基本情報

写真a

日比野 浩

HIBINO Hiroshi


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

内耳聴覚生理、イオン輸送、医工連携、計算科学

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/ph2/welcome.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),耳鼻咽喉科学,大阪大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2010年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Erratum to: An approach to the research on ion and water properties in the interphase between the plasma membrane and bulk extracellular solution.,Hibino H, Takai M, Noguchi H, Sawamura S, Takahashi Y, Sakai H, Shiku H,The journal of physiological sciences : JPS,Vol.68,No.1, p.101,2018年01月,英語

    DOI:10.1007/s12576-017-0572-6,研究論文(学術雑誌),共著

  • Electrochemical measurement of lamotrigine using boron-doped diamond electrodes.,Hanawa A, Asai K, Ogata G, Hibino H, Einaga Y,Electrochimica Acta,Vol.271, pp.35-40,2018年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Time-controllable Nkcc1 knockdown replicates reversible hearing loss in postnatal mice.,Watabe T, Xu M, Watanabe M, Nabekura J, Higuchi T, Hori K, Sato MP, Nin F, Hibino H, Ogawa K, Masuda M, Tanaka KF,Scientific reports,Vol.7,No.1, p.13605,2017年10月,英語

    DOI:10.1038/s41598-017-13997-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • A microsensing system for the in vivo real-time detection of local drug kinetics. ,Ogata G, Ishii Y, Asai K, Sano Y, Nin F, Yoshida T, Higuchi T, Sawamura S, Ota T, Hori K, Maeda K, Komune S, Doi K, Takai M, Findlay I, Kusuhara H, Einaga Y, Hibino H,Nature Biomedical Engineering,Vol.1,No.8, pp.654-666,2017年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • An approach to the research on ion and water properties in the interphase between the plasma membrane and bulk extracellular solution.,Hibino H, Takai M, Noguchi H, Sawamura S, Takahashi Y, Sakai H, Shiku H,The journal of physiological sciences : JPS,Vol.67,No.4, pp.439-445,2017年07月,英語

    DOI:10.1007/s12576-017-0530-3,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • An approach to the research on ion and water properties in the interphase between the plasma membrane and bulk extracellular solution.,Hibino H, Takai M, Noguchi H, Sawamura S, Takahashi Y, Sakai H, and Shiku H,The Journal of Physiological Sciences,2017年,英語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • Fibrocytes in the cochlea of the mammalian inner ear: their molecular architecture, physiological properties, and pathological relevance., Yoshida T, Sawamura S, Ota T, Higuchi T, Ogata G, Hori K, Nakagawa T, Doi K, Sato MP, Nonomura Y, Horii A, Takahashi S, Komune S, Nin F, Hibino H,Medical Research Archives,2017年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • The unique electrical properties in an extracellular fluid of the mammalian cochlea; their functional roles, homeostatic processes, and pathological significance.,Nin F, Yoshida T, Sawamura S, Ogata G, Ota T, Higuchi T, Murakami S, Doi K, Kurachi Y, Hibino H,Pflügers Archiv European Journal of Physiology,2016年,英語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 内耳蝸牛側壁のK+輸送システムに立脚した内リンパ液高電位の成立機構.,任 書晃、吉田 崇正、村上 慎吾、倉智 嘉久、日比野 浩,Audiology Japan,2016年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 多階層イオン輸送モデルによる内耳蝸牛のイオン・電位環境の統合的理解.,任 書晃、吉田 崇正、村上 慎吾、上塚 学、緒方 元気、倉智 嘉久、日比野 浩,日本薬理学雑誌,2016年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2017年03月,内耳に発現するRhoA/ROCK pathwayの分子構造と生理機能の解析

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2016年03月,難聴の病態理解に資する内耳体液環境の総合的基礎研究

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2016年03月,内耳に発現するRhoA

  • 基盤研究(C),2015年 ~ 2017年,「内耳に発現するRhoA/ROCK pathwayの分子構造と生理機能の解析」

  • 基盤研究(C),2015年 ~ 2017年,内耳に発現するRhoA/ROCK pathwayの分子構造と生理機能の解析

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 内耳による音のナノ振動の受容・応答機構の解明と難聴治療への展開,2015年 ~ 2020年,革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST),一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 内リンパ液pH制御機構の解明と、pH制御による難聴治療を指向した検証研究,2015年04月 ~ 2018年03月,第一三共株式会社,国内共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,人体の構造と機能Ⅱ(生理学),2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2015年度,人体の構造と機能Ⅱ(生理学),2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2015年度,細胞生物学,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

  • 2014年度,人体の構造と機能Ⅱ(生理学),2014年10月 ~ 2015年02月,専任

  • 2014年度,細胞生物学,2014年04月 ~ 2014年08月,専任

全件表示 >>