基本情報

写真a

奈良間 千之

NARAMA Chiyuki


学系

自然科学系

系列

地球・生物科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-5150

研究室FAX

025-262-5150

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),地理学,東京都立大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科 地球環境科学,准教授,2012年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 大学院環境学研究科,日本学術振興会特別研究員,2004年04月 ~ 2007年03月

  • オスロ大学 地球科学部,研究員,2006年04月 ~ 2007年06月

  • 総合地球環境学研究所 研究部,研究員,2007年06月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地理学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本雪氷学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際雪氷学会,2006年04月 ~ 継続中,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 日本山の科学会,2017年01月 ~ 継続中,日本国

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アジア山岳地域の氷河変動と氷河災害,1996年04月 ~ 継続中

    氷河,氷河湖,中央アジア,西ヒマラヤ,日本アルプス,新潟県の山地,地理学,自然災害科学・防災学,国際共同研究,国際共同研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Large drainages from short-lived glacial lakes in the Teskey Range, Tien Shan Mountains, Central Asia.,Narama, C., Daiyrov, M., Duishonakunov, M., Tadono, T., Sato, H., Kääb, A., Ukita, J.,Natural Hazard Earth System Sciences,Vol.18, pp.983-995,2018年04月,英語

    DOI:10.5194/nhess-18-983-2018,研究論文(学術雑誌),共著

  • Regional Geomorphological conditions related to recent changes of glacial lakes in the Issyk-Kul Basin, northern Tien Shan.,Daiyrov, M., Narama, C., Yamanokuchi, T., Tadono, T., Kääb, A., Ukita, J.,Geosciences,Vol.8,No.3,2018年03月,英語

    DOI:10.3390/geosciences8030099,研究論文(学術雑誌),共著

  • Evaluating the Scale and Potential of GLOF in the Bhutan Himalayas Using a Satellite-Based Integral Glacier–Glacial Lake Inventory.,Nagai, H., Ukita, J., Narama, C., Fujita, K., Sakai, A., Tadono, T., Yamanokuchi, T., Tomiyama, N.,Geosciences,Vol.7,No.3,2017年11月,英語

    DOI:10.3390/geosciences7030077,研究論文(学術雑誌),共著

  • Seasonal drainage of supraglacial lakes on debris-covered glaciers in the Tien Shan Mountains, Central Asia.,Narama, C., Daiyrov, M., Tadono, T., Yamamoto, M., Kääb, A., Morita, R., Ukita, J.,Geomorphology,Vol.286, pp.133-142,2017年03月,英語

    DOI:10.1016/j.geomorph.2017.03.002,研究論文(学術雑誌),共著

  • Knowledge Sharing for Disaster Risk Reduction: Insights from a Glacier Lake Workshop in the Ladakh Region, Indian Himalayas.,Ikeda, N., Narama, C., Gyalson, S.,Mountain Research and Development,Vol.36, pp.41-40,2016年11月,英語

    DOI:10.1659/MRD-JOURNAL-D-15-00035.1,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「中央ユーラシアの環境史:地球研イリ= プロジェクトによる統合研究の進め方」,岩田修二編『実践 統合自然地理学 あたらしい地域自然のとらえ方』,奈良間千之,渡邊三津子,古今書院,2018年06月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 「ラダークヒマラヤ,ドムカル谷での氷河湖決壊洪水の被害軽減にむけた住民参加型ワークショップ」,岩田修二編『実践 統合自然地理学 あたらしい地域自然のとらえ方』,池田菜穂,奈良間千之,古今書院,2018年06月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 「リセッショナルモレーン,再生氷河など」,日本地形学連合・鈴木隆介・砂村継夫・松倉公憲編『地形の辞典』,奈良間千之,朝倉書店,2017年02月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 「中央ユーラシアの自然環境とその変遷」,白石典之編『チンギスカンとその時代』,奈良間千之,渡邊三津子,勉性出版,2015年04月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 「自然環境と人々のかかわり――地形、気候と氷河の役割」,宇山智彦・藤本透子編『カザフスタンを知るための60章』,奈良間千之,渡邊三津子,明石書店,2015年06月,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 山岳地域を歩く,奈良間千之,Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌,Vol.17, pp.14-15,2017年01月,日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

  • 口絵1:中央アジアの氷河と氷河地形,奈良間千之,東京地学協会,地学雑誌,Vol.121,No.3, p.3,2012年09月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 氷河編年研究の展望―南半球・アジア山岳地域の最近の事例―,奈良間千之,東京地学協会,地学雑誌,Vol.121,No.3, pp.215-234,2012年09月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 高まる自然災害の脅威―キルギス共和国のフィールドから―,奈良間千之,総合地球環境学研究所,地球研ニュースレター 28,2010年10月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 2006~2009年のチョング・クズルスー川流域における氷河融解量観測,奈良間千之, 藤田耕史, Duishonakunov, M., 梶浦岳,Ormov, C., Daiyrov, M., Usubaliev, R., Abdraev, J., Shatravin, V. ,イリプロジェクト(総合地球環境学研究所),オアシス地域研究会報,Vol.8,No.1, pp.97-104,2010年04月,日本語

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 新刊紹介 (岩田修二 2011年03月 「氷河地形学」東京大学出版会,2011年07月

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地理学会特別賞共同受賞,2010年03月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本地理学会,寒冷地形談話会

  • 中谷宇吉郎科学奨励賞,2007年02月,日本国,その他の賞,石川県加賀市,奈良間千之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2016年04月 ~ 2019年03月,近年の温暖化によるケニア山の氷河縮小と水環境の変化が地域社会に及ぼす影響の解明

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,天山山脈北部地域における短命氷河湖の環境条件の解明と減災対策の構築

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2017年03月,中央アジア及びヒマラヤの小規模氷河湖分布地域における氷河災害の軽減に関する研

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,天山山脈における氷河湖目録作成と氷河湖決壊の危険度評価

    ALOS衛星データを使用して中央アジア,天山山脈の氷河湖台帳を作成した.

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月,中央アジア山岳地域における最近の氷河変動と氷河湖決壊に関する現状評価

    中央アジアの天山山脈において,1970年以降の氷河の面積変化と氷河湖発達の現状を衛星データと現地調査から評価した.天山山脈の山岳氷河は,過去40年間で縮小傾向であり,その縮小の程度は地域的な偏りが大きい.もっとも縮小が著しい地域は降水量が多く,山脈高度も低い天山山脈外縁部のプスケム地域であった.氷河湖も同様に,天山山脈外縁部で発達が著しく,最近見られる氷河湖のほとんどは1980年代以降に出現したものであった.天山山脈北部地域の氷河湖は,氷河湖決壊洪水が多発した1970年代と同数にまで達しつつある.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 佐々木財団研究助成,2018年04月 ~ 2019年03月,北アルプス・白馬大雪渓周辺の土砂移動に関する研究

    民間財団等

  • 平和中島財団 国際学術研究助成,2018年04月 ~ 2019年03月,天山山脈,クムトール鉱山における山岳永久凍土の融解と地形災害

    民間財団等

  • 日本建設情報総合センター研究助成,2016年09月 ~ 2017年08月,ALOS-2/PALSAR-2干渉画像を用いた新潟県柏崎市における小規模地すべり群の分布と挙動に関する研究

    民間財団等

  • 富山県雪国づくり事業,2016年04月 ~ 2017年03月,立山連峰における氷河及び雪渓の質量収支観測,氷河の存在条件の解明

    地方自治体

  • 三井物産研究助成,2013年04月 ~ 2016年03月,中央アジア及びヒマラヤの氷河災害の軽減に関する研究

    民間財団等

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 唐松沢雪渓の氷河調査,2018年04月 ~ 2019年03月,長野県白馬村,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省・外務省 科学技術研究員派遣事業 ALOS高解像度衛星画像を用いたアルゼンチン・アンデス山岳地帯における氷河台帳作成,2012年01月 ~ 2014年03月,アルゼンチン国雪氷環境研究所,国際共同研究

  • SATREPS ブータンヒマラヤにおける氷河湖決壊洪水に関する研究,2010年04月 ~ 2012年03月,ブータン王国地質鉱山局,国際共同研究

  • 地球研プロジェクト 人の生老病死と高所環境――「高地文明」における医学生理・生態・文化的適応,2009年03月 ~ 2014年03月,国際共同研究

  • 民族/国家の交錯と生業変化を軸とした環境史の解明──中央ユーラシア半乾燥域の変遷,2007年04月 ~ 2012年03月,カザフスタン遊牧文化研究所,国際共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,基礎雪氷学,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,農学入門Ⅱ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

全件表示 >>