基本情報

写真a

森山 雅人

MORIYAMA Masato


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/onc/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学研究科

    博士課程,2009年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,血液内科学,新潟大学,論文,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 医師キャリア支援センター,特任助教,2008年11月 ~ 2013年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御,助教,2013年04月 ~ 2015年08月

  • 新潟大学 医学部 医学科,助教,2013年04月 ~ 2015年08月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御,准教授,2015年09月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,准教授,2015年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本血液学会,1991年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,1991年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内科学会,1994年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本がん治療認定医機構,2011年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血栓止血学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍内科

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ヘパリン親和性を獲得した新規エリスロポエチンの生物学的特性と臨床応用のための検討,2013年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Late Onset Post-Transfusion Hepatitis E Developing during Chemotherapy for Acute Promyelocytic Leukemia,Fuse K, Matsuyama Y, Moriyama M, Miyakoshi S, Shibasaki Y, Takizawa J, Furukawa T, Fuse I, Matsumura H, Uchida S, Takahashi Y, Kamimura K, Abe H, Suda T, Aoyagi Y, Sone H, Masuko M.,Intern Med.,2015年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Manifestations of fulminant CD8 T-cell post-transplant lymphoproliferative disorder following the administration of rituximab for lymphadenopathy with a high level of Epstein-Barr Virus (EBV) replication after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation,Tanaka T, Takizawa J, Miyakoshi S, Kozakai T, Fuse K, Shibasaki Y, Moriyama M, Ohshima K, Toba K, Furukawa T, Sone H, Masuko M.,Intern Med.,2014年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Differentiation of mouse induced pluripotent stem cells into alveolar epithelial cells in vitro for use in vivo,Zhou Q, Ye X, Sun R, Matsumoto Y, Moriyama M, Asano Y, Ajioka Y, Saijo Y.,Stem Cells Transl Med.,2014年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A case of severe thrombocytopenia associated with acute HIV-1 infection,Aoki A, Moro H, Watanabe T, Asakawa K, Miura S, Moriyama M, Tanabe Y, Kagamu H, Narita I.,Int J STD AIDS.,2014年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Successful treatment of severe newly diagnosed immune thrombocytopenia involving an alveolar hemorrhage with combination therapy consisting of romiplostim, rituximab and vincristine,Okazuka K, Masuko M, Matsuo Y, Miyakoshi S, Tanaka T, Kozakai T, Kobayashi H, Fuse K, Shibasaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Fuse I, Toba K, Furukawa T.,Intern Med.,2013年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebrand因子(VWF)関連検査の有用性の検討,森山雅人,新潟県医師会,2014年11月,日本語

    その他,単著

  • 肺がんに対する抗体療法,森山雅人、西條康夫,最新医学社,2014年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • Heparin-Binding Erythropoietin. Frontiers in Drug Discovery,Ken Toba and Masato Moriyama,Erythropoietic Stimulating Agents,2013年10月,英語

    その他,共著

  • 高齢者のde novo 急性白血病の治療,森山雅人,科学評論社,2011年06月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • 大学病院連携型高度医療人養成推進事業「NAR大学・地域-連携『+α専門医』の養成」プログラム,藤澤純一,森山雅人,井口清太郎,鈴木栄一,長谷川隆志,新潟医学会,2010年10月,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,ヘパリン親和性エリスロポエチンの組織保護・再生効果の検討

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,ヘパリン親和性を獲得した新規エリスロポエチンの生物学的特性と臨床応用のための検討

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新潟県医師会 学術研究助成金,2014年09月 ~ 2015年08月,血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebrand因子(VWF)関連検査の有用性の検討

    民間財団等

  • 科学研究費補助金応募支援プログラム,2011年04月 ~ 2012年03月,ヘパリン親和性エリスロポエチン発現系の確立と生物学的特性の検討

    新潟大学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,血液系,2011年10月 ~ 継続中,専任