基本情報

写真a

藤間 真紀

TOUMA Maki


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

助教

特記事項

TOMA Maki, TOHMA Makiの表記も有り

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,細胞生物学,新潟大学,課程,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,助教,2009年01月 ~ 2013年02月

  • 新潟大学 理学部 生物学科 生体制御学,助教,2013年03月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2013年03月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,助教,2013年03月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,助教,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Impaired B cell development and function in the absence of IkappaBNS.,Touma M, Keskin DB, Shiroki F, Saito I, Koyasu S, Reinherz EL, Clayton LK.,The Journal of Immunology,Vol.187,No.8, pp.3942-3952,2011年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effect of vegf gene knock down on growth of murine sarcoma cell line MS-K,Xiu Ying Zhong, Asami Yoshioka, Yuka Mashio, Toru Ikeda, Huijie Jiang, Maki Touma, Qiong Wu , ChangLiu Wang and Kenkichi Sugimoto,Genes to Cells,Vol.16,No.6, pp.625-638,2011年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Induction of anti-tumor cytotoxic T cell responses through PLGA-nanoparticle mediated antigen delivery.,Zhang Z, Tongchusak S, Mizukami Y, Kang YJ, Ioji T, Touma M, Reinhold B, Keskin DB, Reinherz EL, Sasada T,Biomaterials,Vol.32,No.14, pp.3666-3678,2011年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Distinctive CD3 heterodimeric ectodomain topologies maximize antigen-triggered activation of alpha beta T cell receptors.,Kim ST, Touma M, Takeuchi K, Sun ZY, Dave VP, Kappes DJ, Wagner G, Reinherz EL.,The Journal of Immunology,Vol.185,No.5, pp.2951-2959,2010年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The alphabeta T cell receptor is an anisotropic mechanosensor.,Kim ST, Takeuchi K, Sun ZY, Touma M, Castro CE, Fahmy A, Lang MJ, Wagner G, Reinherz EL.,The Journal of Biological Chemistry,Vol.284,No.45, pp.31028-31037,2009年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 免疫隔離膜を利用した膵島細胞移植,藤間真紀、井上一知,医歯薬出版,医学のあゆみ,Vol.196,No.13, pp.929-933,3001年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 「移植・再生医療の実際と展望」-臓器移植vs細胞移植- 移植再生医療の最先端 膵再生 ,藤間真紀、井上一知,永井書店,総合臨床,Vol.50,No.1, pp.99-103,2001年01月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),膵再生,共著

  • 臓器の新生・再生と胚性幹細胞-膵島の再生,長田奈津紀、藤間真紀、井上一知,メディカルレヴュー社,血液・免疫・腫瘍,Vol.5,No.4, pp.357-361,2000年10月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),膵島の再生,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,液性免疫系における核内IkB分子IkBNSの役割の解明

    Bリンパ球の分化や機能発現,およびBリンパ球を主体とした免疫応答において,IkBNS分子がどのような役割を担っているのかを解明する。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 上原記念生命科学財団 研究奨励金,公益財団法人 上原記念生命科学財団,2010年02月

  • 林女性自然科学者研究助成,公益信託林女性自然科学者研究助成基金,2009年09月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第14回国際免疫学会議,M. Touma. D.B. Keskin, E.L. Reinherz, L. K. Clayton,国際会議,2010年08月,神戸ポートピアホテル、神戸国際展示場,A key role for IkappaBNS in control of B cell development and function,口頭(一般)

  • 第14回国際免疫学会議,Y. Kushida, M. Touma, M. Hosono,国際会議,2010年08月,神戸ポートピアホテル、神戸国際展示場,Age-related increase of a functional ratio of GC/DHEA mediated by peripheral T cells as a mechanism of the thymic involution with age.,ポスター(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,自然科学基礎実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,生物学実験 I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,生物学実験 I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,分子生物学演習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,課題研究I(生物学),2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>