基本情報

写真a

安東 宏徳

ANDO Hironori


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

教授

ホームページ

http://www.sc.niigata-u.ac.jp/sc/sadomarine/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  教育学部  理学科

    大学,1985年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  理工学研究科  物理及応用物理学専攻

    修士課程,1987年03月,修了,日本国

  • 早稲田大学  理工学研究科  物理及応用物理学専攻

    博士課程,1990年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士,形態・構造,早稲田大学,課程,1987年03月

  • 理学博士,形態・構造,早稲田大学,課程,1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 臨海実験所,准教授,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2011年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2011年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 臨海実験所,教授,2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学,日本学術振興会特別研究員,1990年04月 ~ 1991年03月

  • 三菱化成生命科学研究所,特別研究員,1991年04月 ~ 1993年02月

  • 北海道大学理学部,助手,1993年03月 ~ 2004年03月

  • 九州大学大学院農学研究院,准教授,2004年04月 ~ 2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本比較内分泌学会,1984年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本動物学会,1984年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本下垂体研究会,1985年08月 ~ 継続中,日本国

  • The Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology,1987年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子生物学会,1991年12月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態・構造

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • サケの産卵回遊の神経内分泌機構,1993年04月 ~ 継続中

    脳,生殖行動,性成熟,生殖リズム,成長,ストレス反応,回遊,季節繁殖,環境適応,フィールド生物,神経ホルモン,下垂体ホルモン,遺伝子,形態・構造,未設定,科学研究費補助金

  • 魚類の成長から成熟への転換機構,1993年04月 ~ 継続中

    脳,生殖行動,性成熟,生殖リズム,成長,ストレス反応,回遊,季節繁殖,環境適応,フィールド生物,神経ホルモン,下垂体ホルモン,遺伝子,形態・構造,未設定,科学研究費補助金

  • クサフグの月齢同調産卵回遊の神経内分泌機構,2004年04月 ~ 継続中

    脳,生殖行動,性成熟,生殖リズム,成長,ストレス反応,回遊,季節繁殖,環境適応,フィールド生物,神経ホルモン,下垂体ホルモン,遺伝子,形態・構造,未設定,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification and gene expression analyses of ghrelin in the stomach of Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis).,Suda, A., Kaiya, H., Nikaido, H., Shiozawa, S., Mishiro, K. and Ando, H.,Gen. Comp. Endocrinol. ,Vol.178, pp.89-97,2012年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Neuropeptide Y in tiger puffer (Takifugu rubripes): distribution, cloning, characterization and mRNA expression responses to prandial condition.,Kamijo, M., Kojima, K., Maruyama, K., Konno, N., Motohashi, E., Ikegami, T., Uchiyama, M., Shioda, S., Ando, H. and Matsuda, K.,Zool. Sci. ,2011年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Regulation of temporal and spatial organization of newborn GnRH neurons by IGF signaling in zebrafish.,Onuma, T.A., Ding, Y., Abraham, E., Zohar, Y., Ando, H. and Duan, C.,J. Neurosci.,2011年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Synchronised expressions of LPXRFamide peptide and its receptor genes: seasonal, diurnal and circadian changes during spawning period in grass puffer.,Shahjahan, Md., Ikegami, T., Osugi, T., Ukena, K., Doi, H., Hattori, A., Tsutsui, K., and Ando, H.,J. Neuroendocrinol.,Vol.23 , pp.39-51 ,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Expression of GnRH genes is elevated in discrete brain loci of chum salmon before initiation of homing behavior and during spawning migration.,Onuma, T.A., Makino, K., Ando, H., Ban, M., Fukuwaka, M., Azumaya, T. and Urano, A.,Gen. Comp. Endocrinol.,Vol.168, pp.356-368 ,2010年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ホルモンハンドブック新訂eBook版(共著),安東宏徳,南江堂,2007年10月,日本語

    事典・辞書,共著

  • レーヴン/ジョンソン生物学[下]原書第7版(共訳),安東宏徳,培風館,2007年10月,日本語

    教科書,共訳

  • Molecular aspects of reproductive neuroendocrinology in salmon. In “Hormone Biotechnology”,Urano, A. and Ando, H.,Daya Publishing House,2007年09月,英語

    単行本(学術書),共著

  • Endocrine disruption in aquatic animals: Mechanisms of action of xenoestrogens in a fish model. In “Ecotoxicology and Environmental Sciences”,Ando, H., Ban, M., McCormick, S.D. and Urano, A.,acb publications,2007年01月,英語

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Molecular neuroendocrine basis of lunar-related spawning in grass puffer.,Ando, H., Shahjahan, Md. and Hattori, A.,Elsevier,Gen. Comp. Endocrinol.,2013年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Role of LPXRFamide peptide in the neuroendocrine regulation of reproduction in fish.,Shahjahan, Md. and Ando, H.,Versita,Cent. Eur. J. Biol. ,Vol.6, pp.853-860,2011年09月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Diversity of the hypothalamo-neurohypophysial system and its hormonal genes. ,Urano, A. and Ando, H. ,Elsevier,Gen. Comp. Endocrinol.,Vol.170, pp.41-56,2011年04月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • GnRHに対する反応性の分子制御とサケの産卵回遊,安東宏徳,小沼健,浦野明央,日本比較内分泌学会,比較内分泌学,Vol.35, pp.7-23 ,2009年02月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • Expression of hormone genes and osmoregulation in homing chum salmon: A minireview. ,Makino, K., Onuma, T.A., Kitahashi, T., Ando, H., Ban, M. and Urano, A.,Elsevier,Gen. Comp. Endocrinol.,Vol.152, pp.304-309,2007年07月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Zoological Science Award (藤井賞),2011年09月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本動物学会,Motohashi, E., Yoshihara, T., Doi, H. and Ando, H.

  • Zoological Science Award (藤井賞),2009年09月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本動物学会,Furukuma, S., Onuma, T., Swanson, P., Luo Q., Koide, N., Okada, H., Urano, A. and Ando, H.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 継続中,新規体内時計と環境因子によるクサフグの半月周性産卵リズムの形成機構

    クサフグの半月周性産卵リズムの形成機構について,松果体と間脳視床下部における新規の体内時計の機能と環境同調因子の役割を明らかにすることを目的とする。具体的には,時計遺伝子とメラトニン受容体遺伝子の周期的発現の調節機構を解析する。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,クサフグの月周同調産卵回遊を制御する神経内分泌基盤の解明

    月周同調産卵回遊という特徴的な産卵行動を行うクサフグをモデルにして,産卵行動の発現を制御する脳内機構を明らかにした。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2008年03月,ホルモン合成と放出のバランス制御機構:単一LH細胞を用いた解析

    下垂体LH細胞のLH合成と放出は視床下部ホルモンである生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)によって調節されている。本研究では,GnRHによるLHの合成と放出の制御機構を単一細胞レベルで解析した。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 平成23年度新潟大学教育研究院自然科学系教育研究支援経費,2011年07月 ~ 2012年03月,月周同調産卵魚を用いた季節繁殖制御の分子機構の解明

    新潟大学

  • ソルト・サイエンス研究財団研究助成,2006年04月 ~ 2007年03月,フグ科魚類を用いた好塩性遺伝子群の探索

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2nd World Conference on Kisspeptin Signaling in the Brain,Hironori Ando, Md. Shahjahan, Satoshi Ogawa, Ishwar Parhar,国際会議,2012年11月,Tokyo,Synchronized diurnal and circadian expressions of kisspeptin and GPR54 genes in the diencephalon of a puffer fish with lunar-related spawning cycles.,口頭(一般)

  • 7th Congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology,Ando H.,国際会議,2012年03月,Kuala Lumpur,Neuroendocrine regulation of lunar-synchronized spawning migration in grass puffer.,口頭(招待・特別)

  • 5th Asia and Oceania Conference on Photobiology,Hironori Ando, Taro Ikegami, Atsuhiko Hattori,国際会議,2011年07月 ~ 2011年08月,Nara,Neuroendocrine regulation of lunar-synchronized spawning rhythm in grass puffer.,口頭(招待・特別)

  • 9th International Congress of the Biology of Fish,Neuroendocrine mechanisms of spawning migration in salmonids.,国際会議,2010年07月,Barcelona,Neuroendocrine mechanisms of spawning migration in salmonids,口頭(招待・特別)

  • 92nd Annual Meeting of Endocrine Society,Takeshi A. Onuma, Yonghe Ding, Yonathern Zohar, Hironori Ando, Cunming Duan,国際会議,2010年06月,San Diego,Regulation of spatial and temporal organization of embryonic GnRH neurons by IGF signaling in zebrafish.,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,系統動物学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,海洋生物学実験,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,先端臨海実習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,課題研究I(生物学),2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2016年度,動物生理学III,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>