基本情報

写真a

金澤 雅人

KANAZAWA Masato


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-0666

研究室FAX

025-223-6646

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学,神経内科学,新潟大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,特任助教,2009年10月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,特任助教,2012年06月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,助教,2013年11月 ~ 2018年03月

  • 新潟大学 脳研究所 臨床神経科学部門 神経内科学,講師,2018年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Predictors of cognitive impairment in multiple system atrophy.,Hatakeyama Masahiro, Sato Tomoe, Takahashi Tetsuya, Kanazawa Masato, Onodera Osamu, Nishizawa Masatoyo, Shimohata Takayoshi,J Neurol Sci,Vol.388, pp.128-132,2018年05月,英語

    DOI:10.1016/j.jns.2018.03.017,研究論文(学術雑誌),共著

  • Apparent diffusion coefficient reduction might be a predictor of poor outcome in patients with posterior reversible encephalopathy syndrome,Itaru Ninomiya, Masato Kanazawa, Yasuhisa Akaiwa, Takayoshi Shimohata, Kouichirou Okamoto, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa,Journal of the Neurological Sciences,Vol.381, pp.1-4,2017年10月,英語

    DOI:10.1016/j.jns.2017.08.002,研究論文(学術雑誌),共著

  • Microglia and Monocytes/Macrophages Polarization Reveal Novel Therapeutic Mechanism against Stroke.,Kanazawa Masato, Ninomiya Itaru, Hatakeyama Masahiro, Takahashi Tetsuya, Shimohata Takayoshi,Int J Mol Sci,Vol.18,No.10,2017年10月,英語

    DOI:10.3390/ijms18102135,研究論文(学術雑誌),共著

  • Microglia preconditioned by oxygen-glucose deprivation promote functional recovery in ischemic rats.,Kanazawa Masato, Miura Minami, Toriyabe Masafumi, Koyama Misaki, Hatakeyama Masahiro, Ishikawa Masanori, Nakajima Takashi, Onodera Osamu, Takahashi Tetsuya, Nishizawa Masatoyo, Shimohata Takayoshi,Sci Rep,Vol.7, p.42582,2017年02月,英語

    DOI:10.1038/srep42582,研究論文(学術雑誌),共著

  • beta1-integrin-matrix interactions modulate cerebral microvessel endothelial cell tight junction expression and permeability.,Izawa Yoshikane, Gu Yu-Huan, Osada Takashi, Kanazawa Masato, Hawkins Brian T, Koziol James A, Papayannopoulou Thalia, Spatz Maria, Del Zoppo Gregory J,J Cereb Blood Flow Metab, p.271678X17722108,2017年01月,英語

    DOI:10.1177/0271678X17722108,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>