基本情報

写真a

岡田 祥平

OKADA Shohei


学系

人文社会科学系

系列

教育学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

日本語学・社会言語学・コーパス言語学・音声学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ed.niigata-u.ac.jp/~kokugoka/okada.html#a4

プロフィール

留学生で岡田の指導を受けることをご希望の方は,ご連絡をいただく前にリンク先の文章をよくよくお読みください。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  第一文学部  哲学科人文専修

    大学,2001年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  文学研究科

    修士課程,2003年03月,修了,日本国

  • 大阪大学  文学研究科  文化表現論

    博士課程,2009年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(文学),日本語学,早稲田大学,課程,2001年03月

  • 修士(文学),日本語学,大阪大学,課程,2003年03月

  • 博士(文学),日本語学,大阪大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育学部 言語文化コミュニケーション講座,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,准教授,2012年04月 ~ 2018年03月

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 共生文化研究専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 社会文化専攻,准教授,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学,助教,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 九州共立大学,講師,2010年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会,2003年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本語学会,2007年02月 ~ 継続中,日本国

  • 社会言語科学会,2002年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本語教育学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

  • 計量国語学会,2007年02月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

  • 言語学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • 日本語教育能力検定試験合格

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語研究資料としてのTwitter―コミュニケーション構造の観点から―,岡田 祥平・西川 由樹,新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編,Vol.9,No.1, pp.93-111,2016年10月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 大学生のためのTwitterリテラシー入門,岡田 祥平,新潟大学教育学部研究紀要 自然科学編,Vol.8,No.1, pp.49-66,2015年10月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 現代日本語の表記と書体の多様性―パラ言語情報と非言語情報―,岡田 祥平,ことばとくらし,No.27, pp.46-48,2015年10月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 新語・流行語に与えるマス・メディアの影響力―「壁ドン」の二つの意味を例に考える―,岡田 祥平,新潟大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編,Vol.7,No.2, pp.271-295,2015年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • インターネット上に観察される略語―ツイッターと「質問サイト」を対象とした研究の可能性―,岡田祥平,日本語学,Vol.34,No.2, pp.4-16,2015年02月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 関西弁事典,岡田 祥平,ひつじ書房,2018年03月,日本語

    事典・辞書,音声(音便),単著

  • データで学ぶ日本語学入門,岡田 祥平,朝倉書店,2017年02月,日本語

    教科書,第1章「音声・音韻―現代の日本語には何種類の音があるの? どの音がよく使用されているの?」,単著

  • 平成21年度大阪大学大学院文学研究科共同研究 「声」の史料化をめぐる諸問題―人文学的研究基盤の構築をめざして― 研究成果報告書,岡田祥平,真鍋昌賢,大阪大学大学院文学研究科,2010年03月,日本語

    調査報告書,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 今後の課題,岡田祥平,大阪大学大学院文学研究科,『財団法人博報児童教育振興会「第4回ことばと教育」研究助成事業(2009年度) 「魅力」と「わかりやすさ」を伝える 人文学研究発表の方法論』成果報告書, pp.52-60,2010年03月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 岡田祥平氏[日本語学]へのインタビュー,岡田祥平,大阪大学大学院文学研究科,『財団法人博報児童教育振興会「第4回ことばと教育」研究助成事業(2009年度) 「魅力」と「わかりやすさ」を伝える 人文学研究発表の方法論』成果報告書, pp.209-221,2010年03月,日本語

    総説・解説(その他),単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • "『みんなの日本語 初級II 第2版 本冊』付属CDの音声監修,2013年03月

    その他

  • 『みんなの日本語 初級I 第2版 本冊』付属CDの音声監修,2012年08月

    その他

  • 『みんなの日本語 中級II 本冊』付属CDの音声監修,2012年04月

    その他

  • 最古の富山県方言集―高岡新報掲載「越中の方言」(武内七郎)―,2009年12月

    その他

  • 談話2 地元談話2,2008年03月

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,音調の伝播・定着のメカニズム解明にかんする探索的調査研究

    本研究は、日本各地における「とびはね音調」(田中ゆかり2007など)に類する音調の定着の実態を観察することを通して、東京方言が日本各地の方言に与える影響を考察することを目的とする。本研究は東京方言のイントネーションが日本各地の方言に与える影響を、当該地域方言のアクセント・イントネーション体系を考慮に入れつつ考察する、新たな試みである。

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2010年03月, 「非母語話者による日本語話し言葉コーパス」構築の更なる充実と分析・研究

    (研究代表者: 土岐哲)本研究は、日本語学習者の産出した自発発話音声のコーパスを構築するとともに、そのコーパスを使用し、学習者が産出した音声の諸特徴を、より広い視野に立って具体的に検証するものである。また、それらの作業を通して得られた成果を利用し、日本語音声教育の現場に、より現実的な目標および方法として提示すると同時に、広く日本語社会一般にも発信し、日本語学習者の音声についてのより柔軟かつ公平な理解を求めることも目的とした。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 第4回『博報「ことばと文化・教育」研究助成』,2009年04月 ~ 2010年03月,「魅力」と「わかりやすさ」を伝える -人文学研究発表の方法論-

    本研究は、人文学の専門知を非専門家に「魅力的に」「わかりやすく」伝える方法論を構築することを目的としたものである。人文学の若手研究者が自分の専門分野について、同一テーマで、方法を変えた上で 2 回の発表を行った。2回の発表に対し、共同研究者や非専門家からのフィードバックを得、それらの共通点・相違点の考察などを通じ、「専門知の魅力が伝わる発表」「わかりやすい発表」とは何かを多角的、立体的、実証的に検証することを試みた。

    民間財団等

  • 第1回『博報「ことばと文化・教育」研究助成』,2005年04月 ~ 2006年03月,「標準語」の多様性―自発発話コーパスと独自データによる分析

    本共同研究では、国立国語研究所などが制作した『日本語話し言葉コーパス』(以下、英略称CSJ)を使用し、公的場面での日本語の多様性の実態の記述を試みた。また、CSJに格納された音声の社会言語学的な性格を探るため、CSJと同手法で独自に音声を収集し、CSJでは知ることのできない話者の意識や生育歴などを考慮した精緻な記述を試みた。

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本語学会2018年度秋季大会,岡島 昭浩・浅川 哲也・岡田 祥平・島田 泰子・新野 直哉,国内会議,2018年10月,岐阜大学,日本語の先端的な動向の解明と、そのための新しい資料論,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ヴェネツィア2018年日本語教育国際研究大会,岡田 祥平・中井 好男・八木 真奈美,国際会議,2018年08月,日本における「多言語」の表層と深層,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本語学会2018年度春季大会,岡田 祥平,国際会議,2018年05月,明治大学,国会では「国語」「日本語」という語がどのように使用されてきたのか―「国会会議録検索システム検索用API」を利用した日本語研究の一実践の紹介を兼ねて―,その他

  • 社会言語科学会第41回研究大会,岡田 祥平,国内会議,2018年03月,東洋大学,国会では「手話」がどのように論じられてきたのか―「国会会議録検索システム検索用API」を利用した経年的な考察―,口頭(一般)

  • 2017年度日本語教育学会秋季大会,岡田 祥平,国内会議,2017年11月,朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター,日本語研究者・日本語教育関係者にとっての「現代日本社会の『多言語』」化とは何か―「日本語研究・日本語教育文献データベース」を利用した経年的な考察―,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,音声言語II,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,小学校国語,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,国語学演習I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,情報教育論,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,国語学課題研究I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本音声学会,評議員,2013年04月 ~ 継続中

  • 社会言語科学会,研究大会委員会,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟県ことばの会,理事・編集委員・会計,2012年10月 ~ 継続中

  • 社会言語科学会,企画委員,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 日本音声学会,企画委員,2010年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟市教職12年経験者研修指導者,2014年07月 ~ 2015年01月

  • 見附市教育委員会「みつけこども大学」講師(見附市立葛巻小学校にて),2014年02月

  • 新潟市教職12年経験者研修指導者,2013年07月 ~ 2014年01月

  • 北九州市立年長者研修大学校 穴生学舎 「地域づくり活動コース」 「ことば」について考える~方言って?~ ,2011年11月

  • 平成22年度後期「北九州市民カレッジ」「「ことば」について考える」,2010年11月 ~ 2011年03月

全件表示 >>