基本情報

写真a

山城 秀昭

YAMASHIRO Hideaki


学系

自然科学系

系列

農学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 酪農学園大学  酪農学部

    大学,1999年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  生物圏科学研究科

    修士課程,2006年03月,修了,日本国

  • 東北大学  農学研究科

    博士課程,2009年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),動物生産科学,東北大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 ■廃止組織■ 農業生産科学科,助教,2011年04月 ~ 2018年05月

  • 新潟大学 農学部 農学科,准教授,2018年06月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2018年06月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国際協力機構 青年海外協力隊,ボツワナ国 家畜飼育,2002年04月 ~ 2004年07月

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2007年04月 ~ 2009年03月

  • ハワイ大学医学部 解剖・生殖学研究室,研究員,2009年05月 ~ 2011年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Seasonal changes in the spermatogenesis of the large Japanese field mice (Apodemus speciosus) controlled by proliferation and apoptosis of germ cells, Ito J, Meguro K, Komatsu K, Ohdaira T, Shoji R, Yamada T, Sugimura S, Fujishima Y, Nakata A, Fukumoto M, Miura T, Yamashiro H,Animal Reproduction Science, p.106288,2020年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Induction of superovulation using inhibin antiserum and competence of embryo development in wild large Japanese field mice (Apodemus speciosus),Meguro K, Komatsu K, Ohdaira T, Nakagata N, Nakata A, Fukumoto M, Miura T, Yamashiro H.,Reproduction in Domestic Animals,Vol.54, pp.1637-1642,2019年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Intestinal bacteria as powerful trapping lifeforms for the elimination of radioactive cesium,Saito K, Kuroda K, Suzuki R, Kino Y, Sekine T, Shinoda H, Yamashiro H, Fukuda T, Kobayashi J, Abe Y, Nishimura J, Urushihara Y, Yoneyama H, Fukumoto M, Isogai. E,Frontiers in Veterinary Science,Vol.6, p.70,2019年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Haematological analysis of Japanese macaques (Macaca fuscata) in the area affected by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Urushihara Y, Suzuki T, Shimizu Y, Ohtani M, Kuwahara Y, Suzuki M, Uno T, Fujita S, Saito A, Yamashiro H, Kino Y, Sekine T, Shinoda H, Fukumoto M. ,Scientific Reports,Vol.8, p.16748,2018年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 90Sr specific activity of teeth of abandoned cattle after the Fukushima accident - teeth as an indicator of environmental pollution,Koarai K, Kino Y, Takahashi A, Suzuki T, Shimizu Y, Chiba M, Osaka K, Sasaki K, Urushihara Y, Fukuda T, Isogai E, Yamashiro H, Oka T, Sekine T, Fukumoto M, Shinoda H.,Journal of Environmental Radioactivity,Vol.183, pp.1-6,2018年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Transgenerational effects on calf spermatogenesis and metabolome associated with paternal exposure to the Fukushima nuclear power plant accident, Suzuki B, Tanaka S, Nishikawa K, Yoshida C, Yamada T, Abe Y, Fukuda T, Kobayashi J, Hayashi G, Suzuki M, Urushihara Y, Koarai K, Kino Y, Shinoda H , Isogai E, Kawasumi K, Sugimura S, Yamashiro H, Fukumoto M.,Low-Dose Radiation Effects on Animals and Ecosystems - Long-Term Study on the Fukushima Nuclear Accident, Springer Nature,2019年11月,英語

    単行本(学術書),共著

  • Cryopreservation of cattle, pig, inobuta sperm and oocyte after the Fukushima nuclear plant accident,Yamashiro H, Abe Y, Kuwahara Y, Fukuda T, Kino Y, Inoue K, Fukumoto M, Kobayashi J, Tong B, Takino S, Yamada T, Sekine T, Isogai E & Fukumoto M,Recent Advances in Cryopreservation, InTech, Croatia.,2014年,英語

    単行本(学術書),共著

  • Current Frontiers in Cryobiology, Cryopreservation of rat sperm, 165-178.,Yamashiro H, Sato E.,InTech, Croatia,2012年03月,英語

    単行本(学術書),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,動物発生生殖学,2020年06月 ~ 2020年08月,専任

  • 2020年度,動物生産学演習Ⅰ,2020年04月 ~ 2020年08月,専任

  • 2020年度,動物衛生福祉学,2020年04月 ~ 2020年06月,専任

  • 2020年度,生命を知る,2020年04月 ~ 2020年06月,専任

  • 2020年度,スタディ・スキルズA b,2020年04月 ~ 2020年06月,専任

全件表示 >>