基本情報

写真a

西森 健太郎

NISHIMORI Kentaro


学系

自然科学系

系列

電気情報工学系列

職名

准教授

ホームページ

http://www9.plala.or.jp/sgwr-t/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),通信・ネットワーク工学,名古屋工業大学,論文,2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 情報工学科 コンピュータサイエンス,准教授,2009年10月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analog decoding method for simplified short-range MIMO transmission,R. Kataoka, K. Nishimori, T. Hiraguri, N. Honma, K. Hiraga, T. Seki, and H. Makino,IEICE Transaction Communication,2014年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A study of short-range MIMO transmission utilizing polarization multiplexing for the simplification of decoding,K. Hiraga, K. Sakamoto, K. Nishimori, T. Seki, T. Nakagawa, and K. Uehara,IEICE Transaction Communication,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Experimental evaluation on MIMO sensor employing eigenvector diversity,K. Ushiki, K. Nishimori, N. Honma and H. Makino,IEICE Communications Express,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Compact Antenna Arrangement for MIMO Sensor in Indoor Environment,N. Honma, K. Nishimori, H. Sato and Y. Tsunekawa,IEICE Transaction Communication,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Intruder Detection Performance of SIMO and MIMO Sensors with Same Number of Channel Responses,K. Ushiki, K. Nishimori, N. Honma and H. Makino,IEICE Transaction Communication,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 論文賞,2011年05月28日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,電子情報通信学会,工藤理一,鷹取泰司,西森健太郎,太田厚,溝口匡人

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,端末の信号処理負荷をフリーにする多素子基地局アレー構成法の研究

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,マルチセル環境における空間リソース制御法に関する研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,情報工学基礎実習I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,ディジタル回路I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,ディジタル回路演習I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学総論Ⅲ,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2017年度,計算機アーキテクチャ特論,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>