基本情報

写真a

春日 健作

KASUGA Kensaku


職名

助教

生年

1974年

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部  医学科

    大学,2000年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医歯学総合研究科  分子細胞医学

    博士課程,2009年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,神経内科学,新潟大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,特任助教,2009年04月 ~ 2009年09月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,特任助教,2012年10月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 研究推進機構 超域学術院,助教,2014年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 脳研究所 生命科学リソース研究センター,特任助教,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 新潟大学 脳研究所 生命科学リソース研究センター,助教,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,2000年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経学会,2002年08月 ~ 継続中,日本国

  • 日本認知症学会,2006年07月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ApoE-isoform-dependent cellular uptake of amyloid-beta is mediated by lipoprotein receptor LR11/SorLA,Yajima R, Tokutake T, Koyama A, Kasuga K, Tezuka T, Nishizawa M, Ikeuchi T,Biochem Biophys Res Commun,Vol.456, pp.482-488,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Multifocal hits for propagation of prion protein in sporadic Creutzfeldt-Jakob disease,Kasuga K, Takeuchi R, Takahashi T, Matsubara N, Koike R, Yokoseki A, Nishizawa M,Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm,Vol.2, p.e53,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Systematic review and meta-analysis of Japanese familial Alzheimer's disease and FTDP-17,Kasuga K, Kikuchi M, Tokutake T, Nakaya A, Tezuka T, Tsukie T, Hara N, Miyashita A, Kuwano R, Ikeuchi T,J Hum Genet,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A Japanese family with idiopathic basal ganglia calcification with novel SLC20A2 mutation presenting with late-onset hallucination and delusion,Kasuga K, Konno T, Saito K, Ishihara A, Nishizawa M, Ikeuchi T,J Neurol,Vol.261, pp.242-244,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • alpha-Synuclein as CSF and Blood Biomarker of Dementia with Lewy Bodies,Kasuga K, Nishizawa M, Ikeuchi T,Int J Alzheimers Dis, p.437025,2012年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,神経細胞の過活動がネットワーク内のタウ蛋白リン酸化に及ぼす影響