基本情報

写真a

永幡 幸生

NAGAHATA Yukio


学系

自然科学系

系列

情報電子工学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

確率論、確率過程論

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),数学基礎・応用数学,東京工業大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 情報工学科 数理情報,准教授,2011年10月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,准教授,2011年10月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,准教授,2011年10月 ~ 2013年10月

  • 新潟大学 工学部 工学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 確率論

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 確率過程のスケール極限,2003年05月 ~ 継続中

    流体力学極限、格子気体,数学基礎・応用数学,個人研究,基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • A remark on equivalence of ensembles for surface diffusion model,Yukio NAGAHATA,RIMS Kôkyûroku Bessatsu B59,Vol.B59, pp.23-30,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著,解析学基礎

  • Functional central limit theorem for tagged particle dynamics in stochastic ranking process,Yukio Nagahata,Kodai Mathematical Journal,Vol.36,No.3, pp.409-427,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Tagged particle dynamics in stochastic ranking process,Yukio Nagahata,Kodai Mathematical Journal,Vol.36,No.3, pp.397-408,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Lower bound estimate of the spectral gap for simple exclusion process with degenerate rates,Yukio NAGAHATA,Electronic Journal of Probability,Vol.17,No.92, pp.1-19,2012年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著,数学基礎・応用数学

  • Spectral gap for multi-species exclusion processes,Yukio NAGAHATA, Makiko SASADA,Journal of Statistical Physics,Vol.143, pp.381-398,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,数学基礎・応用数学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,多種粒子系の格子気体の流体力学極限

    (例えば)2種類の粒子からなる気体の簡略化モデルとして、空間を離散かして各点にはたかだか1つの粒子しか入れなく、各粒子はランダムウォークをしているものとします。このとき時間ー空間に関して適切なスケールを保って極限をとれば決定論的な方程式(系)が出てくることが予想されます。この極限を数学的に厳密に導出することを目指しています。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications,Yukio NAGAHATA,国際会議,2018年07月,Taiwan National University,On scaling limit of a cost in adhoc network model,口頭(招待・特別)

  • 第10回福島応用数学研究集会,永幡幸生,国内会議,2018年03月,コラッセふくしま,On scaling limit of a cost in adhoc network model,口頭(招待・特別)

  • 15th workshop on Stochastic Analysis on Large Scale Interacting Systems,Yukio NAGAHATA,国際会議,2016年11月,東京大学,On scaling limit of a cost in adhoc network model,口頭(招待・特別)

  • マルコフ過程とその周辺,永幡幸生,国際会議,2016年01月,ヴェルクよこすか,An estimate of spectral gap for surface diffusion,口頭(一般)

  • 無限粒子系、確率場の諸問題XI,永幡幸生,国内会議,2015年12月,奈良女子大学,On scaling limit of a cost in an adhoc network model,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,応用数理E,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,応用数理E,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,基礎数理A I,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,情報数理特論,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,基礎数理A I,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>