基本情報

写真a

由井 樹人

YUI Tastuto


学系

自然科学系

系列

材料生産システム系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工),有機・ハイブリッド材料,東京都立大学,課程,2002年03月

  • 修士(工),有機・ハイブリッド材料,東京都立大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 機能材料工学科 材料開発工学,准教授,2012年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Hybridization of Phosphoric Acid Substituted Ru(II)-polypyridyl Complexes and Biphenylene Aligned Periodic Mesoporous Organosilica and Photoinduced Energy Transfers between Them,T. Yui, K. Sekizawa, H. Takeda, Y. Ueda, K. Koike, S. Inagaki, O. Ishitani,ACS Applied Materials & Interfaces,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Efficient Light Harvesting via Sequential Two-Step Energy Accumulation Using a Ru–Re5 Multinuclear Complex Incorporated into Periodic Mesoporous Organosilica,Y. Yamamoto, H. Takeda, T. Yui, Y. Ueda, K. Koike, S. Inagaki, O. Ishitani,Chemical Science,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • luorescence Control of Boron Enaminoketonate Using a Rotaxane Shuttle,Y. Koyama, T. Matsumura, T. Yui, O. Ishitani, T. Takata,Organic Letters,2013年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Microscopic Structure and Orientation of Polyfluorinated Surfactant Clay/Hybrid Compound,T. Yui, S. Fujii, K. Matsubara, R. Sasai, H. Yoshida, K. Takagi, H. Inoue,Langmuir,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Monoclinic Ag2Mo2O7 nanowire: A new Ag-Mo-O nanophotocatalyst material,K. Saito S. Kazama, K. Matsubara,T. Yui, M. Yagi,Inorganic Chemistry,2013年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 光化学の事典: 二酸化炭素利用の人工光合成システムの開発,由井樹人,朝倉書店,2014年06月,日本語

    事典・辞書,分担執筆

  • 化学の要点シリーズ〜層間化合物〜 コラム執筆,松原一喜, 由井樹人,共立出版,2014年06月,日本語

    単行本(一般書),分担執筆

  • ニッケイサイエンス「二酸化炭素の直接利用最新技術」,由井樹人, 松原一喜,NTS出版,2013年07月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 情報機構編「人工光合成 実用化に向けた最新技術 ~水素利用・有機物合成・エネルギー・CO2還元~」,由井樹人, 松原一喜,情報機構,2013年06月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 無機ナノシート積層空間を利用した光エネルギーの化学エネルギーへの変換,由井樹人, 高木克彦,シーエムシー出版,2012年05月,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 解説:人工光合成も夢じゃない!? 有機分子による光捕集システムの開発,由井樹人, 石谷治,化学,2014年05月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 電子スピン共鳴装置(ESR/EPR)の紹介,由井樹人,新潟大学 機器分析センター報,2014年02月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 人工光合成を実現する光触媒開発,由井樹人,東京工業大学環境報告書,2013年08月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • ナノ空間における光誘起電荷分離状態の長寿命化,松原一喜, 由井樹人,低次元系光機能材料研究会,日本化学会研究会「低次元系光機能材料研究会」ニュースレター,Vol.1, pp.10-13,2012年07月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 二酸化炭素の資源化を目指した人工光合成系の開発,関澤佳太・由井樹人・石谷治,光学,光学,Vol.41,No.6, pp.324-329,2012年07月,日本語

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2014年01月 ~ 2017年03月,層状半導体薄膜を用いた光CO2還元触媒の構築

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2015年03月,長寿命電荷分離状態の機構解明

  • 若手研究(B),2005年04月 ~ 2006年03月,無機物の組織構造を用いた新規光捕集系の構築

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • (公)日本板硝子材料工学助成会,2014年04月 ~ 2015年03月,層状半導体薄膜を用いた光CO2還元触媒の構築

    民間財団等

  • 最先端・次世代研究支援プログラム,2011年02月 ~ 2014年03月,電荷分離状態の長寿命化と二酸化炭素の光資源化

    その他省庁等

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,卒業研修,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,機能材料工学実験I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,技術英語,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,光化学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2016年度,基礎分析化学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>