基本情報

写真a

菊永 淳

KIKUNAGA Jun


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2264

研究室FAX

025-227-2264

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 日本赤十字看護大学  看護学部  看護学科

    大学,2006年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  保健学研究科  基礎・広域看護学領域

    修士課程,2012年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学大学院保健学修士,基礎看護学,新潟大学,課程,2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部 保健学科 看護学専攻,助教,2012年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Anguish and distress in recipients of cadaveric kidney transplants in Japan: a study of four cases,Tomoko Miyajima, Jun Kikunaga, Megumi Taguchi, Mio Tanaka, Mayumi Nishikata, Harumi Hayashi, Michio Miyasaka, Eubios Journal of Asian and  International Bioethics,Vol.27,No.6, pp.174-178,2017年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • がん告知における看護師の困難感 根治治療が困難になったがんの患者をめぐる3つのナラティヴ,菊永淳,宮坂道夫,医学哲学医学倫理,Vol.35, pp.34-41,2017年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),研究の着想、研究計画、研究調査、結果、考察における全般,共著

  • 失語症患者と関わる看護師のケアと思いの構造,坪井 慶子, 渡邉 恵美, 菊永 淳,日本看護学会論文集: 慢性期看護 ,Vol.47, pp.175-178,2017年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),研究方法、研究結果、研究分析を主に担当した。,単著

  • Effect of the Early Introduction of Mild Mobilization Performed by Nurses on the Recovery of Patients in the Intensive Care Unit,Yuta Mitobe, Yu Koyama, Hagiko Aoki, Utako Shimizu, Yoshiyuki Muramatsu, Chikayo Koyama, Sayuri Sakai, Yuka Iwasa, Jun Kikunaga, Megumi Taguchi, Masakazu Nitta, Hiroshi Endoh, Masaki Kitajima, Shinichiro Morishita,Open Journal of Nursing,Vol.16, pp.969-976,2016年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 新潟市内の小学校における養護教諭の小児喘息の知識と行動についての全数調査,大口 美和子, 住吉 智子, 田中 美央, 西方 真弓, 菊永 淳, 内山 美枝子, 宮坂 道夫,新潟医学会雑誌,Vol.130,No.1, pp.68-78,2016年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2019年03月,ナラティヴ分析を用いた緩和ケア実習における看護系大学生の認識と成長プロセスの解明

    本研究の目的は,「臨地実習で緩和ケアを必要とする患者に関わった看護系大学生の学びと成長を分析し,臨地実習での学生の認識とその成長過程を明らかにすること」である.

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,介護老人福祉施設における『より良い看取り』実現への取り組み

    介護老人福祉施設における『より良い看取り』実現への取り組み

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,ナラティヴ・アーカイブを活用した臨床倫理教育の構築

    本研究の目的は,「人生のまさか」を経験した当事者からの語りを収集したナラティヴ・アーカイブを作成し,医療者を対象とするワークショプを開催し,臨床倫理教育を構築することである.
    「担当部分」:語りの収集および分析を,担当する.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,ターミナルケア論,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,がん看護論,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,セルフケア・リハビリテーション看護演習,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,スタディスキルズ (看護),2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,エイジング看護演習,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度  2年進路志望別セミナー,講義「成人・高齢者の健康障害と看護」,2015年11月

  • 看護系タスクフォース部会 公開講座「家族で語ろう いのちについて」,2015年03月

  • ELNEC-J in 新潟 新潟がん看護研究会主催,講師担当,2015年02月

  • 平成26年2年進路志望別セミナー,講義「成人・高齢者の健康障害と看護」講師担当,2014年11月

  • 長岡市役所介護予防事業指導者研修会講師 「高齢者の身体,心理,コミュニケーション」,2013年05月

全件表示 >>