基本情報

写真a

江尻 信司

EJIRI Shinji


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

准教授

研究室電話

025-262-6130

研究室FAX

025-263-3961

ホームページ

http://muse.sc.niigata-u.ac.jp/~ejiri/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  理学部  物理学科

    大学,1991年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  理学研究科  物理学専攻

    修士課程,1993年03月,修了,日本国

  • 金沢大学  自然科学研究科

    博士課程,1996年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理,金沢大学,課程,1996年03月

  • 理学修士,素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理,金沢大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 企画戦略本部 若手研究者育成推進室,准教授,2010年01月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 理学部 物理学科 粒子科学,准教授,2014年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 理学部 理学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • Brookhaven 国立研究所 Physics Department,Associate Physicist,2008年10月 ~ 2010年01月

  • Brookhaven 国立研究所 Physics Department,Assistant Physicist,2006年10月 ~ 2008年09月

  • 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻,助手,2005年02月 ~ 2006年10月

  • Bielefeld大学 物理学科,研究員,2003年04月 ~ 2005年01月

  • ウェールズ大学 Swansea校 物理学科,研究員,2001年04月 ~ 2003年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1993年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Energy-momentum tensor correlation function in Nf = 2 + 1 full QCD at finite temperature,Yusuke Taniguchi, Shinji Ejiri, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Asobu Suzuki, Hiroshi Suzuki, and Takash Umeda,EPJ Web of Conferences,Vol.175,No.Lattice 2017, p.07013,2018年03月,英語

    DOI:10.1051/epjconf/201817507013,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Equation of state in (2+1)-flavor QCD at physical point with improved Wilson fermion action using gradient flow,Kazuyuki Kanaya, Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Masakiyo Kitazawa, Hiroshi Suzuki, Yusuke Taniguchi and Takash Umeda (WHOT-QCD Collaboration),EPJ Web of Conferences,Vol.175,No.Lattice 2017, p.07023,2018年03月,英語

    DOI:10.1051/epjconf/201817507023,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Exploring Nf=2+1 QCD thermodynamics from the gradient flow,Yusuke Taniguchi, Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Hiroshi Suzuki, Takashi Umeda, Naoki Wakabayashi (WHOT-QCD Collaboration),Physical Review D,Vol.96,No.1, p.014509,2017年07月,英語

    DOI:10.1103/PhysRevD.96.014509,研究論文(学術雑誌),共著

  • Determination of latent heat at the finite temperature phase transition of SU(3) gauge theory,Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Mizuki Shirogane, Naoki Wakabayashi, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Hiroshi Suzuki, Yusuke Taniguchi, Takashi Umeda,Proceedings of Science,Vol.LATTICE 2016, p.058,2017年03月,英語

    DOI:10.22323/1.256.0058,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Equation of state in (2+1)-flavor QCD with gradient flow,Kazuyuki Kanaya, Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Masakiyo Kitazawa, Hiroshi Suzuki, Yusuke Taniguchi, Takashi Umeda, Naoki Wakabayashi,Proceedings of Science,Vol.LATTICE 2016, p.063,2017年03月,英語

    DOI:10.22323/1.256.0063,研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 高温高密度での格子量子色力学,江尻信司,原子核研究編集委員会,原子核研究,Vol.51,No.Suppl. 1, pp.17-24,2007年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 格子QCDの数値シミュレーションによる高温高密度でのQCD相転移の研究,江尻信司,素粒子論グループ,素粒子論研究,Vol.112,No.3, pp.C85-C94,2005年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 有限温度・有限密度QCDの最近の発展,江尻信司,素粒子論グループ,素粒子論研究,Vol.103,No.1, pp.A41-A53,2001年04月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2008年度(第3回)中村誠太郎賞,2009年03月,日本国,出版社・新聞社・財団等の賞,素粒子奨学会,江尻信司

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 二国間交流事業、ドイツとのセミナー(DFG),2016年04月 ~ 2017年03月,格子場理論の相構造

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2018年03月,確率分布関数に着目した高温高密度格子QCDの臨界点の探索

    高温高密度でのQCDの相構造を探索するための、数値シミュレーションによる理論的研究を行う。

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,数値シミュレーションによる高温高密度QCDの相構造の研究

    数値シミュレーションによって高温高密度QCDの相構造を研究する。

  • 新学術領域研究,2011年04月 ~ 2013年03月,状態密度法による有限密度QCDの計算方法の開発

    有限密度QCDの計算を行うために、状態密度法という計算方法の開発を行う。

  • 研究活動スタート支援,2010年08月 ~ 2011年03月,高温高密度での格子量子色力学の数値的研究

    高温高密度での格子量子色力学の数値的研究を行った。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 内田エネルギー科学振興財団、助成事業,2018年07月 ~ 2019年03月,計算機シミュレーションによる超高温・高密度状態での強い相互作用の性質

    民間財団等

  • 住友財団基礎科学研究助成,2005年11月 ~ 2006年11月,数値シミュレーションによる高温高密度状態での量子色力学の研究

    数値シミュレーションによって高温高密度状態での量子色力学を研究した。

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Long-term Workshop on New Frontiers in QCD 2018 (NFQCD2018),Shinji Ejiri,国際会議,2018年05月 ~ 2018年06月,Kyoto University, Kyoto, Japan,Thermodynamics near the first order phase transition point of SU(3) gauge theory,口頭(一般)

  • Reimei Workshop "Hadronic Resonances and Dense Nuclear Matter",Shinji Ejiri,国際会議,2017年12月,Ibaraki Quantum Beam Research Center, Tokai, Ibaraki, Japan,Finite Density Lattice QCD,口頭(招待・特別)

  • 研究会「J-PARCエネルギー領域重イオン衝突のダイナミクス」,江尻信司,国内会議,2017年09月,高エネルギー加速器研究機構、東海キャンパス、茨城県東海村,格子ゲージ理論による有限密度QCDの臨界点探索,口頭(招待・特別)

  • Lattice 2017, International Symposium on Lattice Field Theory,Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Yusuke Taniguchi, Hiroshi Suzuki, Mizuki Shirogane, Takashi Umeda, Naoki Wakabayashi,国際会議,2017年06月,Granada, Spain,Determination of latent heat at the finite temperature phase transition of SU(3) gauge theory,ポスター(一般)

  • Lattice 2016, International Symposium on Lattice Field Theory,Shinji Ejiri, Ryo Iwami, Kazuyuki Kanaya, Masakiyo Kitazawa, Yusuke Taniguchi, Hiroshi Suzuki, Mizuki Shirogane, Takashi Umeda, Naoki Wakabayashi,国際会議,2016年07月,University of Southampton, Southampton, UK,Determination of latent heat at the finite temperature phase transition of SU(3) gauge theory,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,物理学基礎C2,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,解析力学,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,素粒子論領域運営委員,2011年05月 ~ 2012年03月