基本情報

写真a

小屋 俊之

KOYA Toshiyuki


学系

医歯学系

系列

臨床医学系列

職名

准教授

生年

1968年

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学系研究科

    博士課程,2000年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,内科学一般(含心身医学),新潟大学,課程,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 第二内科,特任助教,2010年07月 ~ 2011年08月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,助教,2011年09月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 医学部 医学科,助教,2011年09月 ~ 2016年01月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科,講師,2014年04月 ~ 2016年01月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,准教授,2016年02月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1993年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本アレルギー学会,1996年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本呼吸器学会,1996年05月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ胸部学会,1999年05月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • アメリカアレルギー学会,2005年05月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 膠原病・アレルギー内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 2. モンテルカストからプランルカストへの変更が有効であった月経関連喘息の1例,小屋 俊之、河上 英則、長谷川 隆志、鈴木 栄一,Progress in Medicine,Vol.29,No.6, pp.1621-1623,2009年06月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 気管支喘息に合併した気道病変先行型原発性シェーグレン症候群の一例,小屋 俊之、長谷川 隆志、鈴木 栄一,International Review of Asthma,Vol.10,No.2, pp.82-86,2008年02月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Analysis of the influenza A (H1N1) 2009 pandemic infection in Japanese asthmatic patients: using a questionnaire-based survey.,Koshio Nao, Hasegawa Takashi, Suzuki Kazuo, Tanabe Yoshinari, Koya Toshiyuki, Sakagami Takuro, Aoki Nobumasa, Hoshino Yoshifumi, Kagamu Hiroshi, Tsukada Hiroki, Arakawa Masaaki, Gejyo Fumitake, Narita Ichiei, Suzuki Eiichi, Niigata Asthma Treatment Study Group,Allergol Int,Vol.63,No.1, pp.67-74,2014年03月,英語

    DOI:10.2332/allergolint.13-OA-0609,研究論文(学術雑誌),共著

  • Cluster analysis identifies characteristic phenotypes of asthma with accelerated lung function decline.,Sakagami Takuro, Hasegawa Takashi, Koya Toshiyuki, Furukawa Toshiki, Kawakami Hidenori, Kimura Yosuke, Hoshino Yoshifumi, Sakamoto Hirotaka, Shima Kenjiro, Kagamu Hiroshi, Suzuki Ei-ichi, Narita Ichiei,J Asthma,Vol.51,No.2, pp.113-118,2014年03月,英語

    DOI:10.3109/02770903.2013.852201,研究論文(学術雑誌),共著

  • Novel assay to detect increased level of neutralizing anti-interferon gamma autoantibodies in non-tuberculous mycobacterial patients.,Shima Kenjiro, Sakagami Takuro, Tanabe Yoshinari, Aoki Nobumasa, Moro Hiroshi, Koya Toshiyuki, Kagamu Hiroshi, Hasegawa Takashi, Suzuki Ei-ichi, Narita Ichiei,J Infect Chemother,Vol.20,No.1, pp.52-56,2014年01月,英語

    DOI:10.1016/j.jiac.2013.08.003,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,呼吸器系,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2015年度,呼吸器系,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2015年度,内科学2,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

  • 2013年度,内科学2,2013年04月 ~ 2013年08月,専任

  • 2011年度,内科学2,2011年04月 ~ 2011年09月,専任