基本情報

写真a

加来 賢

KAKU Masaru


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学部  歯学科

    大学,2000年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京医科歯科大学  歯学研究科

    博士課程,2004年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士(歯学),補綴・理工系歯学,東京医科歯科大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 歯の診療科,助教,2009年04月 ~ 2010年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 歯の診療科,講師,2010年12月 ~ 2012年08月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学,准教授,2012年09月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,准教授,2012年09月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • University of North Carolina at Chapel Hill Dental Research Center,研究員,2004年06月 ~ 2009年03月

  • University of Texas McGovern Medical School at Houston Department of Pediatrics,准教授,2017年05月 ~ 2018年07月

  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科,非常勤講師,2004年04月 ~ 2008年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本補綴歯科学会,2001年01月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究会,2001年01月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 補綴・理工系歯学

  • 形態系基礎歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • IFT20 is required for the maintenance of cartilaginous matrix in condylar cartilage.,Kitami M, Yamaguchi H, Ebina M, Kaku M, Chen D, Komatsu Y,Biochemical and biophysical research communications,Vol.509,No.1, pp.222-226,2019年01月,英語

    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.12.107,研究論文(学術雑誌),共著

  • A multi-factorial analysis of bone morphology and fracture strength of rat femur in response to ovariectomy.,Rosales Rocabado JM, Kaku M, Nozaki K, Ida T, Kitami M, Aoyagi Y, Uoshima K,Journal of orthopaedic surgery and research,Vol.13,No.1, p.318,2018年12月,英語

    DOI:10.1186/s13018-018-1018-4,研究論文(学術雑誌),共著

  • VWC2 Increases Bone Formation Through Inhibiting Activin Signaling.,Almehmadi A, Ohyama Y, Kaku M, Alamoudi A, Husein D, Katafuchi M, Mishina Y, Mochida Y,Calcified tissue international,2018年08月,英語

    DOI:10.1007/s00223-018-0462-9,研究論文(学術雑誌),共著

  • BRCA1 and BRCA2 tumor suppressors in neural crest cells are essential for craniofacial bone development.,Kitami K, Kitami M, Kaku M, Wang B, Komatsu Y,PLoS genetics,Vol.14,No.5, p.e1007340,2018年05月,英語

    DOI:10.1371/journal.pgen.1007340,研究論文(学術雑誌),共著

  • Extracellular matrix with defective collagen cross-linking affects the differentiation of bone cells.,Ida T, Kaku M, Kitami M, Terajima M, Rosales Rocabado JM, Akiba Y, Nagasawa M, Yamauchi M, Uoshima K,PloS one,Vol.13,No.9, p.e0204306,2018年,英語

    DOI:10.1371/journal.pone.0204306,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 課題口演優秀賞,2014年05月24日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本補綴歯科学会,加来 賢

  • Best Oral Presentation Award,2013年04月13日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KAP,Masaru KAKU

  • デンツプライ賞,2002年10月11日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本補綴歯科学会,加来 賢

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2017年,幹細胞の分化制御を指向した高架橋コラーゲン・スキャフォールドの開発

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2016年,歯根膜の血行性幹細胞供給とその分化過程を追跡するイメージングシステムの開発

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2015年,機能性食品による骨強化作用の生物学的検討~骨粗鬆症患者へのインプラント治療~

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2013年,機械的刺激によるコラーゲン翻訳後修飾を介した歯根膜安定化機構

  • 若手研究(B),2010年 ~ 2011年,ヒト歯根膜由来・神経堤幹細胞によるセメント質/歯根膜複合体再生法の開発

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,歯の形態学,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2018年度,固定性補綴治療学ⅠA,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,歯冠修復学,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,歯の形態と機能,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,歯冠修復学,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>