基本情報

写真a

外山 英和

SOTOYAMA Hidekazu


職名

特任助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (工学),生物機能・バイオプロセス,東京農工大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所 基礎神経科学部門,助教,2009年08月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 超域研究機構,特任助教,2010年04月

  • 新潟大学 脳研究所,特任助教,2013年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Striatal hypodopamine phenotypes found in transgenic mice that overexpress glial cell line-derived neurotrophic factor,Hidekazu Sotoyama, Yuriko Iwakura, Kanako Oda, Toshikuni Sasaoka, Nobuyuki Takei, Akiyoshi Kakita, Hideki Enomoto, Hiroyuki Nawa,Neuroscience Letters,Vol.654, pp.99-106,2017年06月,英語

    DOI:10.1016/j.neulet.2017.06.005,研究論文(学術雑誌),共著

  • Epidermal Growth Factor Signals Attenuate Phenotypic and Functional Development of Neocortical GABA Neurons,Namba H, Nagano T, Jodo E, Eifuku S, Horie M, Takebayashi H, Iwakura Y, Sotoyama H, Takei N, Nawa H,Journal of Neurochemistry,2017年06月,英語

    DOI:10.1111/jnc.14097,研究論文(学術雑誌),共著

  • Advanced glycation end products induce brain-derived neurotrophic factor release from human platelets through the Src-family kinase activation.,Furukawa K, Fuse I, Iwakura Y, Sotoyama H, Hanyu O, Nawa H, Sone H, Takei N.,Cardiovasc Diabetol,Vol.16,No.1, p.20,2017年02月,英語

    DOI:10.1186/s12933-017-0505-y,研究論文(学術雑誌),共著

  • ErbB Inhibitors Ameliorate Behavioral Impairments of An Animal Model for Schizophrenia; Implication of Their Dopamine-Modulatory Actions,M Mizuno, H Sotoyama, H Namba, M Shibuya, T Eda, R Wang, T Okubo, K Nagata, Y Iwakura, H Nawa ,Translational Psychiatry ,Vol.3, p.e252,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Exposure to the cytokine EGF leads to abnormal hyperactivity of pallidal GABA neurons: implications for schizophrenia and its modeling,Hidekazu Sotoyama, Hasaaki Namba, Satomi Chiken, Atsushi Nambu, HIroyuki Nawa ,Journal of Neurochemistry,Vol.126,No.4, pp.518-528,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Neuropathologic Implication of Peripheral Neuregulin-1 and EGF Signals in Dopaminergic Dysfunction and Behavioral Deficits Relevant to Schizophrenia: Their Target Cells and Time Window,Hiroyuki Nawa, Hidekazu Sotoyama, Yuriko Iwakura, Nobuyuki Takei, and Hisaaki Namba,BioMed Research International,Vol.ID 697935,2014年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 統合失調症におけるサイトカイン,那波宏之, 永野忠聖, 加藤泰介, 外山英和,分子精神医学,Vol.12,No.1, pp.2-8,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 末梢性サイトカインに対するドパミン神経回路発達の脆弱性と統合失調症,外山英和, 那波宏之,日本神経精神薬理学雑,Vol.31, pp.209-215,2011年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,ストレス感受性・抵抗性におけるモノアミン神経相互作用とその機能的意義

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,中脳ドパミン神経の活動様式と精神疾患関連社会性行動障害との関係

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Dopamine 2016,Hidekazu Sotoyama, Hisaaki Namba, Hiroyuki Nawa,国際会議,2016年09月,Viena, Austria,Abnormal firing activity of midbrain dopaminergic neurons of a schizophrenia animal model established by perinatal EGF treatment: implication for their social interaction,ポスター(一般)