基本情報

写真a

福住 好恭

FUKUSUMI Yoshiyasu


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

生年

1979年

研究室住所

新潟市中央区旭町通り1-757

研究分野・キーワード

腎臓病態学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2160

研究室FAX

025-227-0770

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/nim/welcomej.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  医学系研究科

    博士課程,2008年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),発生生物学,金沢大学,課程,2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究施設,助教,2011年05月 ~ 2015年02月

  • 新潟大学 医学部 医学科,助教,2011年05月 ~ 2015年02月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究施設,准教授,2015年03月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究センター,准教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会,2012年05月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 第13回新潟大学医学教育ワークショップ,2013年09月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nephrin-Binding Ephrin-B1 at the Slit Diaphragm Controls Podocyte Function through the JNK Pathway.,Yoshiyasu Fukusumi, Ying Zhang, Ryohei Yamagishi, Kanako Oda, Toru Watanabe, Katsuyuki Matsui, Hiroshi Kawachi,Journal of the American Society of Nephrology,Vol.29,No.5, pp.1462-1474,2018年03月,英語

    DOI:10.1681/ASN.2017090993,研究論文(学術雑誌),共著

  • Possible role for glomerular-derived angiotensinogen in nephrotic syndrome.,Mihoko Yamazaki, Yoshiyasu Fukusumi, Mutsumi Kayaba, Yukina Kitazawa, Sayuri Takamura, Ichiei Narita, Hiroshi Kawachi,Journal of the renin-angiotensin-aldosterone system,Vol.17,No.4,2016年12月,英語

    DOI:10.1177/1470320316681223,研究論文(学術雑誌),共著

  • Role of calcineurin (CN) in kidney glomerular podocyte: CN inhibitor ameliorated proteinuria by inhibiting the redistribution of CN at the slit diaphragm.,Ayako Wakamatsu, Yoshiyasu Fukusumi, Eriko Hasegawa, Masayuki Tomita, Toru Watanabe, Ichiei Narita, Hiroshi Kawachi,Physiological reports.,Vol.6,No.e12679,2016年03月,英語

    DOI:10.14814/phy2.12679,研究論文(学術雑誌),共著

  • Alteration in the podoplanin-ezrin-cytoskeleton linkage is an important initiation event of the podocyte injury in puromycin aminonucleoside nephropathy, a mimic of minimal change nephrotic syndrome.,Koichi Suzuki, Yoshiyasu Fukusumi, Mihoko Yamazaki, Hiroshi Kaneko, Kazushi Tsuruga, Hiroshi Tanaka, Etsuro Ito, Katsuyuki Matsui, Hiroshi Kawachi,Cell and tissue research,Vol.362,No.1, pp.201-213,2015年10月,英語

    DOI:10.1007/s00441-015-2178-8.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dickkopf 3 Promotes the Differentiation of a Rostrolateral Midbrain Dopaminergic Neuronal Subset In Vivo and from Pluripotent Stem Cells In Vitro in the Mouse.,Yoshiyasu Fukusumi, Florian Meier, Sebastian Götz, Friederike Matheus, Martin Irmler, Ruth Beckervordersandforth, Theresa Faus-Kessler, Eleonora Minina, Benedict Rauser, Jingzhong Zhang, Ernest Arenas, Elisabet Andersson, Christof Niehrs, Johannes Beckers, Antonio Simeone, Wolfgang Wurst, Nilima Prakash,The Journal of neuroscience,Vol.35,No.39, pp.13358-13401,2015年09月,英語

    DOI:10.1523/JNEUROSCI.1722-15.2015,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2020年03月,腎糸球体上皮細胞スリット膜の形成、維持におけるEphrin-B1の役割の解明

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2016年03月,腎糸球体上皮細胞スリット膜の形成・維持におけるシナプス小胞輸送機構の解明

    本研究課題は、ポドサイトの濾過障壁形成・維持機構におけるシナプス小胞輸送機構の機能を解析する。具体的には、Synaptic Vesicle2A/B 遺伝子破壊(SV2A/B 遺伝子KO)マウスを用いて、シナプス小胞輸送関連分子のポドサイトの濾過障壁形成・維持機構における役割を明らかにする。