Updated on 2021/04/11

写真a

 
SEINO Yumiko
 
Organization
Academic Assembly Institute of Medicine and Dentistry Health Sciences Assistant Professor
Faculty of Medicine School of Health Sciences Nursing Assistant Professor
Title
Assistant Professor
External link

The Best Research Achievement in Research Career

Degree

  • 博士(保健学) ( 2021.3   新潟大学 )

  • 修士(保健学) ( 2012.3   新潟大学 )

Research Interests

  • 誤嚥性肺炎予防ケア

  • 精神看護

Research Areas

  • Life Science / Clinical nursing

Research History (researchmap)

  • Niigata University   Faculty of Medicine School of Health Sciences   Assistant Professor

    2014.4

      More details

  • Niigata University   医歯学総合病院看護部   Specially Appointed Assistant Professor

    2012.5 - 2013.3

      More details

Research History

  • Niigata University   Faculty of Medicine School of Health Sciences Nursing   Assistant Professor

    2014.4

  • Niigata University   University Medical and Dental Hospital Division of Nursing   Specially Appointed Assistant Professor

    2012.5 - 2013.3

Education

  • Niigata University    

    - 2021.3

      More details

  • Niigata University   Graduate School of Health Sciences  

    - 2012.3

      More details

  • Niigata University   医療短期大学部   看護学科

    - 1989.3

      More details

Professional Memberships

  • にいがた摂食嚥下サポート研究会

    2020.10

      More details

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

    2017.7

      More details

  • 新潟精神看護研究会

    2015.4

      More details

  • 日本精神保健看護学会

    2014.4

      More details

  • 日本精神科看護協会

    2013.4

      More details

Qualification acquired

  • General Nurse

 

Papers

▶ display all

MISC

  • 短期入院でがん化学療法を受ける患者家族が抱く思いと看護師に望むケア

    田村琴美, 清野由美子

    第50回日本精神科看護専門学術集会抄録集(慢性期看護)   2019.11

     More details

    Authorship:Last author  

    researchmap

  • 経験年数の長い整形外科看護師が術後せん妄ケア経験から得た効果的な関わり

    姉崎貴子, 神田奈菜子, 清野由美子

    第50回日本精神科看護専門学術集会抄録集(急性期看護)   2019.7

     More details

    Authorship:Last author  

    researchmap

  • 精神科単科病院の摂食嚥下障害に対するチームアプローチの検討-NSTチームメンバーへのインタビュー調査から-

    清野由美子, 関井愛紀子, 小山諭

    第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会プログラム・抄録集   2018.9

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 精神科看護師が行う摂食嚥下障害への看護ケア

    清野由美子, 関井愛紀子, 小山諭

    第24回日本精神科看護専門学術集会プログラム・抄録集   2017.12

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 口演 手術室看護師と病棟看護師の術中看護記録への意識の相違 : 術後看護ケアの充実に向けたアンケート調査から

    中山 結, 風間 嘉幸, 清野 由美子

    平成29年度新潟県看護協会看護学会集録   7 - 9   2017

     More details

    Authorship:Last author   Language:Japanese   Publisher:新潟県看護協会学会委員会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 転倒予防を考慮した高齢精神障害者の歩く力に関連した調査とフットケアの実施

    関井愛紀子, 清野由美子

    第47回日本看護学会学術集会抄録集(精神看護)   2016.9

     More details

    Authorship:Last author  

    researchmap

  • 慢性期統合失調症患者のセルフケアを高めるアセスメントと看護介入-チェック表を用いて水分自己管理を促した過飲水経口事例の検討-

    清野由美子, 吉田ムツ子, 中村勝, 関井愛紀子

    第45回日本看護学会学術集会抄録集(精神看護)   2014.10

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 新人看護職員の“気づき”からみたトレーニングプログラムにおける教育目標達成の検証

    清野由美子, 内山美枝子, 田中美央, 井越寿美子, 笠井美香子, 佐藤富貴子

    第44回日本看護学会学術集会抄録集(看護管理)   2013.3

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 精神科病院における身体合併症看護の困難性にかかわる管理的考察

    清野由美子, 中村勝

    第42回日本看護学会学術集会抄録集(看護管理)   2011.10

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 透析看護師の休憩時間における“笑い”と“語り”の実態に関する研究

    清野由美子, 石川礼美, 石川直美, 小野里チイ子, 清田加代子, 田中まゆみ

    平成22年度新潟県看護協会看護学会集録   4 - 6   2010.11

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 休憩時間の“笑い”と“語り”が透析看護師にもたらす意味

    清野由美子

    第41回日本看護学会学術集会抄録集   2010.10

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • 外来看護師のストレスを知る-バーンアウトスケールと看護師ストレッサー尺度を用いて-

    清野由美子, 渡辺みどり

    平成20年度新潟県看護協会看護学会集録   39 - 42   2008.11

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

  • CAPD導入・自己管理への援助-視力障害のある患者への指導-

    清野由美子, 関川信子

    第25回関東甲信越地区看護研究学会集録   84 - 85   2005.11

     More details

    Authorship:Lead author  

    researchmap

▶ display all

Research Projects

  • 精神科病院における摂食嚥下支援の充実に向けた食形態改善指標の開発

    Grant number:20K10781  2020.04 - 2023.03

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    清野 由美子, 小山 諭, 井上 誠, 渡邊 賢礼, 石山 寿子

      More details

    Grant amount:\4420000 ( Direct Cost: \3400000 、 Indirect Cost:\1020000 )

    researchmap

  • ピアサポート事業の未整備地域で当事者が抱くリカバリーへの希望と課題-自助グループへのインタビュー調査から-

    2019.04 - 2020.12

    (一社)日本精神科看護協会  平成30年度看護研究助成費 

    清野 由美子,藤野 清美,有田 薫

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    researchmap

  • 精神科における誤嚥性肺炎予防のための連携型摂食嚥下障害ケアプログラムの開発

    Grant number:17K19800  2017.06 - 2021.03

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    清野 由美子, 小山 諭, 井上 誠, 渡邊 賢礼

      More details

    Grant amount:\6370000 ( Direct Cost: \4900000 、 Indirect Cost:\1470000 )

    2017年度に精神科病院のNST/栄養委員会の支援状況を調査した.その結果,精神科病院では,栄養評価が行われているものの,摂食嚥下機能の評価・対策の検討は十分といえない現状が明らかとなり,積極的なチームアプローチの必要性が示唆された.
    2018年度は,精神科病院入院患者100名を対象に,誤嚥性肺炎リスク評価表(i-EALD)を実施し,統計学的に検討した.その結果,高リスク者無,中等度リスク者約2割,低リスク者が約8割で,精神科病院における入院患者の誤嚥性肺炎リスクには,BMI,ピークフロー,RSSTの3因子が影響することが明らかとなった.
    2019年度は,摂食嚥下支援専門職が不在の精神科病院において,多職種(精神科医師,看護師,管理栄養士,作業療法士,薬剤師)と研究分担者(栄養学専門医師,摂食嚥下支援専門歯科医師)と新たなチームを結成,誤嚥肺炎予防のためのケアプログラムを作成した.その後に,当該施設入院中の複数事例を対象にケアプログラムを実施し,介入前後のi-EALD,血液検査データ等の比較から,その有効性を検証した.具体的には約7か月間に渡り月1回のケア会議を開催し,ケアプランを検討,院内多職種がケアプランを継続的に実施した.ケア会議で実施状況や問題点等を情報共有し,プラン修正を重ねた.入院患者全体のケアへ還元できるよう,精神科臨床経験を持つ言語聴覚士の協力を得て,当該施設職員へ研修会を2回開催,介入事例へのスーパーバイズを受けた.一部事例には,研究分担者(摂食嚥下支援専門歯科医師)によるミールラウンド,摂食嚥下評価や病棟看護師へのアドバイスを行った.介入後の評価では約半数にi-EALDの改善を認め,一部事例は食形態改善,好物の麺が摂取可能となった.精神科病院院内外専門職協働による摂食嚥下支援は,誤嚥性肺炎予防のみならず,食べることのQOL向上に寄与することが示唆された.

    researchmap

  • Examination of the fall preventive program to the old mental patient who used foot care and fumanetto motion together

    Grant number:26671007  2014.04 - 2017.03

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research  Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

    SEKII Akiko

      More details

    Grant amount:\3380000 ( Direct Cost: \2600000 、 Indirect Cost:\780000 )

    It was within eye opening single foothold 15 seconds, and the old mental patient showed the standards of "the exercise instability symptom" more than TUG11 second, and the risk of the fall increased. Because a value was improved, an effect of the exercise was demonstrated by enforcement of the fumanetto motion. It is improved by walking while consciousness giving a direction foot to walking by weekly exercise, and warning you. The consciousness to a walk increases and how to walk is stable and is connected by the enforcement of the intervention program that used foot care and fumanetto motion together to an old mental patient regularly for the fall prevention.

    researchmap