基本情報

写真a

小堀 彩子

KOHORI Ayako


学系

人文社会科学系

系列

教育学系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),教育学,東京大学,課程,2014年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育学部 教育科学講座,准教授,2010年05月 ~ 継続中

  • 新潟大学 教育学研究科 学校教育専攻,准教授,2010年05月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 人間形成研究専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学大学院人文社会科学研究科,助手,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 静岡大学大学院人文社会科学研究科,助教,2007年04月 ~ 2010年04月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • バーンアウトの視点から、教師の子ども対応、保護者対応を考える,小堀 彩子,教育と医学,Vol.64,No.1, pp.18-25,2016年01月,その他外国語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 対人援助職のセルフケア--バーンアウト研究を手がかりとして,小堀 彩子,臨床心理学,Vol.15,No.6, pp.741-745,2015年11月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • スクールカウンセリングにおける認知行動療法の活用,小堀彩子,神村栄一,精神療法,Vol.41,No.2, pp.66-71,2015年04月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,臨床心理学

  • 臨床心理士は仕事でどのような疲労を経験しているか,小堀彩子,波多野純,精神療法,Vol.39,No.2, pp.259-269,2013年04月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,臨床心理学

  • 顧客の敵意が対人援助職従事者の情緒的消耗感とパフォーマンスに及ぼす影響―大学生を対象とした模擬実験による検討―,小堀彩子, 波多野純, 松本沙織,感情心理学研究,Vol.20,No.3, pp.77-85,2012年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著,臨床心理学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,援助職の援助要請プロセスとバーンアウトとの関連の検討

      

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,感情制御研究の実験枠組みを用いてのバーンアウト(燃え尽症候群)メカニズムの解明

    ヒューマン・サービス職従事者バーンアウトのメカニズムの解明を目指し,感情制御研究の方法論を用いて大学生を対象に実験を実施した。

  • 若手研究(スタートアップ),2006年04月 ~ 2007年03月,夜勤看護師のバーンアウト予防を目指した睡眠に関する心理教育プログラムの開発

    夜勤看護師のバーンアウト予防を目指した睡眠に関する心理教育プログラムの開発を目指し,質問紙調査と心理教育プログラムを実施した。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士資格認定協会 第1回【平成20(2008)年度】研究助成(B:一般研究)助成金,2008年11月 ~ 2009年10月,「専門的職業発達との関連でみた臨床心理士のバーンアウトの危険性-そのプロセスと予防-」

    臨床心理士のバーンアウトの危険性を探るため,疲弊と回復のプロセスを面接調査によって明らかにした。

    民間財団等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生徒指導・教育相談・進路指導I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,生徒指導,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,教育心理学実験演習Ⅱ(心理学実験Ⅱ),2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,教育心理学総合演習II,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,生徒指導・教育相談・進路指導I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>