基本情報

写真a

岩本 啓

IWAMOTO Hajime


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

准教授

ホームページ

http://chem.sc.niigata-u.ac.jp/~iwamoto/Iwamotos_Lab/Welcome.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  工学部  化学工学科

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  理工学研究科  化学工学専攻

    博士課程,1998年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),有機化学,東京工業大学,課程,1998年03月

  • 修士(工学),有機化学,東京工業大学,課程,1995年03月

  • 工学士,有機化学,東京工業大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,准教授,2009年02月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 化学科,准教授,2009年02月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 広島大学大学院理学研究科,助教,1998年04月 ~ 2009年01月

  • ドイツ連邦共和国 ボン大学,文部科学省在外研究員長期(若手) ,2003年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会,1993年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,1994年01月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ化学会,1999年01月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • 有機化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • カテナン、ロタキサンを用いた分子機械、デバイス構築に関する研究,2002年04月 ~ 継続中

    カテナン、ロタキサン、分子機械,有機化学,個人研究,(選択しない)

  • 新規機能性有機分子の合成研究,1998年04月 ~ 継続中

    機能性有機分子,有機化学,個人研究,(選択しない)

  • 分子力学計算を反応立体選択性予測に用いる、生理活性物質の合成に関する研究,1992年04月 ~ 1998年03月

    生理活性物質の合成、分子力学計算,有機化学,未設定,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • Selective Synthesis of 2 - and 3 Catenane Tuned by Ring Size and Concentration,H. Iwamoto, W. Takizawa, K. Itoh, T. Hagiwara, E. Tayama, E. Hasegawa, T. Haino,Journal of Organic Chemistry,Vol.78,No.11, pp.5205-5217,2013年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Highly shape-selective guest encapsulation in the precisely defined cavity of a calix[4]arene-capped metalloporphyrin,H. Iwamoto, S. Nishi, T. Haino,Chemical Communications,Vol.47,No.47, pp.12670-12672,2011年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Highly efficient synthesis of 3 rotaxane assisted by preorganisation of pseudorotaxane using bis(crown ether)s.,H. Iwamoto, Y. Yawata, Y. Fukazawa, T. Haino,Supramolecular Chemistry,Vol.22,No.11-12, pp.815-826,2010年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Tether-assisted Synthesis of [3]Rotaxane by Olefin,Hajime Iwamoto, Yukimi Yawata, Yoshimasa Fukazawa, Takeharu Haino,Chemistry Letters,Vol.39, pp.24-25,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Noncovalent Isotope Effect for Guest Encapsulation in Self-Assembled Molecular Capsule. ,Takefaru Haino, Katsunori Fukuta, Hajime Iwamoto, Suehiro Iwata,Chemistry, A European Journal,Vol.15,No.48, pp.13286-13290,2009年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Science, Houben-Weyl Methods of Molecular Transformations,Takeharu Haino, Hajime Iwamoto,Thieme,2009年12月,英語

    事典・辞書,45.27 Product Class Calixarenes,共著

  • 次世代共役ポリマーの超階層制御と革新機能,灰野岳晴,岩本啓,シーエムシー出版,2009年01月,日本語

    事典・辞書,超分子化学を基盤とするフラーレンポリマーの合成と機能制御,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Conformational analysis of flexible compounds with chemical shift simulation,H. Iwamoto and Y. Fukazawa,Synthetic Organic Chemistry Japan,有機合成化学協会誌,Vol.63,No.11, pp.1080-1089,2005年11月,英語

    総説・解説(その他),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,超微細構造認識能を発現する人工レセプターを利用した分子間相互作用評価法の確立

    カリックス[4]アレーンでカップしたポルフィリン人工レセプターを利用した包接挙動の解明

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,[3]カテナンに固有の運動性により制御されるクロミック分子の創製

    [3]カテナンを基盤とするクロミック分子の創製

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,自己複製機能を持つインテリジェントロタキサン分子の創製

    自己複製機能を持つインテリジェントロタキサン分子の創製

  • 若手研究(B),2004年04月 ~ 2006年03月,ロタキサンの運動性により、平面π電子化合物包接能を制御するクレフト分子の創製

    ロタキサンの運動性により、平面π電子化合物包接能を制御するクレフト分子の創製

  • 奨励研究(A),2000年04月 ~ 2002年03月,固相合成法による、ダイオキシン類レセプターライブラリーの構築

    固相合成法による、ダイオキシン類レセプターライブラリーの構築

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人 ユニオンツール育英奨学会 研究助成,公益財団法人 ユニオンツール育英奨学会,2014年04月

  • 公益財団法人 内田エネルギー科学振興財団 試験研究費助成,公益財団法人 内田エネルギー科学振興財団,2014年04月

  • 研究助成 財団法人 内田エネルギー科学振興財団 試験研究費助成,財団法人 内田エネルギー科学振興財団,2012年04月

  • 研究助成 財団法人 日本化学研究会 化学研究連絡助成金,財団法人 日本化学研究会,2011年08月

  • 研究助成 財団法人 住友財団 基礎科学研究助成,財団法人 住友財団,2010年04月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,佐藤優香, 岩本啓,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,キラルジアミン検出機能を有する[3]ロタキサンの合成と会合挙動の分光学的解析,ポスター(一般)

  • 第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,駒形大樹, 岩本啓,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,両端に異なるストッパーを有する非対称[2]ロタキサンの合成とシャトリング挙動,ポスター(一般)

  • 第7回有機π電子系シンポジウム,安部宙明, 萩原達也, 岩本啓,国内会議,2013年12月,[2]カテナンにおける環状アンモニウム分子の環サイズがクラウンエーテルの回転運動におよぼす影響,ポスター(一般)

  • 第7回有機π電子系シンポジウム,駒形大樹, 岩本啓,国内会議,2013年12月,[2]ロタキサンのクラウンエーテル−アンモニウムカチオン相互作用におよぼすストッパーの影響,ポスター(一般)

  • 第7回有機π電子系シンポジウム,片桐航, 岩本啓,国内会議,2013年12月,オレフィンメタセシス反応を用いた[2]カテナンから直鎖状[5]カテナンの合成,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,有機化学Ⅳ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,理学スタディ・スキルズ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,課題研究,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,有機化学演習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,構造有機化学特論,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,生体機能関連化学部会若手の会幹事,2007年04月 ~ 2009年03月