基本情報

写真a

石崎 智美

ISHIZAKI Satomi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

助教

研究分野・キーワード

植物生態学、種間相互作用、被食防衛

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(環境科学),生態・環境,北海道大学,課程,2011年03月

  • 修士(環境科学),生態・環境,北海道大学,課程,2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻 自然システム科学,助教,2012年04月 ~ 2016年02月

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科,助教,2012年04月 ~ 2016年02月

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科 地球環境科学,助教,2016年03月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 理学部 理学科,助教,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会,2006年01月 ~ 継続中,日本国

  • 種生物学会,2009年11月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物学会,2013年01月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanisms of reproductive isolation of interspecific hybridization between Trillium camschatcense and T. tschonoskii (Melanthiaceae),Satomi Ishizaki, Tamayo Abe, Masashi Ohara,Plant Species Biology ,2012年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Long-term demographic consequences of eavesdropping for sagebrush,Richard Karban, Satomi Ishizaki, Kaori Shiojiri,Journal of Ecology,Vol.100,No.4, pp.932-938,2012年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Prolonged exposure is required for communication in sagebrush,Kaori Shiojiri, Richard Karban, Satomi Ishizaki,Arthropod-Plant Interactions,Vol.6,No.2, pp.197-202,2012年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Clonal growth of sagebrush (Artemisia tridentata) (Asteraceae) and its relation to volatile communication,Satomi Ishizaki, Kaori Shiojiri, Richard Karban, Masashi Ohara,Plant Species Biology,Vol.27,No.1, pp.69-76,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • An air transfer experiment confirms the role of volatile cues in communication between plants,Richard Karban, Kaori Shiojiri, Satomi Ishizaki,The American Naturalist,Vol.176,No.3, pp.381-384,2010年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,生物学実験 I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,生物学実験 I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学実験法,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然環境科学実験B,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,多様性生物学A,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>