2022/11/29 更新

写真a

フルザワ シンイチ
古澤 慎一
FURUZAWA Shinichi
所属
教育研究院 自然科学系 農学系列 助教
自然科学研究科 生命・食料科学専攻 助教
農学部 農学科 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(学術) ( 2008年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • 農業農村開発

  • ソーシャルビジネス

  • 共有資源

  • 農業の多面的機能

  • フードシステム

研究分野

  • 人文・社会 / 地域研究

  • 人文・社会 / 食料農業経済  / 農業経済学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   農学部農学科(生物資源科学プログラム/ 食料・資源経済学分野)   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   農学部農業生産科学科(食料・資源経済学コース)   助教

    2012年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   大学院農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻(任期付)   助教

    2011年5月 - 2012年3月

      詳細を見る

  • 東京大学   大学院農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻(任期付)   特任助教

    2010年11月 - 2011年5月

      詳細を見る

  • 新潟大学   博士研究員(自然科学研究科:4-10月 / 超域研究機構:5-10月)

    2010年4月 - 2010年10月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会特別研究員 /新潟大学自然科学系   PD

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   農学部 農学科   助教

    2017年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   助教

    2012年4月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 生命・食料科学専攻   助教

    2012年4月 - 現在

  • 新潟大学   農業生産科学   助教

    2012年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   研究員

    2010年4月 - 2010年10月

学歴

  • 新潟大学   大学院自然科学研究科 博士後期課程(短縮修了)

    2005年10月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   大学院自然科学研究科 博士前期課程

    2003年10月 - 2005年9月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 新潟県   多面的機能支払制度第三者委員会委員  

    2021年11月 - 2023年3月   

      詳細を見る

  • 日本地域学会   機関紙編集委員会幹事  

    2021年1月 - 現在   

      詳細を見る

  • 日本農業経済学会   理事  

    2018年5月 - 2020年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本地域学会   第53回年次大会実行委員  

    2016年1月 - 2016年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本地域学会   編集委員会委員(EM)  

    2014年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本地域学会   機関紙編集委員会幹事  

    2011年1月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本地域学会   日本地域学会設立50周年記念誌編集委員会幹事  

    2011年1月 - 2012年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

▶ 全件表示

 

論文

  • Exploring the possibilities of creating shared value in Japan's urban agriculture: using a mixed methods approach

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGERNATURE  

    The purpose of this research is to clarify the mechanism of creating shared value in Japan's urban agriculture by focusing on the cognitive innovation of social entrepreneurship and urban residents' cognition and behavior toward urban agriculture. Specifically, we introduce a mixed methods approach by integrating a multiple case-based qualitative exploration method for clarifying the cognitive innovation of social entrepreneurship and a quantitative sociological approach to the authors' original questionnaire for analyzing the urban residents' cognition toward urban agriculture. The following results are obtained from our empirical analysis. First, the results of latent class analysis clarified that diversified cognition and behavior toward urban agriculture are existing in urban residents. Second, the results of case analysis clarified that social entrepreneurs with radical cognitive innovation and gradual cognitive innovation are able to solve social problems and enhance competency through urban agriculture with stakeholders. However, social entrepreneurs fallen into social dilemma of cognitive innovation should pay more attention to organizational learning while involving residents in urban agriculture. Policy implication drawn from the above-mentioned results suggests that a system change may happen when urban agriculture in Japan becomes more familiar to general urban residents through collective social entrepreneurship.

    DOI: 10.1007/s41685-022-00233-y

    Web of Science

    researchmap

  • 農業法人における従業員の戦略的人的資源管理(SHRM)に関する研究 : ダイバーシティ・マネジメント(DM)からのアプローチ

    池田, 健人, 木南, 莉莉, 古澤, 慎一

    新潟大学農学部研究報告   74   1 - 9   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    本研究の目的は、日本の農業企業における新規就農者の確保と育成に関連する問題に焦点を当て、持続可能な経営のための人材育成に多様性をどのように結び付けるかを明らかにすることである。具体的には、戦略的人的資源管理(SHRM)、企業経営戦略、ダイバーシティマネジメント(DM)及びHRMマッチングなどの概念を構成要素として分析フレームワークを構築する。そのフレームワークに沿って2つの仮説を設定し、仮説の検証を通じてこれらの関係を明らかにする。すなわち、「農業法人における戦略的人的資源管理(SHRM)は企業の経営戦略(外部環境と内部環境を含む)と一体になって形成され、HRM戦略とHRMマッチング及びダイバーシティ・マネジメントを通じてHRM成果や経営成果に影響を与える」(H1)と「ダイバーシティ・マネジメントはSHRMに規定されると同時に経営成果からも影響を受ける」(H2)である。仮説を検証するために、ケーススタディ、構造化インタビュー、複線径路等至性モデル(TEM)などの定性的分析方法を用いる。以下の分析結果が得られた。本研究で取り挙げられた事例の共通点は農業法人の代表が経営に人的資源管理を取り組んでいることである。しかし、ダイバーシティ・マネジメントについては、積極的に経営に活かす事例はS社のみである。したがって、農業法人は持続可能な経営を実現するためには、従業員の多様性を活かすことを念頭に置いた施策群を策定・実行し、経営者や管理職及び従業員が多様性を活かす経営の有効性を認知させる事が重要である。

    CiNii Books

    researchmap

  • Perception and behavior of residents towards community gardens and satisfaction of local life: empirical analysis on the case of Shanghai, China

    Yingjie Ge, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE   6 ( 1 )   141 - 158   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGERNATURE  

    In Shanghai, community gardens (CGs), as one of the means of urban renovation, not only beautify the environment, but also play an important role in promoting neighborhood relationships and building a harmonious society. The purpose of this study was to explore the perception and behavior of residents in Shanghai, China towards CGs and their satisfaction in the local life. A web-based questionnaire survey of Shanghai residents (including users and non-users of community gardens) was conducted and the results analyzed using structural equation modeling (SEM). Based on the analytical results, we made the following conclusions. First, the socio-economic attributes that are particularly effective for participation in CGs include residential areas, farmland and social capital (participation in social organizations and relationships with the community). Second, a higher level of SC results in a higher level of engagement in and evaluation of CGs, a similar finding to previous studies. Thirdly, positive relationships between engagement in CGs and evaluation of CGs (WTP) were apparent. Fourthly, the evaluation of CGs (WTP) and the relationships with communities both show positive effects on satisfaction with the local life. However, CGs are still at an early stage of popularization in Shanghai and their users are limited to a small segment of the population at present. Furthermore, there is a gap between CG evaluation (potential use) and actual use in Shanghai. As the design and management methods of CGs are improved and a deeper involvement of urban residents in CGs occurs, their social capital and life satisfactions should be enhanced and a 'better city, better life' be realized from the perspective of sustainable urban development.

    DOI: 10.1007/s41685-021-00219-2

    Web of Science

    researchmap

  • 起業家精神が新規開業に与える影響に関する研究:都道府県データによるパネルデータ分析 査読

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一

    地域学研究 = Studies in regional science : 日本地域学会年報   51 ( 2 )   337 - 351   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    researchmap

  • 地域の食品産業におけるイノベーションの可能性と課題に関する研究ー新潟地域を対象にー 査読

    百合岡雅博, 木南莉莉, 古澤慎一

    地域学研究 = Studies in regional science : 日本地域学会年報   51 ( 2 )   255 - 282   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    researchmap

  • 日本の米産業におけるイノベーション政策に関する実証的研究:消費者の米に対する認知・行動を焦点に 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章

    地域学研究 = Studies in regional science : 日本地域学会年報   51 ( 2 )   211 - 233   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    researchmap

  • 社会的企業の組織間ネットワークの形成要因と影響に関する研究 :初期普及期における二地域を対象として 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章

    地域学研究 = Studies in regional science : 日本地域学会年報   印刷中   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    researchmap

  • Role of Entrepreneurship in Regional Development in the Haor Region of Bangladesh: A Trajectory Equifinality Model Analysis of Local Entrepreneurs 査読

    RANA Sohel, KIMINAMI Lily, FURUZAWA Shinichi

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   Accept   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    researchmap

  • Rice policies for long-tail market-creating innovations: empirical study on consumers' cognition and behavior in Japan

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF REGIONAL SCIENCE   5 ( 3 )   909 - 931   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGERNATURE  

    Although rice production adjustments were officially abolished in 2018, they still exist in the form of game equilibria and customary institutions in Japan. However, market-creating innovations are considered to be able to change the culture of the entire society, including the cognition of producers and consumers towards rice, rice products and rice cultivation. Therefore, the purpose of this study was to clarify the necessity of rice policies for long-tail market-creating innovations in Japan. Specifically, structural equation modeling (SEM) and cognitive map analysis were introduced in a questionnaire survey of Japanese consumers. The following analytical results were obtained. First, rice policies that promote consumers' independent orientation for rice consumption including their potential needs about rice such as information, environment, packaging, safety, health, and various ways of eating, etc. are required. Second, Japan's rice market needs to be transformed from a short tail to a long tail through market-creating innovations. Finally, rice policies to promote the businesses conducted in partnership with consumers and local residents for "Creating Shared Value" through organizational learning and stakeholder management are also required.

    DOI: 10.1007/s41685-021-00209-4

    Web of Science

    researchmap

  • 中国における近年の食料消費行動の変化 : 米小売市場を焦点に 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章

    地域学研究 = Studies in regional science : 日本地域学会年報   50 ( 2 )   345 - 369   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本地域学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本における社会的企業の革新性に関する分析:新規開業企業を対象として 査読

    古澤慎一, 木南莉莉, 木南章

    地域学研究   51 ( 1 )   101 - 113   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    There have been many empirical studies on the entrepreneurship of start-ups mainly focusedon entrepreneurial motivations, and institutional and social factors. However, research on thefactors affecting the innovativeness of star-ups through comparative analysis between socialenterprises and commercial enterprises is scarce.

    Social enterprises that execute a dual-mission to contribute towards the inclusive growth anddevelopment of the society have reached a scale of value added and employment in Japan sincethe 2000s. It is not easy for social enterprises to solve social problems and realize sustainabledevelopment of business through creating innovative products and services.

    The purpose of this study was to clarify the socio-economic factors affecting the innovativenessof start-ups through comparative analysis between social enterprises and commercial enterprisesin Japan. Specifically, quantitative analytical methods such as exploratory and confirmatorymulti-variate analyses were applied to enterprise level micro-data based on the Survey on ActualConditions of Start-ups in 2013( conducted by the Japan Finance Corporation Research Institute).

    We reached the following conclusions based on the analytical results. First, a highly innovativesocial enterprise has the same level of social attributes( human capital), endogenous motivation,and management ability as a highly innovative commercial enterprise. Secondly, highlyinnovative social enterprises have special factors in business strategies, internal labor marketmanagement and external networks compared to highly innovative commercial enterprises. Therefore, to promote the development of social enterprises in Japan, policies and support systemsthat match the characteristics of the social enterprise are necessary.

    JEL Classifications:O35, L26, L31

    DOI: 10.2457/srs.51.101

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/srs/51/1/51_101/_pdf

  • Transformation of Japan’s rice policy toward innovation creation for a sustainable development 査読

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   online first   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    This research clarifies the necessity to transform Japan’s rice policy toward the creation of innovation, particularly to market-creating innovation. We introduced two analytical methods in the research. One is a survey of existing research on Japan’s rice policy and innovation in paddy field management, and the other is the case analysis of innovation by focusing on the spread of rice flour and organic rice cultivation. We obtained the following conclusions from the analysis. Rice policy (pushing institutions) so far is not having the desired effects on creating and sustaining well-functioning system in Japan’s rice sector. Although rice production adjustment was officially abolished, it still exists in the form of game equilibrium and customary institutions. Even if there are structural reform conditions (liquidation measures) in the economic domain, a major innovation has not occur due to Peasantism as the cultural belief system was dominant in the political and social domains for institutions. Therefore, to change such a situation and realize a sustainable development of rice sector, a policy transformation toward innovation creation, particularly to ‘market-creating innovation’ is called for. In addition, it is important to consider innovation as a process of organizational learning that involves the drastic change of collective cognition among producers, consumers and governments. Market-creating innovations can change the culture of the entire society, including the cognition of producers and consumers toward rice, rice products and rice cultivation. Furthermore, policy for promoting environment-friendly rice cultivation should pay attention to the public concern over economic impacts on the quality of the global commons that implies de facto gradual transfer of environment rights from the corporate sector to the community at large.

    DOI: 10.1007/s41685-020-00175-3

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s41685-020-00175-3/fulltext.html

  • Analysis on the factors affecting farmers’ performance in disaster risk management at community level: focusing on a Haor locality in Bangladesh 査読

    Sohel Rana, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   4 ( 3 )   737 - 757   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study is to clarify the factors affecting famers’ performance in disaster risk management (DRM) at community level focusing on a haor area of Bangladesh. We introduced structural equation modeling (SEM) based on the results of authors’ designated questionnaire survey (face-to-face interview) targeting the farmers of Itna union in Kishoreganj district of Bangladesh, to verify our hypothesis “Farmers’ attributes, their level of social capital, and attitudes toward technology and training have impacts on their performance in disaster risk management at community level (H1)”. The results clarified that there are multi causal relationships among the factors affecting farmers’ performance in DRM, in which, the factors of gender, poverty, social capital and farmers’ attitudes toward technology and training are important in the haor area of Bangladesh. Therefore, we draw policy implication from the analytical results that it is necessary to recognize that the causes of poverty are strongly route-dependent in rural areas including the existence of gender discrimination and a low trust to government officials. Furthermore, we suggest to have DRM policies to consider poverty issue from a different lens and to pay attention to the investment in innovation and entrepreneurship.

    DOI: 10.1007/s41685-020-00171-7

    Scopus

    researchmap

  • Social entrepreneurship and social business associated with multiple functions of urban agriculture in Japan 査読

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   4 ( 2 )   521 - 552   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this research is to examine the relationships among social entrepreneurship, social business (SB) and multiple functions of urban agriculture in Japan, by introducing the methodologies of SEM (structural equation modeling) and TEM (trajectory equifinality model). Following conclusions are obtained based on the analytical results. First, people who are thinking creatively (TC) with a high level of social capital pay attention to social business and prefer multiple functions of urban agriculture not only in megacities but also in designated cities. These people are assumed to have a high level of social entrepreneurship as well. Second, social business develops through the virtuous cycle of social institutions, social entrepreneurship and social business. Among the social institutions, social capitals are important both in the beginning of SB establishment and in the processes of business development. Policy implication drawn from the research suggests that the government should provide opportunities to create a virtuous cycle between social institutions, social entrepreneurship and social business, especially to improve the accumulation of social capital, in order to attract the TCs who have a high level of social entrepreneurship and solve the problems through social business such as agriculture-related businesses.

    DOI: 10.1007/s41685-020-00154-8

    Scopus

    researchmap

  • 日本における都市農業の多面的機能とソーシャル・ビジネス : 新潟市を主な対象として

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   72   35 - 50   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究は、日本の都市におけるクリエイティブ・クラスと農業の多面的機能及びソーシャル・ビジネスの関係を明らかにしている。具体的には、4つの政令指定都市の住民に対するアンケート調査の結果に共分散構造分析(SEM)を適用し、新潟市における2つの革新的農業関連ビジネスの事例に対して複線径路・等至性モデル(TEM)を用いて分析を行っている。分析結果からは以下のことが明らかになっている。すなわち、都市が持続可能な発展を得るためには、創造性の高い人々(創造的な職業と創造的な思考の両方)を住まわせることが必要であり、農業の多面的機能を通じた都市の快適さは、これらの人々を惹きつける要因の1つと見なすことができる。また、クリエイティブ・クラスを惹きつけるための既存の都市アメニティを改善する方法を超えて、ソーシャル・ビジネスを通じて都市農業の多面的機能を強化することは、都市の持続性と創造性を改善する上でより効果的であると考える。さらに、以上の分析結果を踏まえて、新潟市における都市政策に対しては、ソーシャル・イノベーションを誘発するために農業関連のソーシャル・ビジネスを促進すること、特に、クリエイティブ思考を有する人々を主体とした多元的なプログラムを推進することの必要性を論じた上、その方策として、産学官民の連携を通じた協調優位戦略にもとづいて、農業関連のソーシャル・ビジネスのクラスターを形成することを提示している。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/00051509

  • 農業経営の多角化における起業家精神とソーシャル・キャピタル : 農産物加工事業と消費者への直接販売事業を対象として

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   72   51 - 58   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究の目的は、事業の多角化に影響する要因を分析することによって、農業経営における起業家精神を定量的に解明することである。農業経営の多角化には様々な形態があるが、本研究では多角化の中で主要な形態である農産物加工と消費者への直接販売に焦点を当てる。事業多角化は農業経営の収益性を向上させるだけでなく、農村地域を活性化することが期待されている。しかしながら、近年、日本では農業経営の事業多角化は伸び悩んでいる。農業経営の事業多角化は、起業家精神、農業構造、自然・社会経済的条件によって決定されると想定される。そこで、本研究では、地域の農業構造と自然・社会経済的条件から事業多角化の水準を説明するモデルを推定する。そして、その残差を基に地域の起業家精神の水準を把握する。地域における起業家精神を規定する要因としてソーシャル・キャピタルを取り上げ、ソーシャル・キャピタルが起業家精神に与える影響を明らかにする。使用する主なデータは、2010年と2015年の農業センサスと社会経済統計の市町村別パネルデータである。最後に、分析結果に基づいて、農業経営と農村経済の振興のための政策含意を導き出す。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/00051510

  • フードシステムの発展と生活協同組合の役割:──イノベーションとコーポレート・ガバナンスの視点から── 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    地域学研究   49 ( 2 )   199 - 230   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    <p> In Japan, Consumer Cooperatives (Co-op), particularly the regional Co-ops that supply safe, secure and high-quality food to consumers, play an important role in the development of Japanese food systems. Members of Co-ops participating in the business operations at various levels are also consumers. However, studies on co-op from the viewpoints of both theoretical and empirical economic analyses, especially in corporate governance, are not sufficient.</p><p> Therefore, in this paper, we aim to clarify the role of Co-ops in the development of food system in Japan and their dynamics in quality-enhancing innovation empirically from the view of corporate governance. First, we present a new analytical framework for economic theory considering the service innovation in Co-ops and driving forces based on the synthesis of the theories of industrial organization and corporate governance. Next, we will empirically clarify the factors for development of the Co-ops based on financial data and a survey on the members' consciousness. Finally, we derive policy implications on the roles and tasks of Co-ops in the sustainable development of food system based on the analytical results.</p><p>JEL Classifications:Q10, M10</p>

    DOI: 10.2457/srs.49.199

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 日本における都市の持続的発展とクリエイティブ・クラス:──寛容性と多様性に着目して── 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章

    地域学研究   49 ( 2 )   231 - 252   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    <p> In recent years, various empirical studies based on the theory of creative class (CC) have been conducted around the world. However, research on the mechanism of CCs' residential distribution and its impacts on regional economic growth in Japanese major cities is scarce, especially from the viewpoints of gender disparity and culture diversity. Therefore, the purpose of this study was to clarify gender inequality in the CCs and the impacts of culture diversity on economic growth of cities in Japan using official statistical data. Specifically, structural equation modeling (SEM) analysis was introduced through constructing the indicators of amenity, tolerance, and job opportunity in addition to gender inequality. Policy implications for sustainable development of cities in Japan was also derived from the analytical results. </p><p>JEL Classifications:R1, J1</p>

    DOI: 10.2457/srs.49.231

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 農業の多面的機能とクリエイティブ・クラスに関する実証分析:──グローバル・シティ東京都と上海市を中心に── 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章

    地域学研究   50 ( 1 )   73 - 95   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    <p> The purpose of this research is to clarify the relationships between multi-functionality of urban agriculture (MFUA) as city amenities and creative classes (CCs) for Tokyo and Shanghai, the two global cities in Asia. Specifically, based on existing studies on creative classes (CC), multi-functionality of agriculture (MFA), social capital (SC) and social business (SB), we constructed a model showing that these factors contribute to the sustainability of global cities, and verified the model through the covariance structure model (SEM) analysis using the authors' original questionnaire survey targeting the residents in the two cities. In addition to creative classes based on traditional creative occupations, we also focused on CC based on Creative Thinking, their orientation toward multi-functionality of agriculture and the relationships with social capital, and how they engage in social business. </p><p> The following results were obtained from our analysis. First, the creative classes (both creative occupation and creative thinking) in Tokyo and Shanghai prefer multi-functionality of agriculture than non-CC (Hypothesis 1), such tendency is more strongly evident in Tokyo. Secondly, people who are creative thinking in both cities have a high level of social capital (Hypothesis 2), and strong willingness to participate in social businesses (Hypothesis 3). Based on the analytical results, we draw the implication that urban policies should facilitate CCs (both creative occupation and creative thinking) to actively participate in social businesses by making full use of the multi-functionality of agriculture to solve social problems in global cities.</p><p>JEL Classification:R11</p>

    DOI: 10.2457/srs.50.73

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study on the relationships between rural and agricultural development and human resource development in Russian Federation since 2000s 査読

    Baldanov, Andrey, Kiminami, Lily, Furuzawa, Shinichi

    Letters in Spatial and Resource Sciences   12 ( 2 )   87 - 100   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12076-019-00228-y

    Scopus

    researchmap

  • Impacts of multi-functionality of urban agriculture on the creative classes in global mega city: focusing on Shanghai in China 査読

    Kiminami, Lily, Furuzawa, Shinichi, Kiminami, Akira

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   3 ( 2 )   487 - 515   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s41685-019-00107-w

    Scopus

    researchmap

  • 起業家精神と起業環境が開業率に与える影響 : 都道府県データによる分析

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   71   9 - 16   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究は、日本の47都道府県のデータを用いた構造方程式モデリングにより、起業家精神と起業環境が新たな新規開業に与える影響を分析した。分析結果から以下の点が明らかになった。起業家精神は人口密度とブリッジング・ソーシャルキャピタルによって促進されるが、所得、失業率、およびボンディング・ソーシャルキャピタルによって抑制される。新規開業の促進に関しては、人口密度が大きなプラスの効果を持つが、失業率は地域的要因と個人的要因の相互作用によって複雑な影響を与える。ブリッジング・ソーシャルキャピタルはプラスの効果を持つが、ボンディング・ソーシャルキャピタルはマイナスの効果を持つ。さらに、性別や年齢は経済的および社会的要因として起業家精神に影響を与えるが、新規開業に対する間接効果は限られている。起業家精神は就業状態と関係しているため、新規開業の促進策は、就業状態の種類に応じて設計されるべきである。そして、女性や高齢者が事業活動に参加するための社会的条件を整備することが求められる。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/50911

  • クリエイティブ・クラスにおける文化的多様性とジェンダー格差 : 日本の主要都市を対象とした分析

    古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   71   17 - 26   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    経済発展の源泉であるイノベーションを創出する上で、創造性と多様性は不可欠な要素であり、クリエイティブ・クラス(Creative Class: CC)やクリエイティブ資本論にもとづく実証分析の蓄積が進んでいる。一方、人種や文化的な多様性がイノベーションに貢献するメカニズムに関する既存研究によれば、異文化コミュニケーションの障害を克服することができれば、外国人や移民の文化的な多様性から利益を引き出すことが可能であるとの結果が示されている。ところで、代表的な国際比較の結果によれば、日本のクリエイティブ指数については、技術面は高いものの、人材や寛容性が低いことが示されている。しかしながら、日本の都市レベルを対象とした実証分析は少ない。さらに、文化的多様性と寛容性に着目した経済学的研究はほとんどない。そこで、本研究は、日本の主要都市を対象に、寛容性の果たす役割に着目しつつ、CCの分布を規定する要因とそれらが地域の持続的発展に及ぼす影響を計量経済学的に明らかにすることを目的とする。具体的には、アメニティ、寛容性及び雇用機会に関する諸変数を構築した上で、共分散構造分析を用いて、CCの分布の規定要因を明らかにするとともに、地域経済に及ぼす影響を明らかにする。最後に、持続的な都市発展を実現するための望ましい都市政策のあり方を考察する。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010927595

  • Impacts of multi-functionality of urban agriculture on the CCs in Japan 査読

    Lily Kiminami, Akira Kiminami, Shinichi Furuzawa

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   2 ( 2 )   507 - 527   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s41685-018-0076-2

    Scopus

    researchmap

  • Changes in the international specialization of food manufacturing industry in East Asia 査読

    Shinichi Furuzawa, Lily Kiminami

    Asia-Pacific Journal of Regional Science   1 ( 2 )   359 - 378   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There has been a tremendous advance in the negotiations of international trade and investments to promote the development of world economy since 2000. However, studies on the changes in the international specialization along with the rapid growth of new emerging economies are insufficient, especially for food manufacturing industry. Therefore, the objectives of our study are to understand the actual situation of the international specialization of food manufacturing in East Asia and to clarify the mechanism of its change in the structures of trade since the 21st century. The following results are obtained from our empirical analysis. First, the patterns of international specialization in East Asia’s food manufacturing industry have been changed in two broad ways since 2000, one is corresponded by China for intra-industry trade and the other is corresponded by Japan, South Korea, and Taiwan for the inter-industry trade. Second, FDI from Japanese food manufacturing industry has the characteristics of horizontal direct investment (in one-way trade), and its effect of promoting international division of labor through intra-industry trade in East Asia is expected to be insignificant. Third, against the backdrop of its domestic economic growth, China’s food manufacturing industry is growing and its intra-industry trade is advancing with countries both inside and outside of East Asia. Based on the above analytical results, a policy implication is drawn for Japanese food manufacturing sector to realize a sustainable development by building a food system which is mutually complementary in international specialization through two-way trade with the countries in East Asia, particularly with China.

    DOI: 10.1007/s41685-017-0035-3

    Scopus

    researchmap

  • 食料品製造業の国際分業のダイナミックな変化

    古澤 慎一, 木南 莉莉, Furuzawa Shinichi, Kiminami Lily

    新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University   69   7 - 20   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    近年、世界の食料品製造業および経済全体の健全な発展を推し進めるために、国際的な貿易・投資交渉(TPP など)が進展している。一方、2000年代以降の中国のWTO への加盟、及び地域内外の新興国の急速な経済成長にともない、東アジアにおける食料品製造業の国際分業関係はダイナミックに変化している。本研究の目的は、地域間・国際間・産業間の貿易構造の分析を通じて、食料品製造業の国際分業の実態とその変化のメカニズムを明らかにすることである。また、上記の分析を踏まえて、日本の食料産業の持続的な発展に向けた政策的含意を導出する。There has been a tremendous advance in the negotiations of international trade and investments in order to promote the development of world economy since 2000. However, studies on the changes in the international specialization along with the rapid growth of new emerging economies are insufficient, especially for food manufacturing industry. Therefore, the objectives of our study are to understand the actual situation of the international specialization of food manufacturing and to clarify the mechanism of its change in the structures of trade since the 21st century. The following results are obtained from our empirical analysis.First, the patterns of international specialization in East Asia's food manufacturing industry have been changed in two broad ways since 2000, one is corresponded by China for intra-industry trade and the other is corresponded by Japan, South Korea and Taiwan for the inter-industry trade. Secondly, against the backdrop of its domestic economic growth, China's food manufacturing is growing and its intra-industry trade is advancing with countries both inside and outside of East Asia. Thirdly, the pattern of FDI from Japanese food manufacturing has given a negative impact on the international specialization in East Asia, with a strong characteristic of one-way trade, competitive-relations with other countries. Based on the above analytical results, a policy implication is drawn for Japanese food manufacturing sector to realize a sustainable development by building a food system which is mutually complementary in international specialization through two-way trade with the countries in East Asia, particularly with China.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Theoretical and Empirical Study on Regional and Local Innovation: Focusing on the Health-Related Industry Cluster in Niigata, Japan 査読

    Kiminami, Lily, Furuzawa, Shinichi

    Studies in Regional Science   44 ( 4 )   495 - 515   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SECTION OF THE REGIONAL SCIENCE ASSOCIATION INTERNATIONAL  

    In Japan, the society has undergone rapid aging and falling birthrates, and issues for solving problems of health and improving quality of life have become diversified and complicated. For realizing sustainability of regional development, the issues of innovative creation has become urgent along with the progress of globalization and tightening constraints on the environment and resources. <br>This study aimed to build a theoretical model for regional innovation based on the strategy of collaborative advantage and empirically clarify the policy issues for regional innovation focusing on the "health-related industry cluster" in Niigata Prefecture, Japan. More specifically, we clarified the situation of the "health-related industry cluster" and impacts of spatiality on knowledge flow in the regional innovation system based on interview surveys of intermediate organizations and questionnaires targeting the members of the cluster. Additionally, we identified the relationships between cognitive distance of inter-firms and innovation creation based on the analysis of annual security reports of three leading companies in the cluster using the TF-IDF (Term Frequency-Inverted Document Frequency) method. Finally, we draw policy implications for strategies of regional innovation based on the analytical results.<br><br>JEL Classification:O30, R58

    DOI: 10.2457/srs.44.495

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20011541613?from=CiNii

  • 中国のフードシステムの変化と東アジアへの影響

    木南 莉莉, 古澤 慎一, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi

    新潟大学農学部研究報告   67 ( 2 )   91 - 106   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    2001年の中国のWTO加盟は農業から食品製造業、流通業を経て消費者に至るフードシステム全体に様々な影響を与えている。そして、中国のフードシステムの変化は相互依存関係を深めているアジア諸国の農業や食品産業にも影響を及していると考えられる。本研究は、WTO加盟後の中国のフードシステムの変化に焦点を当て、その変化のメカニズムを明らかにすると同時に東アジアにおける食料を巡る相互依存関係のダイナミズムを明らかにする。It has been more than ten years since China's first accession to WTO. Its influence on the Chinese agriculture and on the whole food system of the country has drawn great attention among economists, analysts and policy makers. Moreover, its impact on the agriculture and food industry in the Asian countries which is expected have a mutual-dependence relation is also keen to be clarified. In this paper, we firstly analyzed the present situation of the food system in China and clarify its influence on the agriculture industry and the whole food system before and after its accession to WTO. Secondly, we analyzed the influence of China's accession to the WTO on the agriculture and food industry in the Asian region by using international input-output table. Finally, we have drawn policy implications on building international cooperative relations among Asian countries based on the above analysis.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 地域イノベーション戦略の実態と課題 : 新潟県「健康ビジネス連峰」を事例として

    木南 莉莉, 古澤 慎一, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi

    新潟大学農学部研究報告   67 ( 1 )   1 - 26   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究は、新潟県における健康ビジネス産業クラスターの成長期の実態を把握することを通じて地域イノベーション戦略の課題を明らかにすることが目的である。具体的には、有価証券報告書を基に企業間の認知的距離とイノベーションの関係を捉える。また、健康ビジネス協議会に対する聞き取り調査を基に知識フローの空間性が地域イノベーションに与える影響を明らかにする。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Analyses on the Factors Affecting Consumer's Consciousness Related to Aquatic Resources and Products

    木南 莉莉, 古澤 慎一

    新潟大学農学部研究報告   66 ( 2 )   71 - 84   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    日本では、寒流と暖流が交差する周辺海域に多様な海洋生物が生息し、漁獲・食用される魚介類の種類が豊富であることを背景に、魚介類がタンパク源として消費される長い歴史を有している。しかしながら、近年は魚介類の消費量の減少とともに特定魚種への集中化も進んでいる。一方、日本の近海において乱獲による良質な漁業資源の減少が魚介類の価格低迷の要因となり、漁業者の経営を悪化させることが懸念されている。持続可能な水産業の発展を実現させるためには、漁業資源の保護と健全な利用の両立が求められており、消費者側からの支えも重要であると考えられる。すなわち、制度の設計には新たな水産物需要の開発による消費拡大策も含む必要がある。そこで、本研究では、消費者の水産物に対する意識と行動、およびそれらに影響する要因を分析することを通じて持続可能な水産業の発展および水産物を巡るフードシステムの構築に資する政策課題を明らかにすることを目的とする。研究方法としては、産地と消費地(北陸3県と東京都)の消費者層を対象に、大規模なアンケート調査を実施し、そこから得られた結果に共分散構造分析を適用し、水産物に対する消費者の意識構造を明らかにした。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Dynamic changes in China’s food system 査読

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    Studies in Regional Science   44 ( 1 )   41 - 62   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2457/srs.44.41

    Scopus

    researchmap

  • 消費者の水産物に対する意識構造の要因分析 : 持続可能な水産物フードシステムの構築に向けて 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 桑原 考史, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi, Kuwabara Takashi

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2013   250 - 257   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 農業法人就業希望者の就業意識に関する研究 : 2011年度新・農業人フェアアンケート調査結果を基に

    永井 慧, 木南 莉莉, 古澤 慎一, Nagai Satoshi, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi

    新潟大学農学部研究報告   66 ( 1 )   25 - 32   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    近年、日本の農業部門では、就業人口の減少および高齢化が問題となっている一方で、農業法人における雇用就農者は増加傾向にあるものの、就業者の早期離職が問題となっている。すなわち、農業法人経営者側と就業者側の雇用のミスマッチが存在していると考えられる。しかし、農業部門の新規雇用拡大や農業法人におけるミスマッチを改善するためには、農業法人の経営側・就業者側の意識を把握するのみでなく、農業法人就業希望者の就業意識を把握し、効果的な人的資源管理施策を講じる必要がある。そこで本研究では、農業法人就業希望者を対象としたアンケート調査結果を用いて分析し、それらの意識の特徴を明らかにする。加えて中小企業・学生一般の就業意識との比較分析を行い、雇用のミスマッチ解消のための政策提言を行う。In this study, we analyzed the characteristics of consciousness of the job candidates to agricultural corporations based on the result of questionnaire survey from The Fair For New Farmers 2011. In addition, we carried out a comparative analysis about the consciousness of career intention among the job candidates to agricultural corporations, the employees of small and medium sized non-agricultural enterprises and the students in general. Finally, some policy implications were drawn for improving the problem of mismatch of employment in agricultural corporations.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 「戦略的地域農業開発」アプローチの課題 : 新潟県聖籠町を事例に

    木南 莉莉, 木南 章, 古澤 慎一, Kiminami Lily, Kiminami Akira, Furuzawa Shinichi

    新潟大学農学部研究報告   66 ( 1 )   33 - 47   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究の目的は、「魅力ある聖籠町の農業」に向けての方向性や方策を提示するため、新たに「戦略的地域農業開発」(StrategicDevelopment for Regional Agriculture)のアプローチを構築することである。具体的には、聖籠町の住民意識に対するアンケート調査の結果を利用し、テキストマイニングによるまちの魅力構造の分析を行い、構造方程式モデリング(Structural Equation Modeling)を用いて町農業の魅力形成要因と形成過程を明らかにする。最後に、聖籠町の農業を魅力的なものにするための方策を検討する。The purpose of this research is to introduce a new approach of Strategic Development for Regional Agriculture into the process of city (town) reinvention, specifically based on the result of the questionnaire to the consciousness of residents of Seiro Town (Seiro-machi) in Niigata Prefecture, Japan. The future course and the policy implication for realizing an attractive agriculture in the town through identifying the structure and causal relationship of attractiveness formation are clarified.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Study on the Possibility of Agriculture-Related Community Business in Niigata City

    古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章, 古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章

    新潟大学農学部研究報告   65 ( 2 )   107 - 122   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    Purpose of this study is to reconsider the issue of regional planning from the perspective of a new relationship between multi-functionality of agriculture and community-based business. The following three aspects are clarified using the questionnaire survey intended for the residents in Niigata City, Japan. First, the causal relationship between urbanization and the residents' quality of life is analyzed. Secondarily, the determinants of overall evaluation of urban residents on the agriculture and farmland are clarified. Thirdly, the determinative factors of residents'intention to community-based business are clarified.本稿の目的は、住民参加によるまちづくりの実現と農業の多面的機能ならびにコミュニティ・ビジネスの関係を明らかにすることである。そのために、まず、新潟市の住民に対するアンケート調査結果のクロス集計分析を通じて、都市化と生活の質に対する評価、地域資源や地域活動、農業・農地に対する評価の関係について考察を行う。次に、農業・農地の評価の決定要因を明らかにする。そして、住民の多様化したニーズを満たしつつ、地域資源を活かした住民参加によるまちづくりの方策の一つとして注目されているコミュニティ・ビジネスの推進意向の決定要因を明らかにする。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Knowledge creation through international cooperation in agriculture 査読

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    Studies in Regional Science   43 ( 1 )   79 - 87   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Section of the Regional Science Association International  

    This paper intends to examine how the social environment has changed in international agricultural cooperation from the viewpoint of international food system theory. Subsequently the "knowledge creation theory", which has made significant progress in the field of economics, and the life cycle theory are integrated based on the theoretical foundation in industrial cluster theory to explore the possibilities and issues in knowledge creation (including development of human resources) in international cooperation in agriculture. It concluded that the significance of international agricultural cooperation lies in the creation of new knowledge by each researcher and institution through cooperation, and the significance of that cooperation becomes evident when agricultural issues are solved through innovation as a result of knowledge creation. Furthermore, if international cooperation in agriculture aspires to attain the situation where relevant entities such as universities and research institutions cooperate and compete globally, then an innovation induction principle in global "industrial clusters" which bear a similar relationship, or the knowledge creation framework based on the principle of cooperation supremacy, will be effective. Hence this paper would like to look at the direction of research in international agricultural cooperation as an issue of "knowledge governance" in addition to knowledge supply in knowledge creation.

    DOI: 10.2457/srs.43.79

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 農業関連コミュニティ・ビジネスの可能性に関する分析:新潟市における住民の意識調査を通じて 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉, 木南 章

    地域学研究   42 ( 2 )   317 - 336   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.42.317

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 農業法人における人的資源管理の課題 : 従業員離職率に関する分析 査読

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一

    農業経営研究   49 ( 1 )   13 - 21   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経営学会  

    For making competitive and sustainable farm businesses, it is necessary to continuously acquire new laborers and to develop their capabilities through effective human resource management (HRM). However, Japanese agriculture is facing a shrinking and aging labor force and a decrease in the number of new farmers. However, the number of employed farmers, such as employees in agricultural corporations, is increasing, and many of these employed farmers are relatively young and from non-farm households. Therefore, strategies to keep newly employed farmers in the agricultural sector are necessary in order to solve labor problems. In addition, the mechanisms of facilitating human resources that increases the competitiveness of Japanese agriculture and make it sustainable need to be clarified as well. Nevertheless, human resource development in this context means not only having employees engaged in farming, but also finding ways to develop their individual capabilities, and helping them become farm managers through training and experience.<br/>     This study sets the following three research objectives in order to clarify the problem of HRM using a questionnaire survey conducted by the National Chamber of Agriculture.<br/>     First, we statistically clarify the characteristics of employees and the HRM of agricultural corporations. Secondarily, we estimate a model which explains the relationship between employees turnover rate and the HRM of agricultural corporations. Thirdly, we derive some policy implications. The following major findings were obtained.<br/>     Although the improvement of HRM has the potential to decrease employee turnover rates in agricultural corporations, the existing HRM in agricultural corporations in Japan is effective in terms of the government-dependent acquisition of employees and the training of employees to do simple tasks. HRM is less effective in providing training so that employees are capable of working at management positions and taking on diverse kinds of work. Therefore in order to increase the competitiveness of the Japanese agricultural sector and make it sustainable, a priority should be placed in HRM on training managers as well as on bestowing diverse skills.

    DOI: 10.11300/fmsj.49.1_13

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 新潟県における環境保全型農法導入の要因と効果--「農地・水・環境保全向上対策」を通じて

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    新潟大学農学部研究報告   63 ( 2 )   41 - 53   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学農学部  

    本研究の目的は、新潟県における環境保全型農法の導入による経済的な収益性と環境保全の効果、および農法普及の空間的な波及効果を明らかにすることである。分析の結果として、環境保全型農法による経営改善の効果がマーケティング努力や学習経験によるだけでなく、取組みの主体性(取組みの動機)や経営組織の形態にも影響されることが明らかになった。また、農法普及の空間的な波及効果が集落営農組織などの地域一体型の農業経営組織において大きくなる傾向が確認された。The purpose of the present study is to clarify an economical profitability and an environmental preservation effect andthe spatial effect of technology diffusion by the introduction of the environment-friendly farming in Niigata Prefecture.As a result of the analysis, it is clarified that the effect of the improved management of the environment-friendly farmingdepends not only on the marketing effort and the learning experience but also on the subjectivity of the approach (motives ofpractices) and the forms of the management organization. Moreover, the tendency that a spatial effect of technology diffusionexpands in a regional farming system such as the community farming organizations was confirmed.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 食料サブ・クラスターのネットワーク構造の分析:新潟県「健康ビジネス連峰」を事例として 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章

    地域学研究   41 ( 4 )   1055 - 1074   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.41.1055

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 中国の都市貧困者の食料安全保障に関する研究 : 寧夏回族自治区銀川市を事例として 査読

    市川 聖, 古澤 慎一, 木南 莉莉

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2010   578 - 585   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会 ; 東京  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Research on an International Marketing Strategy for Japanese Rice 査読

    Kiminami,Lily, Kiminami,Akira, Furuzawa,Shinichi

    Journal of Agricultural Science and Technology   4 ( 1 )   8 - 20   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Residents' Participation in Common-pool Resources and Accumulation of Social Capital

    Furuzawa,Shinichi, Kiminami,Lily

    Proceedings of the 3rd International Symposium of Faculty of Agriculture, Niigata University (Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment in Asia)   45 - 52   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 新潟県における共有資源の管理活動に関する政策的一考察 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    地域学研究   40 ( 1 )   173 - 187   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.40.173

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 食品関連産業における事業連携の実態に関する分析:新潟県と中国黒龍江省の国際比較 査読

    木南 莉莉, 木南 章, 古澤 慎一, 中村 俊彦, 朱永 浩

    地域学研究   40 ( 2 )   449 - 471   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.40.449

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 農村共有資源の共同管理とソーシャル・キャピタルに関する研究 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    農村計画学会誌 = Journal of Rural Planning Association   28 ( 3 )   121 - 127   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:農村計画学会  

    Purposes of this study are to clarify 1) the determinant factors of residents' participation for collective management of rural common-pool resources considering the subjective evaluation by the reもidents and 2) the effect of residents'participation behavior on the accumulation of social capital. Analyzing the piece vote data of the queFtionnaire survey about the conservation policy of land, water and environment in Niigata prefecture, it is clarified that the determinant factors of residents- participation are the residents evaluation on the multi-functionality of agriculture, intention for the type of social capital and personal attribute, and residents'evaluation on tlle effect of the conservation policy on social capital accumulation increases as the level of residents' participation increases.

    DOI: 10.2750/arp.28.121

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 中国における消費者の日本産米の購買行動 査読

    木南 莉莉, 古澤 慎一, 木南 章, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi, Kiminami Akira

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2009   279 - 286   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • ブランド米の価格形成要因に関する分析 査読

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一, Kiminami Akira, Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2009   182 - 188   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 農村共有資源の管理に関する分析 : 農業の多面的機能を考慮した分析枠組みの適用 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2009   409 - 416   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Collective Activities for the Management of Rural Common-Pool Resources: A Case Study of Irrigation System from Niigata Prefecture, Japan 査読

    Furuzawa,S, Kiminami,L, Kiminami,A

    Contributed Paper for the IAAE 2009 (The XXVII International Conference of Agricultural Economists)   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    researchmap

  • 都市開発と都市機能に対する地域住民の意識構造:&mdash;&mdash; 新潟市における事例分析 &mdash;&mdash; 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    地域学研究   39 ( 3 )   783 - 797   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.39.783

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • Perception Formation of Farm Households about Land Improvement Projects : A Case Study from Nishi-Kanbara, Niigata Prefecture, Japan

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    新潟大学農学部研究報告   59 ( 2 )   72 - 81   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟大学  

    近年、農村の混住化などに伴い、土地改良事業の効果については、農業生産以外の国土保全・防災・親水環境の改善などの多面的機能の発揮が要求されるようになってきている。また、事業の策定・実施や維持管理については、土地改良施設の老朽化や農家の維持管理能力の低下が重要な課題とされている。そのため、非農家を含めた地域住民の参加の促進が土地改良事業の計画・実施において必要とされており、事業をめぐるステークホルダーの多様化が生じてきている。ところで、土地改良における地域住民間の合意形成は、農家と非農家間だけの問題ではない。事業主体である農家間においても、意識や利害の相違がみられる場合には、合意形成が困難になると予想される。そこで、本稿では、土地改良事業に対する農家の意識構造を明らかにし、実効性のある計画策定・実施のための政策的含意を提示することを試みる。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 都市計画に対する地域住民の意識構造:新・新潟市都市計画マスタープランを事例に 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    地域学研究   37 ( 4 )   1109 - 1126   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.37.1109

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 新潟県市町村別パネルデータによる土地改良の経済効果に関する分析 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2005   97 - 104   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会 ; 東京  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 土地改良事業に関する農家の意識構造と事業選択:新潟県における実証的研究 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    地域学研究   36 ( 4 )   839 - 852   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本地域学会  

    DOI: 10.2457/srs.36.839

    Scopus

    CiNii Article

    researchmap

  • 地域住民の意識構造と農村整備 : 西蒲原地域における分析 査読

    古澤 慎一, 木南 莉莉

    農業経済研究. 別冊, 日本農業経済学会論文集   2004   302 - 307   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本農業経済学会 ; 東京  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Impacts of Residents' Consciousness on the Direction of Rural Infrastructure Improvement : A Case Study from Nishi-Kanbara

    木南 莉莉, 古澤 慎一

    新潟大学農学部研究報告   57 ( 1 )   1 - 8   2004年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:新潟大学  

    Improvement of rural infrastructure has great effects on rural socio-economy. The effects of the improvement of land and rural infrastructure have extent to not only agricultural sector but also non agricultural sector. This also means that there are a number of stakeholders on improvement of rural infrastructure. However, among the residents, there are discrepancies in the interests and sense of values about the land improvement and rural infrastructure improvement not only between farmers and non-farmers but also among farmers that makes the consensus sometimes difficult to reach. Most of the conventional economical researches on land improvement and rural infrastructure improvement that have been conducted so far were based on the approach from the agricultural production aspects; however, the participation of local residents including non-farmers as well as the approach from the aspects other than agricultural production is becoming increasingly important. Therefore, this research attempts to factually clarify the structure of the local residents' consciousness on the improvement of land and rural infrastructure and the formation of such awareness.農業農村整備事業の効果は農村の社会経済に大きく影響を与えおり、その効果は農業部門だけではなく農村部門にまで及んでいる。この事は同時に農業農村整備事業においては様々なステークホールダーが存在することを意味している。しかしながら、農業農村整備事業に関して、農家と非農家の間だけではなく、農家の間でも利害や価値観に相違がみられ、合意形成が容易ではない。ところで、これまでの農業農村整備事業に関する経済学的研究は、農業生産の側面からのアプローチが中心であった。しかしながら近年において、非農家住民を含めた地域住民の参加が益々重要となり、農業生産以外の側面からのアプローチが必要となってきている。そこで、本研究では地域住民の意識形成及びそれが農業農村整備事業の方向性に与える影響を明らかにすることを目的とする。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Social Entrepreneurship, Social Business and the Multi-functionality of Urban Agriculture: Mixed Methods Research on Japan and China. Springer Briefs in Economics

    Kiminami, Lily, Furuzawa, Shinichi, Kiminami, Akira( 担当: 共著)

    Springer  2022年4月  ( ISBN:9811917612

     詳細を見る

  • Agriculture and rural development in Russia since the 2000s : focusing on human capital

    Baldanov, Andrey, Kiminami, Lily, Furuzawa, Shinichi

    Springer  2020年  ( ISBN:9789811546648

     詳細を見る

    総ページ数:xiii, 55 p.   記述言語:英語

    CiNii Books

    researchmap

  • Food Security and Industrial Clustering in Northeast Asia (New Frontiers in Regional Science: Asian Perspectives 6)Lily KIMINAMI, Toshihiko NAKAMURA (eds)

    Lily KIMINAMI, Shinichi FURUZAWA( 担当: 分担執筆 ,  範囲: “Ch.9 Food and Health-Related Industrial Clustering in Niigata Prefecture” (pp.111-127))

    Springer  2015年9月 

     詳細を見る

  • 地域科学50年の歩みと展望(日本地域学会編)

    木南莉莉, 木南章, 古澤慎一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「第13章 農業・農村開発」pp.409-428)

    2012年9月 

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Perception and Behavior of Residents towards Community Gardens and Satisfaction of Local Life: Empirical analysis on the case of Shanghai, China 国際会議

    Yingjie Ge, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    7th International Symposium on Strategies for Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment (Niigata University, Online)  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Analysis of Factors Affecting Consumer Behavior toward Food Waste Reduction in Japan: Focusing on the same generation as students 国際会議

    Masashi Hirota, Shinicihi Furuzawa, Lily Kiminami

    7th International Symposium on Strategies for Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment (Niigata University, Online)  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • Socio-cultural Changes through Entrepreneurship towards Sustainable Regional Development: Case studies from a hoar region of Bangladesh 国際会議

    Sohel Rana, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    7th International Symposium on Strategies for Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment (Niigata University, Online)  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formation Factors and Effects of Inter-organizational Network in Social Enterprises in Japan: Focusing on two regions under the early diffusion phase 国際会議

    Shinicihi Furuzawa, Lily Kiminami, Akira Kiminami

    7th International Symposium on Strategies for Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment (Niigata University, Online)  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sustainable Development of Urban Agriculture in Japan: Creating shared value (CSV) with residents 国際会議

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    7th International Symposium on Strategies for Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment (Niigata University, Online)  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本の食品産業における認知的革新とフードシステムの持続的発展:食料品製造業を主な対象として

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会第58回年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市農業による共有価値の創造:日本農業における社会的起業家精神を焦点に

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ポストハーベストロスに対するステークホルダーの認知と行動に関する研究:市場創造型イノベーション戦略へのアプローチ

    齊藤光佑, 木南莉莉, 古澤慎一

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本農業における新規開業と起業家精神

    木南章, 木南莉莉, 古澤慎一

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 観光業のパフォーマンスに影響する要因の分析:食を含む観光資源の影響に着目して

    侯博偉, 古澤慎一, 木南莉莉

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市の屋上農園の多面的機能に関する研究: 東京都を中心として

    李靖儀, 木南莉莉, 古澤慎一

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市の持続的発展に向けた社会的起業家精神と革新的な農業ビジネスに関する分析:中国の上海市を対象に

    葛英傑, 木南莉莉, 古澤慎一

    第58回日本地域学会年次大会, 高知大学(オンライン開催)  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 食品廃棄物削減行動に影響を与える要因の分析-主に学生と同世代の消費者の認知・行動に着目して-

    廣田昌史, 古澤慎一, 木南莉莉

    2021年度日本農業経営学会年次大会, 鹿児島大学(オンライン開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Creating Shared Value for Sustainable Development: Empirical study on social entrepreneurship in Japan's urban agriculture 国際会議

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    The 17th Pacific Regional Science Conference Organization Summer Institute (Vietnam, Online)  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Role of Entrepreneurship in Regional Development in A Haor Region of Bangladesh: A Trajectory Equifinality Model Analysis on Local Entrepreneurs 国際会議

    Sohel Rana, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    The 17th Pacific Regional Science Conference Organization Summer Institute (Vietnam, Online)  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Effects of Inter-Organizational Network on Social Enterprises: Analysis at organizational level in Japan 国際会議

    Furuzawa\\, Shinichi, Kiminami\\, Lily, Kiminami\\, Akira

    13th World Congress of the RSAI  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Community Gardens and Urban Residents' Quality of Life (QOL): A case study from Shanghai, China 国際会議

    Yingjie Ge, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    13th World Congress of the RSAI (Virtual Conference)  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Determinants of New Firm Formation in Japan: New methods for the analysis of entrepreneurship 国際会議

    Akira Kiminami, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    13th World Congress of the RSAI (Virtual Conference)  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on the Issues of Innovation in Japan's Rice Industry: Focusing on the strategy of market-creating innovation 国際会議

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    13th World Congress of the RSAI (Virtual Conference)  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Cognitive Innovation and Sustainable Development: Focusing on the Food Manufacturing in Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Shinichi, Furuzawa, Lily Kiminami

    The 17th Pacific Regional Science Conference Organization Summer Institute (Vietnam, Online)  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市住民の生活の質(QOL)とコミュニティガーデン−中国上海市を事例に—

    葛英傑, 木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • Social Innovation for Women’s Empowerment in Disaster Risk Governance: Focusing on CIG in a Haor Region of Bangladesh

    Sohel Rana, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 新規開業における起業家精神に関するパネルデータ分析

    木南章, 木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • コメ政策の変革と市場創造型イノベーション

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 社会的企業における組織間のネットワークの影響に関する研究:日本における組織レベルの分析

    古澤慎一, 木南莉莉, 木南章

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

  • 農業法人における従業員の多様性に関する研究—戦略的人的資源管理(SHRM)からのアプローチ—

    池田健人, 木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 地域の食品産業におけるイノベーションの可能性と課題に関する研究

    百合岡雅博, 木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会第57回年次大会, 東洋大学(オンライン開催)  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    researchmap

  • 中国における近年の食料消費行動の変化:米のブランドが価格形成に与える影響

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    第56回日本地域学会年次大会(久留米大学)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本における社会的企業の革新性に関する分析:新規開業企業を対象として

    古澤慎一, 木南莉莉, 木南章

    第56回日本地域学会年次大会(久留米大学)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 農業経営における起業家精神の規定要因に関する研究:消費者への直接販売事業に焦点を当てて

    木南章, 木南莉莉, 古澤慎一

    第56回日本地域学会年次大会(久留米大学)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Disaster Risk Management (DRM) in a Haor Area of Bangladesh: Focusing on the Household Level

    Rana\, Sohel, Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    第56回日本地域学会年次大会(久留米大学)  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Impacts of Multi-functionality of Urban Agriculture on the Creative Classes in Japan: Focusing on Niigata City 国際会議

    Kiminami Lily, Furuzawa Shinichi, Kiminami Akira

    59th Congress of ERSA (The University of Lyon)  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Socio-Economic Factors Affecting the Innovativeness of Start-ups in Japan: Comparative Analysis between Social Enterprises and Commercial Enterprises 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily, Kiminami\, Akira

    59th Congress of ERSA  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Determinant Factors of On-farm Processing in Japanese Farm Business: Focusing on Regional Differences in Natural and Socioeconomic Conditions and Entrepreneurship 国際会議

    Kiminami\, Akira, Kiminami\, Lily, Kiminami\, Akira

    59th Congress of ERSA  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Regional Dimensions of Agricultural Development and Human Resource Development in Russia Since 2010

    Baldanov\, Andrey, Kiminami Lily, Furuzawa\, Shinichi

    2019年度 日本農業経済学会大会(東京大学)  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本における都市の持続的発展とクリエイティブ・クラス:寛容性に着目して

    古澤慎一, 木南莉莉, 木南章

    第55回日本地域学会年次大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本における新規開業率の要因分析:企業環境と起業家精神を中心として

    木南章, 木南莉莉, 古澤慎一

    第55回日本地域学会年次大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • グローバル都市における農業の多面的機能とクリエイティブ・クラスー東京都と上海市を中心にー

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    第55回日本地域学会年次大会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Efficiency of Agriculture and Diversity of Rural Economy in the Siberian Federal District of the Russian Federation : Focusing on the Role of Human Resources Development 国際会議

    Andrey BALDANOV, Lily KIMINAMI, Shinichi FURUZAWA

    The 12th World Congress of the RSAI, Proceedings (ISBN 978-989-54216-0-2), pp.1349-1360  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on the Determinants of Creative Classes and Its impacts on Regional Economic Growth: Case study from Major Cities in Japan 国際会議

    Shinicihi Furuzawa, Lily Kiminami, Akira Kiminami

    The 12th World Congress of the RSAI, Proceedings (ISBN 978-989-54216-0-2), pp.677-685  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on Entrepreneurship and Social Capital as Determinants of New Firm Formation in Japan 国際会議

    Akira Kiminami, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    The 12th World Congress of the RSAI, Proceedings (ISBN 978-989-54216-0-2), pp.1833-1839  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Impacts of Multi-functionality of Urban Agriculture on the Creative Classes in Global Mega Cities : Focusing on the cities of Shanghai and Tokyo 国際会議

    Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa, Akira Kiminami

    The 12th World Congress of the RSAI, Proceedings (ISBN 978-989-54216-0-2), pp.1149-1160  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on the Human Resource Management of Agro-food Industry in Russian Federation: Focusing on the Siberian Federal District

    Andrey Baldanov, Lily Kiminami, Shinichi Furuzawa

    日本地域学会第54回年次大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 日本における生活協同組合に関する研究:コーポレート・ガバナンスの視点から

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会第54回年次大会  2017年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Consumer Cooperatives and Quality-Enhancing Innovation of Food in Japan 国際会議

    Shinichi Furuzawa, Lily Kiminami

    The 25th Pacific Conference of the RSAI  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Changes in the International Specialization of Food Manufacturing Industry in East Asia 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    The 14th Pacific Regional Science Conference Organization Summer Institute  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 社会的企業の革新性に影響する諸要因に関する分析:日本における新規開業企業を対象として

    古澤慎一

    日本地域学会第52回年次大会  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Exploratory analysis on the characteristics of the rural social entrepreneurship in Japan 国際会議

    Shinichi Furuzawa

    7th International Social Innovation Research Conference  2015年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土地改良区の重層的ガバナンスに関する定量的分析-主に維持管理と財務に着目して-

    古澤慎一

    日本農業経済学会年次大会  2015年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 社会的企業における組織間のネットワークに関する分析

    古澤慎一

    日本地域学会年次大会  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Analysis on the Inter-organizational Network for the Development of Rural Social Enterprises in Japan 国際会議

    Shinichi Furuzawa

    6th International Social Innovation Research Conference  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地域イノベーション政策の実態と課題-新潟県「健康ビジネス連峰」を事例として-

    木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会年次大会  2013年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Dynamic Changes in China's Food System: Their Global Implication on Food Security and Food Safety 国際会議

    Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    APEA 9th Annual Conference 2013  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on the consciousness of career intention of the job candidates to agricultural corporation in Japan 国際会議

    Nagai\, Satoshi, Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    The 23rd Pacific Conference of the Regional Science Association International (RSAI)  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Analyses on the Factors Affecting Consumer's Consciousness Related to Aquatic Resources and Products 国際会議

    Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    The 23rd Pacific Conference of the Regional Science Association International (RSAI)  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 水産物に対する消費者意識の形成過程に関する分析-IQ制度導入下におけるホッコクアカエビのブランド化に向けての課題-

    木南莉莉, 古澤慎一, 桑原考史

    日本農業経済学会年次大会  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Dynamic Changes in China's Food System and Its Global Implication

    木南莉莉, 古澤慎一

    日本地域学会年次大会  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Study on the Possibility of Agriculture-Related Community Business in Niigata City 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    The 4th Asian Conference on Modern Agriculture and Rural Economic Development  2012年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 事業連携政策の経済分析-産業クラスターの形成に向けて-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会年次大会  2011年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Theoretical and Policy Examinations Concerning industrial Cluster in Japan 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    ERSA 2011 Congress (European Congress of the Regional Science Association)  2011年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Agri-environmental Policy in Japan: Factors and Effects of Introduction of Environment-friendly Farming in Niigata Prefecture 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    The 22nd PRSCO 2011(Pacific Regional Science Conference Organization)  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Potential and Issues in International Agriculture Cooperation 国際会議

    Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    The 22nd PRSCO 2011(Pacific Regional Science Conference Organization)  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Theoretical and Policy Examinations Concerning industrial Cluster in Japan

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    The Agricultural Economic Society of Japan  2011年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 協調優位戦略に基づく持続可能な地域発展,

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    日本地域学会年次大会  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 生活の質と地域振興に関する実証分析-都市と農村の新たな関係に着目して-

    古澤慎一, 木南莉莉, 木南章

    日本地域学会年次大会  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Formation of International Food Industrial Cluster: Possibilities and Challenges for Northeast Asia 国際会議

    Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Akira

    ERSA 2010 Congress (European Congress of the Regional Science Association)  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Regional Development and Quality of Life: Perspective of New Relationship between Urban and Rural Areas 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily, Kiminami\, Akira

    ERSA 2010 Congress (European Congress of the Regional Science Association)  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Sustainability and Competitiveness of Japanese Agricultural Sector: From the Aspect of Human Resource Management 国際会議

    Kiminami\, Akira, Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi

    ERSA 2010 Congress (European Congress of the Regional Science Association  2010年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • International Food Clusters in Northeast Asia 国際会議

    Kiminami\, Lily, Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Akira

    The 11th PRSCO(Pacific Regional Science Conference Organization) Summer Institute  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中国の都市貧困者の食料安全保障に関する研究-寧夏回族自治区銀川市を事例として-

    市川聖, 古澤慎一, 木南莉莉

    日本農業経済学会年次大会  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 農村地域における住民の生活の質(QOL)に関する研究-農業の多面的機能,共有資源の共同管理,ソーシャル・キャピタル-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会年次大会  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Residents' Participation in Common-pool Resources and Accumulation of Social Capital 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Lily

    The 3rd International Symposium of Faculty of Agriculture, Niigata University (Sustainability in Food Production, Agriculture and the Environment in Asia)  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Collective Activities for the Management of Rural Common-Pool Resources: A Case Study of Irrigation System from Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Furuzawa\,Shinichi, Kiminami\,Lily, Kiminami\,Akira

    IAAE 2009 (The XXVII International Conference of Agricultural Economists)  2009年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Common-Pool Resources and Externality of Agricultural Irrigation Systems: Focusing on Accumulation of Social Capital 国際会議

    Furuzawa\,Shinichi, Kiminami\,Lily

    The 21st PRSCO (Pacific Regional Science Conference Organization)  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Research on an International Marketing Strategy for Japanese Rice 国際会議

    Kiminami\,Lily, Kiminami\,Akira, Furuzawa\,Shinichi

    The 21st PRSCO (Pacific Regional Science Conference Organization)  2009年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ブランド米の価格形成要因に関する分析

    木南章, 木南莉莉, 古澤慎一

    日本農業経済学会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 中国における消費者の日本産米の購買行動

    木南莉莉, 古澤慎一, 木南章

    日本農業経済学会年次大会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 農村共有資源の管理に関する分析-農業の多面的機能を考慮した分析枠組みの適用-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本農業経済学会年次大会  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 共有資源の管理システムに関する実証分析

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本応用経済学会年次大会  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Management of Common-Pool Resources and Collective Activities: Case Study from Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Kiminami\,Lily Y, Furuzawa\, Shinichi, Kiminami\, Akira

    8th RSAI(Regional Science Association International) World Congress 2008  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市開発と都市機能に対する地域住民の意識構造-新潟市における事例分析-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会年次大会  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Intra and Inter Generation Gaps of Residents' Consciousness about Urban Development: A Case Study from Niigata City, Japan 国際会議

    Furuzawa\,Shinichi, Kiminami, Lily Y

    The 20th PRSCO(Pacific Regional Science Conference Organization)  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • An Empirical Study on the Conflicts and Consensus Building among Residents in Urban Planning 国際会議

    Furuzawa\, Shinichi, Kiminami Lily Y

    All China Economics International Conference  2006年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 都市計画に対する地域住民の意識構造―新・新潟市都市計画マスタープランを事例に―

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会年次大会  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Perception Formation of Farm Households about Land Improvement Projects: A Case Study from Nishi-Kanbara, Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Furuzawa\,Shinichi, Kiminami\,Lily Y

    The 9th PRSCO(Pacific Regional Science Conference Organization) Summuer Institute  2006年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 土地改良事業の経済効果評価と地域における合意形成の課題-新潟県における実証的研究-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本地域学会年次大会  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 新潟県市町村別パネルデータによる土地改良の経済効果に関する分析

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本農業経済学会年次大会  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • Socioeconomic Effects of Rural Infrastructure Improvement: Case Study in Niigata Prefecture, Japan 国際会議

    Kiminami\,Lily Y, Furuzawa\,Shinichi, Kiminami\,Akira

    World Conference of Regional Science Association International  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 地域住民の意識構造と農村整備-西蒲原地域における分析-

    古澤慎一, 木南莉莉

    日本農業経済学会年次大会  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 日本地域学会奨励賞

    2012年10月   日本地域学会  

    古澤慎一

     詳細を見る

  • 国際農業経済学会(IAAE2009)日本支部(JB)賞

    2009年10月   日本農業経済学会  

    古澤慎一

     詳細を見る

  • 日本地域学会 第1回優秀発表賞(第45回日本地域学会年次大会)

    2008年12月   日本地域学会  

    古澤慎一

     詳細を見る

  • 日本地域学会学位論文賞(修士)

    2007年10月   日本地域学会  

    古澤慎一

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • サステイナブルな農業・食料システムに資する社会的企業のイノベーションの分析

    研究課題/領域番号:20K12280  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    古澤 慎一

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究の目的は、農業・食料システムにおける社会的企業のイノベーションの創出メカニズムとその影響を明らかにすることである。
    まず、「課題I. 社会経済条件の量的分析」については、国内の食品製造業の上場企業を主な対象として、経営戦略と認知革新の実態を把握する研究を進めた。Kiminami and Furuzawa(2015)の企業の認知的革新モデルを援用し、まずは新潟県内の食料品製造業の上場企業の有価証券報告書に対して経営パフォーマンスの分析及びテキストマイニング(共起ネットワーク分析)を導入し、予備的分析を行った。その結果、有価証券報告書のテキストデータを用いた共起ネットワークの分析結果からは、2010年以降に一部の企業では組織学習を通じて知識構造の変化と認知的革新を実現し、経営パフォーマンスを高めていることが示唆された。また、国内全体の食料品製造業の上場企業データの収集・整理を進めるとともに、企業価値評価とESG投資の視点を加えた分析の準備を進めた。
    次に、「課題Ⅱ.社会的企業のイノベーションの質的分析」については、新潟県と愛知県を対象に、社会的企業の組織間ネットワークの分析を通じて、社会的イノベーションのメカニズムを分析した。具体的には、社会的企業の組織間ネットワークに関する共分散構造分析を通じて、 社会的企業の組織属性や事業領域がネットワークの形成内容に影響を及ぼし(仮説1)、 多様性かつ協働型のネットワーク形成が関連主体との共感や社会的企業との連携を促している(仮説2)ことを明らかにした。さらに、両地域における中間支援組織のケーススタディを通じて、社会的起業および社会的企業の組織間ネットワークの構造・機能に影響を及ぼし、社会的イノベーションの誘発を促進している(仮説3)ことを明らかにした。以上の成果を踏まえつつ、先端的な事例の資料収集を行いつつ、質的分析の準備を進めた。

    researchmap

  • 農業農村における起業家精神の構造と発現プロセスに関する総合分析

    研究課題/領域番号:20H03089  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    木南 章, 木南 莉莉, 古澤 慎一

      詳細を見る

    配分額:8190000円 ( 直接経費:6300000円 、 間接経費:1890000円 )

    researchmap

  • 農村における社会的起業家精神に関する比較研究

    2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金(若手研究B) 

    古澤慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 社会的イノベーション誘発型の農村ガバナンスに関する比較実証分析

    2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金(若手研究B) 

    古澤慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ステークホルダーの参加によるトキの生息地保全と持続可能な地域環境資源の管理

    2010年

    新潟大学超域朱鷺プロジェクト・平成22年度研究"スタートアップ"支援 

    木南莉莉, 古澤慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    researchmap

  • 農業の多面的機能と土地利用計画:都市のQOLに関する開発経済学的アプローチ

    2008年4月 - 2010年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金(特別研究員奨励費) 

    古澤慎一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示

その他研究活動

  • ゼミ・卒論指導テーマ(2013〜2017年度)

    2013年
    -
    2017年

     詳細を見る

    【文化資源を活用した観光の現状と課題:新潟県の「豪農の館」を事例として(2017年度)】
    【地域資源としての伝統野菜の生産・販売の現場と課題:紅大豆に対する消費者の意識を中心として(2017年度)】
    【地ビールメーカーの経営戦略の実態:新潟の地ビールを例に(2017年度)】
    【新潟県における学校給食への米粉食品導入の現状と課題:小学生への米粉認識度調査を中心として(2017年度)】
    【新潟県における六次産業化の現状と課題:直売所(あるるん畑)を事例として(2016年度)】
    【フードバンクの現状と可能性:FB北関東とFB山梨を事例として(2016年度)】
    【味覚を養う地域連携型食育の現状と課題:新潟市を対象として(2015年度)】
    【農産物の地域ブランド化の取組みと課題:新潟県羽茂地区のおけさ柿を対象として(2015年度)】
    【B級グルメを通じた持続可能な地域おこし:糸魚川市を事例として(2014年度)】
    【大学生の健康・美意識と食生活の実態について:新潟大学生を対象として(2013年度)】
    【新潟市沼垂における地域の食品を生かしたまちづくりの可能性:活動主体の協働関係に着目して(2013年度)】

    researchmap

  • ゼミ・卒論指導テーマ(2018年度〜)

     詳細を見る

    【日本における果物消費の停滞要因と消費拡大の方策(2021年度)】
    【消費者の食品廃棄削減意識行動と食品小売業の取り組み(2021年度)】
    【環境保全型農業の地域的導入の可能性と経済効果:新潟県佐渡市を対象として(2021年度)】
    【地域ブランド化への取り組みと新規就農者の育成~新潟県の津南の雪下にんじんと大口れんこんを事例として~(2021年度)】
    【地方移住の実態と支援策:新潟県湯沢町を対象に(2020年度)】
    【食品ロス削減意識・行動と食に関する主観的QOLの関係-大学生を対象として-(2020年度)】
    【地元住民のガイドと観光客の再来訪に関する意識調査:産業遺産 冨岡製糸場を事例に(2020年度)】
    【業務用米の契約取引における実態と課題~新潟県を対象として~(2020年度)】
    【こども食堂と企業連携-食品・食材の確保の視点から-(2020年度)】
    【長芋産地における輸出取組の現状と課題—十勝地方を対象としてー(2020年度)】
    【農家民泊・農家民宿の運営実態に関する研究-新潟県における先進的な協議会の会員に着目して-(2019年度)】
    【新潟市における設置者と運営者が異なる市民農園の利用実態-利用者の交流活動に着目して-(2018年度)】
    【遺伝子組み換え表示に関する研究-消費者・事業者から見る安心形成の問題点-(2018年度)】
    【農産物直売所の運営方針と生産者の出荷先選択-新潟市を事例として-(2018年度)】

    researchmap

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 農業経済学演習I(調査実習)

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源経済学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 自然科学総論IV

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農学入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 科学英語演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • スタディ・スキルズA1

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源経済学特論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 開発経済学

    機関名:新潟国際情報大学

     詳細を見る

  • 地域経済フィールドワーク実習

    機関名:東京大学

     詳細を見る

  • 農業統計学

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農業資源を知る

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源問題入門

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農山村調査実習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源経済学演習I

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 農山村地域経済論演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源政策論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 食料資源経済学演習II

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 生物資源論

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

  • 基礎農業経済学演習

    機関名:新潟大学

     詳細を見る

▶ 全件表示

担当経験のある授業科目

  • 食料資源経済学

    2012年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業経済学演習Ⅰ(調査実習)

    2019年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIa

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 学科インターンシップ

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズAIIa

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農学入門I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農学入門II

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業経済学演習I

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業経済学演習Ⅳ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業経済学演習Ⅲ

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA a

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 基礎農業経済学演習

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業統計学

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 農業資源を知る

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 食料資源政策論

    2015年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 生物資源論

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 食料資源経済学演習Ⅰ

    2013年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 食料資源経済学演習Ⅱ

    2013年
    -
    2021年
    機関名:新潟大学

  • 農山村地域経済論演習

    2013年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 農山村調査実習

    2013年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 食料資源問題入門

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 食料資源経済学特論

    2012年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • スタディ・スキルズA1

    2012年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示

教育活動に関する受賞

  • 日本地域学会優秀発表賞

    2021年12月   日本地域学会  

    受賞者:侯博偉

 

社会貢献活動

  • 食料資源問題の入門-農学と社会科学-(新潟西高校 出前講義)

    役割:講師

    2019年10月

     詳細を見る

  • 食料資源問題の入門:農業経済学(新潟明訓高校 出前講義)

    役割:講師

    2017年10月

     詳細を見る