基本情報

写真a

坂上 拓郎

SAKAGAMI Takuro


職名

講師

生年

1973年

研究分野・キーワード

呼吸器内科学、抗サイトカイン抗体

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部

    大学,1997年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),呼吸器内科学,新潟大学,課程,2004年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 総合臨床研修センター,特任助教,2012年02月 ~ 2014年06月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,助教,2014年07月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 呼吸器・感染症内科,講師,2017年04月 ~ 継続中

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 抗インターフェロンガンマ自己抗体の病原的意義の解析,2011年07月 ~ 継続中

    抗サイトカイン自己抗体 ,個人研究,(選択しない)

  • 気管支喘息患者における遺伝解析,2003年01月 ~ 継続中

    ,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • Disseminated Mycobacterium gordonae and Mycobacterium mantenii infection with elevated anti-IFN-gamma neutralizing autoantibodies,Hase I, Morimoto K, Sakagami T,J Infect Chemother,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Cluster analysis identifies characteristic phenotypes of asthma with accelerated lung function decline.,Sakagami T, Hasegawa T, Koya T,J Asthma ,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Novel assay to detect increased level of neutralizing anti-interferon gamma autoantibodies in non-tuberculous mycobacterial patients,Shima K, Sakagami T, Tanabe Y,J Infect Chemother,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Pulmonary macrophage transplantation therapy,Suzuki T, Arumugam P, Sakagami T,Nature,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Patient-derived granulocyte/macrophage colony-stimulating factor autoantibodies reproduce pulmonary alveolar proteinosis in nonhuman primates,Sakagami T, Beck D, Uchida K,Am J Respir Crit Care Med,2010年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>