基本情報

写真a

伊東 孝祐

ITO Kosuke


学系

自然科学系

系列

地球・生物科学系列

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.sc.niigata-u.ac.jp/biologyindex/uchiumi-ito/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),応用生物化学,東京大学,課程,2003年03月

  • 修士(農学),応用生物化学,東京大学,課程,1999年03月

  • 学士(理学),生体関連化学,学習院大学,課程,1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 超域研究機構,助教,2008年01月 ~ 2009年03月

  • 新潟大学 理学部,助教,2009年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2009年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2009年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High-resolution crystal structure of peptidyl-tRNA hydrolase from Thermus thermophilus.,Matsumoto A, Uehara Y, Shimizu Y, Ueda T, Uchiumi T, *Ito K,Proteins,2018年12月,その他外国語

    DOI:10.1002/prot.25643,研究論文(学術雑誌),共著

  • The ribosomal stalk protein is crucial for the action of the conserved ATPase ABCE1.,Imai H, Abe T, Miyoshi T, Nishikawa SI, Ito K, *Uchiumi T,Nucleic acids research,Vol.46,No.15, pp.7820-7830,2018年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The Interaction between the Ribosomal Stalk Proteins and Translation Initiation Factor 5B Promotes Translation Initiation.,#Murakami R, #Singh CR, Morris J, Tang L, Harmon I, Takasu A, Miyoshi T, *Ito K, *Asano K, Uchiumi T #Contributed equally,Molecular and cellular biology,Vol.38,No.16,2018年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Binding of translation elongation factors to individual copies of the archaeal ribosomal stalk protein aP1 assembled onto aP0.,Honda T, Imai H, Suzuki T, Miyoshi T, Ito K, *Uchiumi T,Biochemical and biophysical research communications,Vol.483,No.1, pp.153-158,2017年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Structural basis for the recognition of guide RNA and target DNA heteroduplex by Argonaute.,*Miyoshi T, *Ito K, Murakami R, Uchiumi T,Nature communications,Vol.7, p.11846,2016年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Crystal Structure of Monomeric Sarcosine Oxidase from Bacillus sp. NS-129. Flavins and Flavoproteins,Nagata, K., Sasaki, H., Ohtsuka, J., Ming, H., Okai, M., Kubota, K., Kamo, M., Ito, K., Ichikawa, T., Koyama, Y., and Tanokura, M.,ARchiTect inc. Tokyo,2005年12月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 「食品の科学」,上野川修一、田之倉優 編,東京化学同人,2005年12月,日本語

    教科書,共著

  • 「ナノバイオテクノロジーの最前線」,植田充美 監修,シーエムシー出版,2003年12月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 「動物細胞工学ハンドブック」,動物細胞工学会編,朝倉書店,2000年12月,日本語

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アゾ還元酵素の構造と反応機構,伊東孝祐、田之倉優,日本生化学会,生化学,Vol.80,No.6, pp.550-559,2008年06月,日本語

    総説・解説(その他),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • B.B.B.論文賞,2015年03月,その他,その他の賞,日本農芸化学会,Ochiai A, Sugai H, Harada K, Tanaka S, Ishiyama Y, Ito K, Tanaka T, Uchiumi T, Taniguchi M, Mitsui T

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年 ~ 継続中,真核生物停滞リボソーム上におけるぺプチジルtRNA分解のメカニズム解明

  • 基盤研究(B),2016年 ~ 2019年,翻訳リサイクルにおけるリボソームstalk蛋白質の機能解明

  • 基盤研究(C),2016年 ~ 2019年,小分子RNAをガイド鎖とするDNAサイレンシング機構の解明

  • 基盤研究(C),2015年 ~ 2018年,リボソーム触手様タンパク質とアミノアシルtRNA合成酵素の相互作用の構造基盤解明

  • 基盤研究(B),2012年 ~ 2015年,蛋白質合成サイクルを駆動するリボソームのストーク複合体:高速・高効率化の分子機構

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 佐々木環境技術振興財団 試験研究費助成,2017年 ~ 2019年,水環境汚染問題解決を目指した新規抗生物質開発研究

    民間財団等

  • 佐々木環境技術振興財団 試験研究費助成,2013年 ~ 2014年,環境浄化酵素生産システムの開発

    民間財団等

  • ユニオンツール育英奨学会 科学技術研究費助成金制度,2011年 ~ 2012年,タンパク質生合成系の保守管理を担うペプチジルtRNA分解酵素の分子機構解明

    民間財団等

  • 財団法人内田エネルギー科学振興財団 研究助成,2009年 ~ 2010年,タンパク質合成システムにおけるエネルギー代謝中心の機能制御研究

    民間財団等

  • シーズ発掘試験A(発掘型) JST,2008年 ~ 2009年,タンパク質低速合成大腸菌株AM68を利用した有用タンパク質生産システムの開発

    科学技術振興機構

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第20回日本RNA学会年会,今井大達、阿部高也、三好智博、西川周一、伊東孝祐、内海利男,国内会議,2018年07月,ATP加水分解酵素ABCE1とリボソームストークタンパク質間の機能的相互作用,口頭(一般)

  • 第40回日本分子生物学会,丸山圭、川村桃子、今井大達、伊東孝祐、内海利男,国内会議,2017年12月,リボソームストークとGTP結合型翻訳伸長因子EF1A間複合体のX線結晶構造解析,ポスター(一般)

  • 第40回日本分子生物学会,阿部高也、今井大達、西川周一、伊東孝祐、内海利男,国内会議,2017年12月,変異導入解析によるリボソームストークとリサイクル因子ABCE1間相互作用の検証,ポスター(一般)

  • 第40回日本分子生物学会,今井大達、阿部高也、三好智博、伊東孝祐、内海利男,国内会議,2017年12月,翻訳リサイクル因子ABCE1-リボソームストーク間相互作用とその役割,ポスター(一般)

  • 第12回無細胞生命科学研究会,市邨晃久、笠原杏子、今井大達、上原祐二、西川周一、内海利男,国内会議,2017年11月,ペプチジルtRNA加水分解酵素•プロテアソーム輸送タンパク質複合体のX線結晶構造解析,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,自然科学基礎実験,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,生物学実験 I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,生物学基礎実習a,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,細胞生物学演習,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

全件表示 >>