基本情報

写真a

船山 昭典

FUNAYAMA Akinori


職名

講師

生年

1977年

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学部

    大学,2003年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学研究科  組織再建口腔外科学分野

    博士課程,2007年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • (歯学),外科系歯学,新潟大学,課程,2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,特任助教,2011年04月 ~ 2012年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科系歯科 口腔再建外科,助教,2012年12月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学,助教,2013年11月 ~ 2017年06月

  • 新潟大学 ■廃止組織■ 口腔再建外科診療室,講師,2017年07月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本口腔外科学会認定口腔外科認定医

  • 日本口腔外科学会認定口腔外科専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A simple technique for repositioning of the mandible by a surgical guide prepared using a three- dimensional model after segmental mandibulectomy,2. Funayama A, Kojima T, Yoshizawa M, Mikami T, Kanemaru S, Niimi K, Oda Y, Kato Y, Kobayashi T,Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgery,Vol.39,No.1,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • An Experimental Study on the Effects of Platelet Rich Plasma on the Wound Healing of Tooth Extraction-Related Bone Defects,3. Niimi K, Yoshizawa M, Koyama T, Funayama A, Mikami T, Kobayashi T,OJST,Vol.7,No.8, pp.327-335,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Electron Probe Microanalysis of Exogenous Pigmentation of Oral Mucosa Originating from Dental Alloy: Two Case Reports,5. Funayama A, Mikami T, Niimi K, Kano H, Nikkuni Y, Yamazaki M, Kobayashi T:,OJST,Vol.7,No.4, pp.242-249,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Septic arthritis of the temporomandibular joint without an apparent source of infection: a case report,4. Suda D, Takatsuji H, Saito N, Funayama A, Niimi K, Tadaharu Kobayashi T,OJST,Vol.7,No.4, pp.242-249,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 歯科領域における周術期の抗菌薬使用実態調査-経口スイッチ療法の評価-,1. 吉田謙介,田村隆,磯辺浩和,新木貴大,中川裕介,石田みなみ,鈴木直人,西川敦,船山昭典,児玉泰光,小林正治,高木律夫,田邊嘉也,外山聡,医薬品相互作用研究,Vol.41,No.3, pp.174-177,2017年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2016年03月,口腔粘膜上皮内癌における粘膜固有層の癌間質としての機能解明

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,口腔粘膜悪性境界病変の診断へのNBI の応用と上皮内血管配置の病理組織学的裏付け

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,早期臨床実習Ⅱ,2014年04月 ~ 2014年09月,兼担

  • 2013年度,早期臨床実習Ⅱ,2013年04月 ~ 2013年09月,兼担