基本情報

写真a

和田 庸子

WADA Yoko


学系

医歯学系

系列

臨床医学系列

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学部

    大学,1995年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  医学系研究科

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),腎臓内科学,新潟大学,論文,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 生命科学医療センター,特任助教,2012年03月 ~ 2013年04月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 腎・膠原病内科,助教,2013年05月 ~ 2016年02月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,講師,2016年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 腎研究センター,講師,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本腎臓学会,1997年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本リウマチ学会,2000年07月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

  • 膠原病・アレルギー内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会認定医

  • 日本内科学会総合専門医

  • 日本腎臓学会認定専門医

  • 日本腎臓学会指導医

  • 日本リウマチ学会専門医

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Specific overexpression of TNFAIP9 in CD14 CD16 monocytes in patients with rheumatoid arthritis- Comparative analysis with TNFAIP3-,Takai Chinatsu, Matsumoto Isao, Inoue Asuka, Umeda Naoto, Tanaka Yuki, Kurashima Yuko, Wada Yoko, Narita Ichiei, Sumida Takayuki,Clin Exp Immunol,2015年02月,英語

    DOI:10.1111/cei.12606,研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of a biologic agent in a patient with rheumatoid arthritis after treatment for methotrexate-associated B-cell lymphoma: a case report.,Kuroda Takeshi, Sato Hiroe, Nakatsue Takeshi, Wada Yoko, Murakami Shuichi, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,BMC Res Notes,Vol.7, p.229,2014年,英語

    DOI:10.1186/1756-0500-7-229,研究論文(学術雑誌),共著

  • Development of IgG4-related disease in a patient diagnosed with idiopathic membranous nephropathy.,Wada Yoko, Saeki Takako, Yoshita Kazuhiro, Ayalon Rivka, Kamimura Kenya, Nakano Masaaki, Narita Ichiei,Clin Kidney J,Vol.6,No.5, pp.486-490,2013年10月,英語

    DOI:10.1093/ckj/sft062, ,研究論文(学術雑誌),共著

  • The clinical course of patients with IgG4-related kidney disease.,Saeki Takako, Kawano Mitsuhiro, Mizushima Ichiro, Yamamoto Motohisa, Wada Yoko, Nakashima Hitoshi, Homma Noriyuki, Tsubata Yutaka, Takahashi Hiroki, Ito Tomoyuki, Yamazaki Hajime, Saito Takao, Narita Ichiei,Kidney Int,Vol.84,No.4, pp.826-833,2013年10月,英語

    DOI:10.1038/ki.2013.191,研究論文(学術雑誌),共著

  • Two susceptibility loci to Takayasu arteritis reveal a synergistic role of the IL12B and HLA-B regions in a Japanese population.,Terao Chikashi, Yoshifuji Hajime, Kimura Akinori, Matsumura Takayoshi, Ohmura Koichiro, Takahashi Meiko, Shimizu Masakazu, Kawaguchi Takahisa, Chen Zhiyong, Naruse Taeko K, Sato-Otsubo Aiko, Ebana Yusuke, Maejima Yasuhiro, Kinoshita Hideyuki, Murakami Kosaku, Kawabata Daisuke, Wada Yoko, Narita Ichiei, Tazaki Junichi, Kawaguchi Yasushi, Yamanaka Hisashi, Yurugi Kimiko, Miura Yasuo, Maekawa Taira, Ogawa Seishi, Komuro Issei, Nagai Ryozo, Yamada Ryo, Tabara Yasuharu, Isobe Mitsuaki, Mimori Tsuneyo, Matsuda Fumihiko,Am J Hum Genet,Vol.93,No.2, pp.289-297,2013年08月,英語

    DOI:10.1016/j.ajhg.2013.05.024,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>