基本情報

写真a

藤田 憲

FUJITA Ken


学系

人文社会・教育科学系

系列

地域社会支援系列

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  経済学部  経済学科

    大学,1996年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  経済学研究科  経済学専攻

    博士課程,2005年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),経済史,名古屋大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経済学部 経済学科 公共政策,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 共生社会研究専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 経済経営専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院経済学研究科,日本学術振興会特別研究員,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 明海大学経済学部,講師,2008年04月 ~ 2010年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学・経済史学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 社会経済史学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済史

  • 経済政策

  • 国際関係論

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 欧州統合に関する国際金融史的実証,1996年04月 ~ 継続中

    フラン圏金融史,経済史,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 戦後期ヨーロッパ経済統合とフラン圏通貨委員会 ―「フラン圏のヨーロッパ化」をめぐって,藤田憲,『アジア・アフリカ研究』,Vol.50,No.1, pp.19-38,2010年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,経済史

  • 欧州経済共同体への海外領土包摂交渉におけるフランス-ベルギーポジションの「形成」―「欧州共同市場と海外領土」に関するフランス-ベルギー実務者協議―,藤田憲,『経済科学』,Vol.52,No.3, pp.117-132,2004年12月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,経済史

  • 欧州経済共同体設立過程におけるユーラフリカ「統合」構想とフランス-ベルギー会談―本国海外領土間経済関係に関する共同研究をめぐって―,藤田憲,『アジア・アフリカ研究』,Vol.44,No.2, pp.50-79,2003年04月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,経済史

  • フランス海外領土政策と欧州経済共同体設立交渉―ユーラフリカ秩序の構築をめぐって―,藤田憲,『アジア・アフリカ研究』,Vol.41,No.4, pp.44-83,2001年10月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,経済史

著書 【 表示 / 非表示

  • 新自由主義に揺れるグローバル・サウス―いま世界をどう見るか―(藤田和子,松下冽編,共著),藤田和子,松下冽,竹内幸雄,藤田憲他,ミネルヴァ書房,2012年10月,日本語

    単行本(学術書),「第3章欧州通貨統合と旧フランス領アフリカ植民地の包摂―フランス銀行による「リスクの集中管理」政策との関連において―」,58~76頁,査読有。,共著,国際関係論,経済政策,経済史

  • 世界経済の歴史―グローバル経済史入門(金井雄一・中西聡・福澤直樹編,共著),金井雄一,中西聡,福澤直樹,藤田憲他,名古屋大学出版会,2010年06月,日本語

    単行本(学術書),「ドッブ-スウィージー論争とプロト工業化論」,74~75頁,「マックス・ウェーバーと大塚史学」,88~89頁,いずれも査読有。,共著,経済史

  • サウンドマネー―BISとIMFを築いた男,ペール・ヤコブソン(エリン・E・ヤコブソン著,吉國眞一・矢後和彦監訳,アンドリュー・クロケット序文,共訳),吉國真一,矢後和彦,石坂綾子,藤田憲他,蒼天社出版,2010年04月,日本語

    単行本(学術書),「IV 平和の陰に」における125~157頁,査読有。,共訳,経済史

  • 大塚久雄『共同体の基礎理論』を読み直す(小野塚知二・沼尻晃伸編著,共著),小野塚知二,沼尻晃伸,伊藤正直,藤田憲他,日本経済評論社,2007年04月,日本語

    単行本(学術書),「討論記録」「ピエール・ユーリと共同体論―討論を踏まえての感想―」,213~236頁,いずれも査読有。,共著,経済史

  • ヨーロッパ統合と国際関係(木畑洋一編,共著),木畑洋一,パトリック・フリダンソン,森井裕一,藤田憲他,日本経済評論社,2005年12月,日本語

    単行本(学術書),「第3章ヨーロッパ経済共同体設立交渉とピエール・ユーリ―海外領土包摂問題をめぐる仲介―」,53~82頁,査読有。,共著,国際関係論,経済史

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(スタートアップ),2008年04月 ~ 2010年03月,「フラン圏のヨーロッパ化」―ピエール・ユーリとロバート・トリフィンの連携を中心に

    1950年代EEC設立交渉過程における「フラン圏のヨーロッパ」問題をめぐるピエール・ユーリとロバート・トリフィンの連携を国際金融史的に検証した。

  • 特別研究員推奨費,2006年04月 ~ 2008年03月,戦後期欧州における経済統合政策―ピエール・ユーリとロバート・トリフィンの連携―

    戦後期欧州統合における実務家ピエール・ユーリと理論家ロバート・トリフィンの連携をフランス・フラン圏海外領土問題を軸に詳述した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,文献研究ⅠB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,演習ⅡB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,文献研究ⅡB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,演習ⅠB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,経済学特殊講義,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学・経済史学会,研究委員,2009年11月 ~ 継続中

  • 政治経済学・経済史学会,事務局委員,2006年04月 ~ 2009年10月