修士(教育学),教科教育学,新潟大学,課程,1999年03月

  • 学士(教育学),教科教育学,新潟大学,課程,1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経営戦略本部 評価センター,准教授,2007年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立大学法人九州大学大学評価情報室,助手,2004年05月 ~ 2007年03月

  • 国立大学法人九州大学情報基盤研究開発センター,特任准教授,2007年04月 ~ 2007年05月

  • 国立大学法人九州大学教育改革企画支援室,准教授,2007年06月 ~ 2007年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,2005年11月 ~ 継続中,日本国

  • 情報処理学会,2005年11月 ~ 2014年03月,日本国

  • 大学評価コンソーシアム,2007年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本高等教育学会,2007年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本数学教育学会,2014年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

  • 大学評価

  • 情報学基礎理論

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大学評価,2004年05月 ~ 継続中

    大学評価,IR,教育学,個人研究,(選択しない)

  • 情報検索,2003年05月 ~ 継続中

    検索エンジン,情報学基礎理論,国内共同研究,(選択しない)

  • 数理論理学,1998年04月 ~ 継続中

    適切様相論理,部分構造論理,数学基礎・応用数学,情報学基礎理論,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • 「新潟大学ファクトブック2015」の作成について,関 隆宏,今井博英,小田美奈子,大学評価とIR,No.5, pp.44-52,2016年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,教育学

  • Hallden completeness for relevant modal logics,Takahiro Seki,Notre Dame Journal of Formal Logic,Vol.56,No.2, pp.333-350,2015年04月,英語

    DOI:10.1215/00294527-2864334,研究論文(学術雑誌),単著,数学基礎・応用数学,情報学基礎理論

  • Some metacomplete relevant modal logics,Takahiro Seki,Studia Logica,Vol.101,No.5, pp.1115-1141,2013年10月,英語

    DOI:10.1007/s11225-012-9433-8,研究論文(学術雑誌),単著,情報学基礎理論,数学基礎・応用数学

  • An algebraic proof of the admissibility of γ in relevant modal logics,Takahiro Seki,Studia Logica,Vol.100,No.6, pp.1149-1174,2012年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著,情報学基礎理論,数学基礎・応用数学

  • Metacompleteness of substructural logics,Takahiro Seki,Studia Logica,Vol.100,No.6, pp.1175-1199,2012年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著,情報学基礎理論,数学基礎・応用数学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大学政策論,岩崎保道(編著),大学教育出版,2011年06月,日本語

    単行本(学術書),4 大学評価,編著,教育学

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 初めて評価を担当される方へ(後編),関 隆宏,大学評価コンソーシアム,大学評価とIR,No.9, pp.3-19,2017年08月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著,教育学

  • 初めて評価を担当される方へ(前編),関 隆宏,大学評価コンソーシアム,大学評価とIR,No.8, pp.15-32,2017年08月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著,教育学

  • 大学評価の理想との間で考える,関 隆宏,国立大学法人秋田大学評価センター,秋田大学評価センター平成25年度年報・研究紀要, p.2,2014年03月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著,教育学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2019年03月,大学の評価・IR機能の高度化のための実践知の収集・分析とその活用に関する研究

    本研究は、国内外の評価担当者・IR担当者との連携をベースに、全国の高等教育機関における評価活動やIR活動から得られた知見を収集・整理し、各大学で活用可能な実践事例ライブラリを構築し公開する。収集したライブラリに、米国の事例も加え、IR・評価の実践知の体系化を図り大学の意思決定の高度化・迅速化のために汎用性のある評価やIRの活用法を開発し、各大学へ研修コンテンツとして提供する。

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,国立大学における経営計画の策定と IR による支援のあり方に関する実践的研究

    本研究では、国立大学の中期計画を対象として、その策定とIRによる支援の実践及び国立大学の実態調査を通じて現状と課題を把握し、我が国の国立大学における計画策定のあり方を明らかにする。また、計画策定から実行の進捗管理までを支援する情報システムの開発、計画策定の支援等を行う人材育成プログラムの開発を行う。

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,IRマインドを涵養する評価人材の育成プログラムの構築に関する研究

    本研究は、各大学のこれまで以上のマネジメント機能の高度化、教育・研究の質の向上のためにIR活動を行うための人材(評価人材)の育成プログラムを開発する。これは、これまで行われてきたIRや評価に関する研究成果の体系化を行うことでもある。

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,日本の大学における内部質保証に資する機関調査の確立に関する研究

    本研究では、わが国の大学の内部質保証システムの構築の取組の実態に関するヒアリング調査及びアンケート調査を通じて、内部質保証システムの構築に資する機関調査情報のあり方を明らかにする。

  • 文部科学省大学発ベンチャー創出推進,2006年08月 ~ 2009年03月,データマップ法と概念グラフによる次世代検索エンジンの研究開発

    データマップ法と概念グラフによる次世代型の検索エンジンを研究開発する。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会2017年度秋季総合分科会 数学基礎論および歴史分科会,関 隆宏,国内会議,2017年09月,山形大学,適切論理の semilattice 意味論再考,口頭(一般),数学基礎・応用数学,情報学基礎理論

  • The 17th Annual SEAAIR Conference,Tetsuya Oishi, Eiichi Takata, Noriko Kuwano, Takahiro Seki, Masao Mori, Masashi Sekiguchi,国際会議,2017年09月,PSB Academy, Singapore,How can IR support the management of Japanese national universities on the mid-term plan related to globalization?,口頭(一般),教育学

  • 第6回大学情報・機関調査研究集会,関 隆宏,国内会議,2017年08月,海洋研究開発機構東京事務所,公的集計データを用いた大学間比較ことはじめ―新潟大学の事例から―,口頭(一般),教育学

  • 第6回大学情報・機関調査研究集会,大石哲也,高田英一,桑野典子,関 隆宏,森 雅生,関口正司,国内会議,2017年08月,海洋研究開発機構東京事務所,日本の国立大学における経営計画の課題とIRによる支援のあり方について-グローバル化に関する中期計画を中心に,口頭(一般),教育学

  • 日本数学会2017年度年会 数学基礎論および歴史分科会,関 隆宏,国内会議,2017年03月,首都大学東京,結合則を持たない部分構造論理の Craig の補間定理,口頭(一般),数学基礎・応用数学,情報学基礎理論

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,代数学特講,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2016年度,幾何学特講,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,代数学特講,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2015年度,幾何学特講,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2015年度,代数学特講,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 国際こども・福祉カレッジ 非常勤講師 ,2011年09月 ~ 継続中

  • 近大姫路大学教育学部通信教育課程 非常勤講師 ,2011年09月 ~ 継続中

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • IR推進室,2014年10月 ~ 継続中

  • 認証評価ワーキンググループ,2013年01月 ~ 2014年06月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 大学評価コンソーシアム,幹事,2009年12月 ~ 継続中

  • 大学評価コンソーシアム,「大学評価とIR」編集委員,2014年12月 ~ 継続中

  • 情報処理学会,平成25年度モニタ,2013年04月 ~ 2014年03月

  • 情報処理学会,平成22年度モニタ,2010年04月 ~ 2011年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟県教育研究集会 共同研究者,2013年11月 ~ 継続中

  • 大学情報・機関調査研究集会,運営委員,2012年03月 ~ 継続中

  • IIAI International Conference on Institutional Research and Institutional Management, Program Comittee,2012年02月 ~ 継続中

  • 研究や産学連携の推進に向けたIRの基礎,2017年11月

  • 平成29年度教職12年経験者研修,2017年08月 ~ 2018年01月

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • 株式会社Lafla,情報通信業,2008年09月