基本情報

写真a

中村 由紀

NAKAMURA Yuki


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

助教

ホームページ

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/pedo/pedo.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州歯科大学  歯学部

    大学,2003年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  歯学研究科

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),矯正・小児系歯学,九州大学,課程,2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学,助教,2010年07月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,助教,2010年07月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学,助教,2008年05月 ~ 2010年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,2010年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会,2010年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本障害者歯科学会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 矯正・小児系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Prevalence of molar incisor hypomineralization and regional differences throughout Japan.,Saitoh M, Nakamura Y, Hanasaki M, Saitoh I, Murai Y, Kurashige Y, Fukumoto S, Asaka Y, Yamada M, Sekine M, Hayasaki H, Kimoto S,Environmental Health and Preventive Medicine,Vol.23,No.55,2018年10月,英語

    DOI:10.1186/s12199-018-0748-6,研究論文(学術雑誌),共著

  • Streptococcus pyogenes CAMP factor promotes calcium ion uptake in RAW264.7 cells.,Kurosawa M, Oda M, Domon H, Isono T, Nakamura Y, Saitoh I, Hayasaki H, Yamaguchi M, Kawabata S, Terao Y,Microbiology and Immunology,Vol.62,No.10, pp.617-623,2018年10月,英語

    DOI:10.1111/1348-0421.12647,研究論文(学術雑誌),共著

  • Diurnal variation of sweet taste recognition thresholds is absent in over-weight and obese humans.,Sanematsu K, Nakamura Y, Nomura M, Shigemura N, Ninomiya Y,Nutrients,Vol.10,No.3,2018年03月,英語

    DOI:10.3390/nu10030297,研究論文(学術雑誌),共著

  • Streptococcus pyogenes CAMP factor promotes bacterial adhesion and invasion in pharyngeal epithelial cells without serum via PI3K/Akt signaling pathway.,Kurosawa M, Oda M, Domon H, Isono T, Nakamura Y, Saitoh I, Hayasaki H, Yamaguchi M, Kawabata S, Terao Y,Microbes and Infection,Vol.20,No.1, pp.9-18,2018年01月,英語

    DOI:10.1016/j.micinf.2017.09.007,研究論文(学術雑誌),共著

  • Sagittal Plane Kinematics of the Jaw and Hyolingual Apparatus During Swallowing in Macaca mulatta.,Nakamura Y, Iriarte-Diaz J, Arce-McShane F, Orsbon CP, Brown KA, Eastment M, Avivi-Arber L, Sessle BJ, Inoue M, Hatsopoulos NG, Ross CF, Takahashi K,Dysphagia,Vol.32,No.5, pp.663-677,2017年10月,英語

    DOI:10.1007/s00455-017-9812-4,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 小児の口腔科学 第5版,朝田 芳信,大須賀 直人,尾崎 正雄,清水 武彦,仲野 和彦,早﨑 治明,福田 理,星野 倫範,牧 憲司,森川 和政 他,学建書院 ,2019年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会奨励賞,2010年05月19日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本小児歯科学会,中村由紀

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 継続中,捕食およびフードプロセスの特徴解析から小児の食物窒息リスクを検証する

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,咽頭への味覚刺激がもたらす嚥下変調効果を発達過程から解明する

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,嚥下調節機構における摂食関連ペプチドの役割とその発達に関する研究

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,代謝調節ホルモン・レプチンと顔面口腔領域における胎児発育との連関に関する研究

  • 研究活動スタート支援,2007年04月 ~ 2009年03月,レプチン(代謝調節ホルモン)と歯の萌出期の顎骨リモデリング

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 笹川科学研究助成,2013年04月 ~ 2016年03月,小児の摂食・嚥下障害に対応した嚥下調整食の検討と実践へ

    民間財団等

  • ネスレ栄養科学会議研究助成,2012年04月 ~ 2013年03月,咽頭への酸味刺激がもたらす嚥下反射誘発効果に関する研究

    民間財団等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,障害者歯科学,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,小児歯科学,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,臨床歯科学Ⅳ,2020年04月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,早期臨床実習Ⅰ,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

  • 2020年度,総合模型実習,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,診療ガイドライン委員会委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 日本小児歯科学会,臨床研究推進委員会委員,2016年04月 ~ 継続中