基本情報

写真a

松田 英伸

MASTUDA Hidenobu


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,眼科学,新潟大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 眼科,助教,2011年04月 ~ 2013年07月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 眼科,講師,2013年08月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本緑内障学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 内眼炎所見を合併した多発性後極部網膜色素上皮症(MPPE)の1例,松田 英伸, 酒井 康弘, 上田 恵理子, 福地 健郎,臨床眼科,Vol.70,No.5, pp.681-687,2016年05月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 新潟大学における急性網膜壊死症例の検討,中野 里絵子, 松岡 尚気, 松田 英伸, 長谷部 日, 酒井 康弘, 福地 健郎,臨床眼科,Vol.69,No.7, pp.981-985,2015年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Corneal lamellar grafiting to repair late complications of mitomycin C trabeculectomy,Fukuchi T, Matsuda H, Ueda J, Yamada A, Suda K, Abe H,Clin Ophthalmol,Vol.26,No.4, pp.197-202,2010年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Mycobacterium chelonaeによる角膜炎の1例,松田 英伸、酒井 康弘、阿部 春樹,眼科臨床紀要,Vol.3,No.1, pp.5-9,2010年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Secondary acute angle closure with spontaneous suprachoroidal hemorrhage suspected by ultrasound biomicroscopic examination,Fukuchi T, Suda K, Matsuda H, Ueda J, Abe H,Jpn J Ophthalmol,Vol.56,No.6, pp.661-663,2009年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 眼科医のための先端医療 ノックアウトマウス、トランスジェニックマウスを用いた細胞生物学的眼研究,福地 健郎, 酒井 康弘, 松田 英伸,あたらしい眼科,Vol.24,No.3, pp.335-337,2007年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第70回日本臨床眼科学会,松田英伸、酒井康弘、張大行、大湊絢、福地健郎,国際会議,2016年11月,原因同定不能の硝子体混濁症例に対する前房水IL-10/IL-6の検討,口頭(一般)

  • 第69回日本臨床眼科学会,松田 英伸 酒井 康弘 田沢 綾子 栂野 哲哉 福地 健郎,国内会議,2015年10月,6歳児に診断したVogt-小柳-原田病の1例,口頭(一般)

  • 第68回日本臨床眼科学会,松田 英伸,酒井 康弘,上田 恵理子,福地 健郎,国内会議,2014年11月,ぶどう膜炎所見を合併した多発性後極部網膜色素上皮症の1例,口頭(一般)

  • 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会,松田英伸、酒井康弘、阿部春樹,国内会議,2009年02月,Mycobacterium chelonae による角膜炎の1例,口頭(一般)

  • 第10回日本緑内障学会,松田英伸、須田生英子、福地健郎、上田潤、白柏基宏、原浩昭、太田亜紀子、船木繁雄、中枝智子、阿部春樹,国内会議,1999年09月,特発性毛様体出血によると考えられる急性閉塞隅角緑内障の一例,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,眼科学,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

  • 2014年度,眼科学,2014年04月 ~ 2014年08月,専任

  • 2013年度,臨床実習Ⅰ,2013年04月 ~ 2014年03月,専任

  • 2013年度,臨床実習Ⅰ,2013年04月 ~ 2014年03月,専任

  • 2013年度,視覚器,2013年04月 ~ 2014年03月,専任

全件表示 >>