基本情報

写真a

崎尾 均

SAKIO Hitoshi


学系

自然科学系

系列

農学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

森林生態学、植物生態学、水辺林、渓畔林、河畔林、樹木の生活史、ハリエンジュ、森林限界

ホームページ

https://riparian-forest.jimdo.com

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学  理学部  生物学科

    大学,1979年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学  理学研究科  生物学専攻

    修士課程,1982年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),生態・環境,東京都立大学,論文,1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部 フィールド科学教育研究センター 森林生態部佐渡ステーション,教授,2008年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会,1980年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本森林学会,1982年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物学会,1987年04月 ~ 継続中,日本国

  • 森林立地学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

  • 渓畔林研究会,1991年01月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

  • 生態・環境

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士(環境)

  • 技術士(林業)

  • 学芸員

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 水辺林の生態解明と再生・復元,1987年04月 ~ 継続中

    渓畔林・河川攪乱・樹木生活史,生態・環境,森林科学,国内共同研究,共同研究

    荒川流域の水辺林の更新動態や樹木の共存機構を生活史や河川攪乱との関係から明らかにするとともに、失われた水辺林の再生・復元方法を検討している。

  • 外来種ニセアカシアの生態解明と除去技術の開発,1996年08月 ~ 継続中

    種子散布・根萌芽・伐採・巻き枯らし,生態・環境,森林科学,国内共同研究,共同研究

    外来種ニセアカシアがどのような繁殖戦略(種子繁殖VS栄養繁殖)で分布を拡大してきたのか、また今後、この樹種をどのようにして管理していくのか除去技術の開発を含めて検討する。

  • 富士山森林限界における森林の動態,1978年04月 ~ 継続中

    一次遷移・カラマツ・矮性低木・森林限界の上昇・気候変動,生態・環境,国内共同研究,共同研究

    富士山の森林限界の樹木群落の動態を明らかにするために、長期観測を行っている。最近の気候変動が高山帯の森林植生にどのような影響を与えているのか過去の調査結果と比較し解析する。

論文 【 表示 / 非表示

  • The regeneration mechanisms of a Pterocarya rhoifolia population in a heavy snowfall region of Japan,Yosuke Nakano, Hitoshi Sakio,Plant Ecology,2018年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Quaternary range-shift history of Japanese wingnut (Pterocarya rhoifolia) in the Japanese Archipelago evidenced from chloroplast DNA and ecological niche modeling,Kanako Sugahara, Yuko Kaneko, Shota Sakaguchi, Satoshi Ito, Keisuke Yamanaka, Hitoshi Sakio, Kazuhiko Hoshizaki, Wajirou Suzuki, Norikazu Yamanaka, Yuji Isagi, Arata Momohara, Hiroaki Setoguchi ,Journal of Forest Research,Vol.22,No.5, pp.282-293,2017年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Adaptive plasticity in the life history strategy of a canopy tree species, Pterocarya rhoifolia, along a gradient of maximum snow depth,Yosuke Nakano, Hitoshi Sakio,Plant Ecology,Vol.218,No.4, pp.395-406,2017年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Genetic structure of Hepatica nobilis var. japonica, focusing on within population flower color polymorphism,Shinichiro Kameoka, Hitoshi Sakio, Harue Abe, Hajime Ikeda, Hiroaki Setoguchi,Journal of Plant Research,Vol.130,No.2, pp.263-271,2017年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Monitoring of ground-dwelling beetle community and forest floor environment in 22 temperate forests over Japan,Shigeru Niwa, Ayu Toyota, Toshio Kishimoto, Kôji Sasakawa, Shin Abe, Takeshi Chishima, Motoki Higa, Tsutom Hiura, Kosuke Homma, Daisuke Hoshino, Hideyuki Ida, Naoto Kamata, Yohei Kaneko, Motohiro Kawanishi, Kazutaka Kobayashi, Kaname Kubota; Koichiro Kuraji, Takashi Masaki, Kaoru Niiyama, Mahoko Noguchi, Haruto Nomiya, Satoshi Saito, Michinori Sakimoto, Hitoshi Sakio, Shigeho Sato; Mitsue Shibata, Atsushi Takashima, Hiroshi Tanaka, Naoaki Tashiro, Naoko Tokuchi, Hisahiro Torikai, Toshiya Yoshida,Ecological Research,Vol.31,No.5, pp.607-608,2016年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 水辺の樹木誌,崎尾 均,東京大学出版会,2017年07月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • Biodiversity and vegetation patterns, processes, conservation,Hitoshi Sakio, Kanako Nikkuni ,Kwongan Foundation,2014年09月,英語

    その他,分担執筆

  • 生物学大辞典,石川統他,東京化学同人,2010年12月,日本語

    事典・辞書,共著

  • 高山植物学,増沢武弘他,共立出版,2009年07月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 日本樹木誌,崎尾均他,日本林業調査会,2009年07月,日本語

    単行本(学術書),共編者

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本海に浮かぶ佐渡島の演習林,崎尾均,日本緑化センター,GREEN AGE,Vol.461, pp.40-42,2012年05月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • モニタリングサイト1000森林・草原調査コアサイト・準コアサイトの毎木調査データの概要,54 石原正恵・石田健・井田秀行・伊東明・榎木勉・大久保達弘・金子隆之・金子信博・倉本惠生・酒井武・齋藤哲・崎尾均・嵜元道徳・芝野博文・杉田久志・鈴木三男・高木正博・高嶋淳史・武生雅明・田代直明・田中信行・徳地直子・並川寛司・新山馨・西村尚之・野口麻穂子・野宮治人・日浦勉・藤原章雄・星野大介・本間航介・蒔田明史・正木隆・吉岡崇仁・吉田俊也,日本生態学会,日本生態学会誌,Vol.60, pp.111-123,2010年03月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 巻頭言「水辺林の復権」,崎尾均,森林総合研究所,季刊森林総研,Vol.8, p.1,2010年02月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • わたしの名水カタログ、「山と渓谷」,崎尾均,山と渓谷社,山と渓谷,Vol.889, p.60,2009年05月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 渓畔林の再生・復元を目指して,50 崎尾均,国立公園協会,国立公園,Vol.672, pp.17-20,2009年04月,日本語

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 森林生態学、シリーズ現代の生態学8,2012年02月

    書評

  • 森の生態史、北上山地の景観とその成り立ち,2005年12月

    書評

  • Ecological Studies 158 「Diversity and Interaction in a Temperate Forest Community – Ogawa Forest Reserve of Japan ―」,2003年08月

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 植生学会賞,2015年10月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,植生学会,崎尾 均

  • 第62回生態学会大会最優秀ポスター賞,2015年03月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本生態学会,宮島伸子,,川西基博,崎尾均

  • 2013 Journal of Plant Research Best Paper Award,2013年09月,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,Journal of Plant Research,Hitoshi Sakio, Takehiro Masuzawa

  • 第16回尾瀬賞,2013年06月,日本国,出版社・新聞社・財団等の賞,尾瀬財団,崎尾 均

  • 第58回日本生態学会大会優秀ポスター賞,2011年03月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本生態学会,大野 葵,崎尾 均

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,隠岐諸島に生育する氷河期遺存樹種の更新戦略と遺伝的多様性

  • 基盤研究(A),2013年04月 ~ 2017年03月,渓畔林ネットワーク整備を基軸とした集水域森林管理手法の開発

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2017年03月,雌雄異株樹木シオジの開花・結実は雌雄個体間で同調するか?

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,ミシシッピ湿地林のハリケーン後遺症と回復に関する時空間的、生態学的、生理学的研究

    ハリケーン・カトリーナがミシシッピ氾濫原の湿地林に残した後遺症、およびその後の変遷を、時空間的、生態学的、および生理学的に解析するものであり、1)衰退湿地林の成長回復、2)衰退湿地林の更新、3)分布域を拡大する侵入樹種、の3点の焦点をあてて研究を展開する。

  • 基盤研究(B),2008年04月 ~ 2011年03月,持続的森林管理のための渓畔林再生手法の開発

    本課題では、研究期間内に以下の3点を明らかにする。
    (1)流域の特性に応じた保全・再生対象域の選定手法(Where)
     生物多様性保全および河川への物質・エネルギー流入の制御の視点から、自然林を再生すべき渓畔域の優先度を判断し再生候補地を選定する手法を開発する。
    (2)流域・地形特性・林分状況ごとの適切な再生方法(How)
     様々な試験林分の相互比較を通して、個々の対象林分の特性に応じた適切な再生方法を開発する。
    (3)更新完了基準
     順応的管理を行っていく上必要となる手法の事後評価のために、地域性や流域特性を考慮した「更新完了基準」を提示する。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「自然首都・只見」学術調査研究助成金,2018年04月 ~ 2019年03月,伊南川の河川撹乱がハリエンジュとヤナギ類の分布に及ぼす影響

    福島県只見町

  • 試験研究費助成金,2017年04月 ~ 2018年03月,気候変動が樹木の開花結実に及ぼす影響

    佐々木環境技術振興財団

  • 河川整備基金,2015年04月 ~ 2017年03月,福島県伊南川流域におけるハリエンジュの分布拡大

    河川財団

  • 河川整備基金,2014年04月 ~ 2015年03月,平成23年7月新潟・福島豪雨の大規模洪水後のヤナギ林の更新と河川管理のあり方

    河川財団

  • 河川整備基金,2013年04月 ~ 2014年03月,新潟・福島豪雨が只見川流域のヤナギを優占種とする河畔林に与えた影響

    河川整備財団

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • エコアイランド佐渡島における生物多様性を生かした森林エコツアーの為の森林生態系調査及び活用方法の検討,2010年10月 ~ 2011年09月,三井物産,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 富士山南東斜面宝永火口付近における森林限界の動態,2008年04月 ~ 継続中,静岡大学,国内共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • なし,自然環境研究センター,2018年07月

  • なし,自然環境研究センター,2017年07月

  • なし,自然環境研究センター,2016年07月

  • なし,自然環境研究センター,2015年07月

  • なし,自然環境研究センター,2014年07月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 4th Asian Conference on Modern Agriculture and Rural Economic Development,Kanako NIKKUNI, Kousuke HOMMA, Hitoshi SAKIO,国際会議,2012年07月,Environmental heterogeneity of riparian forest formed by huge flooding of Ina River,ポスター(一般)

  • The 4th Asian Conference on Modern Agriculture and Rural Economic Development,Satoko TOTSUKA, Kousuke HOMMA, Hitoshi SAKIO,国際会議,2012年07月,Sexual differences in reproductive and vegetative characteristics of a dioecious shrub, Helwingia japonica,ポスター(一般)

  • The 4th Asian Conference on Modern Agriculture and Rural Economic Development,Hitoshi SAKIO,国際会議,2012年07月,Why did the black locust expand broadly at the river basin in Japan?,口頭(一般)

  • The 5th EAFES International Congress, Seta (P3-065A) ,Hitoshi Sakio, Masako Kubo,国際会議,2012年03月,Flowering and seed production of Cercidiphyllum japonicum for 8 years ,ポスター(一般)

  • The 5th EAFES International Congress, Seta (P2-050A) ,Yousuke Nakano, Kousuke Homma, Hitoshi Sakio,国際会議,2012年03月,Ecological significance of sprouting traits of Pterocarya rhoifolia in heavy snow region ,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,樹木生態学特論,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

  • 2018年度,基礎農林学実習A,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

  • 2018年度,基礎農林学実習,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

  • 2018年度,育林系演習及び実習,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,森林環境FC実習,2017年08月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 植生学会,副会長,2017年05月 ~ 継続中

  • 植生学会,運営委員,2015年04月 ~ 継続中

  • 日本生態学会,日本生態学会誌編集委員,2011年01月 ~ 2012年12月

  • 日本森林学会,日本森林学会誌編集委員,2010年04月 ~ 2012年03月

  • 樹木医学会,樹木医学研究編集委員会常任委員,2008年04月 ~ 継続中

全件表示 >>