基本情報

写真a

寺尾 豊

TERAO Yutaka


学系

医歯学系

系列

口腔生命科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2838

研究室FAX

025-227-0806

ホームページ

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/microbio/microbio.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),矯正・小児系歯学,大阪大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学,教授,2012年07月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,教授,2012年07月 ~ 継続中

  • 新潟大学 研究推進機構,副機構長,2014年02月 ~ 継続中

  • 新潟大学 研究推進機構 研究プロジェクト推進センター,センター長,2014年02月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部,副学部長,2015年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学,助手,2004年11月 ~ 2006年09月

  • 大阪大学,講師,2006年10月 ~ 2008年12月

  • 大阪大学,准教授,2008年12月 ~ 2012年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省 科学技術学術政策動向専門調査員,2016年04月 ~ 2017年03月,日本国

  • 文部科学省 科学技術予測センター専門調査員,2017年04月 ~ 継続中,日本国

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 肺炎球菌およびA群レンサ球菌の病原性解析,1999年04月 ~ 継続中

    肺炎球菌,A群レンサ球菌,形態系基礎歯科学,機関内共同研究,基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Streptococcus pyogenes CAMP factor promotes bacterial adhesion and invasion in pharyngeal epithelial cells without serum via PI3K/Akt signaling pathway.,Kurosawa, M., Oda, M., Domon, H., Isono, T., Nakamura, Y., Saitoh, I., Hayasaki, H., Yamaguchi, M., Kawabata, S., and Terao, Y.,Microb. Infect.,2017年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Streptococcus pyogenes phospholipase A2 induces the expression of adhesion molecules on human umbilical vein endothelial cells and aorta of mice.,Oda, M., Domon, H., Kurosawa, M., Isono, T., Maekawa, T., Yamaguchi, M., Kawabata, S., and Terao, Y.,Front. Cell. Infect. Microbiol.,2017年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Antimicrobial activity of ethylene-vinyl acetate containing bioactive filler against oral bacteria.,Nagai, K., Domon, H., Oda, M., Shirai, T., Ohsumi, T., Terao, Y., and Arai, Y.,Dental Materials Journal,2017年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Differential expression and roles of secreted frizzled-related protein 5 (Sfrp5) and the wingless homolog Wnt5a in periodontitis.,Maekawa, T., Kulwattanaporn, P., Hosur, K., Domon, H., Oda, M., Terao, Y., Maeda, T., and Hajishengallis, G.,J. Dent. Res.,2017年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Streptococcus pneumoniae disrupts pulmonary immune defence via elastase release following pneumolysin-dependent neutrophil lysis.,Domon, H., Oda, M., Maekawa, T., Nagai, K., Takeda, W., and Terao, Y.*,Scientific Reports,2016年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 口腔微生物学・免疫学 第4版,川端重忠,小松澤均,大原直也,寺尾 豊,浜田茂幸,医歯薬出版,2015年12月,日本語

    単行本(学術書),共編著

  • 口腔微生物学・免疫学 第4版 ,寺尾 豊 他,医歯薬出版,2015年12月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 口腔微生物学・免疫学 第3版,寺尾 豊,川端重忠,医歯薬出版,2010年01月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 蛋白質核酸酵素増刊号,寺尾 豊,川端重忠,共立出版,2009年01月,日本語

    単行本(学術書),A群レンサ球菌のサバイバル・ストラテジー,共著

  • 生命歯科医学のカッティング・エッジ,寺尾 豊,住友倫子,中田匡宣,磯田竜太朗,川端重忠,大阪大学出版会,2008年01月,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • シリーズバイオセーフティ(これから微生物学系研究室を立ち上げる3つのポイント),寺尾 豊,BMSAジャーナル,Vol.28,No.3, pp.88-97,2016年11月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 劇症型溶血性レンサ球菌感染症(人食いバクテリア),寺尾 豊,黒澤美絵,感染・炎症・免疫,No.7, pp.76-78,2016年04月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • レンサ球菌感染症の予防・治療法の確立に向けた展望,寺尾 豊,医薬ジャーナル社,化学療法の領域,Vol.29,No.7, pp.1447-1453,2013年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • The virulence factors and pathogenic mechanisms of Streptococcus pyogenes.,Terao Y.,Oral Bioscience,J. Oral Bioscience,2012年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 2009年の新型インフルエンザの流行,寺尾 豊,川端重忠,医歯薬出版,歯界展望,2010年01月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰,2017年06月26日,日本国,その他の賞,内閣官房/文科省/厚労省/農水省,寺尾 豊

  • 日本学術振興会 科学研究費審査員表彰,2016年09月30日,日本国,国内外の国際的学術賞,日本学術振興会,寺尾 豊

  • ライオン学術賞,2013年09月21日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,歯科基礎医学会,寺尾 豊

  • 北里柴三郎記念学術奨励賞,2007年04月11日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本感染症学会,寺尾 豊

  • 黒屋奨学賞,2008年03月25日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本細菌学会,寺尾 豊

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,代表:好中球免疫を利用した肺炎球菌の肺炎重症化メカニズムと制御法の分子検索

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2018年03月,代表:コメ由来プロテアーゼ阻害剤を用いた誤嚥性肺炎重症化制御法の検索

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2018年03月,代表:【海外】MRSAの薬剤耐性アンチバイオグラム進化パターンのグローバル調査解析

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,代表:好中球免疫系の作動機序の統合的解明と細菌由来分子による好中球免疫の制御方法の検索

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2016年03月,代表:細菌性バイオフィルムの固着を阻害する新規化合物の作製と感染制御効果の検索

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Bill & Melinda Gates Foundation,2010年11月 ~ 2012年05月,Chimera-immunoglobulin against Broad-range Bacteria

    海外

  • JSTシーズ発掘試験研究(B)発展型,2009年04月 ~ 2010年03月,細菌の宿主細胞侵入モチーフを用いたワクチンデリバリーシステムの構築

    細菌の宿主細胞侵入モチーフを用いたワクチンデリバリーシステムの構築

    文部科学省

  • JSTシーズ発掘試験研究,2007年04月 ~ 2008年03月,細菌の宿主細胞侵入モチーフを用いた粘膜免疫用ドラッグデリバリーシステムの構築

    細菌の宿主細胞侵入モチーフを用いた粘膜免疫用ドラッグデリバリーシステムの構築

    文部科学省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2005年04月 ~ 2009年03月,難治性の高齢者肺炎に対する、安全で有効な治療法に関する研究

    難治性の高齢者肺炎に対する、安全で有効な治療法に関する研究

    厚生労働省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 細菌性バイオフィルム形成に起因して抗生物質療法に難治化した咽頭炎の治療法に関する研究,2013年04月 ~ 2016年03月,中冨健康科学振興財団,一般受託研究

  • DNAオリガミ加工技術を用いたワクチン賦活剤の開発,2012年12月 ~ 2013年11月,1. テルモ科学振興財団,一般受託研究

  • 新規免疫システム「NETs」を誘導する肺炎レンサ球菌由来物質の検索,2010年04月 ~ 2011年03月,第25回基礎医学医療研究助成金,一般受託研究

  • ヒト免疫系を賦活化する細菌由来miRNAの検索,2009年04月 ~ 2011年03月,武田科学振興財団,一般受託研究

  • ターメリックの抗う蝕効果の検索,2009年04月 ~ 2010年03月,山崎香辛料振興財団,一般受託研究

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,微生物学Ⅱ,2017年10月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,歯学研究演習,2017年09月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,インターネットテュートリアル,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,疾病とその病態,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,微生物学Ⅰ・Ⅱ,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 経営戦略本部 学長室,2016年04月 ~ 継続中

  • 建物委員会委員,2015年04月 ~ 継続中

  • 総務委員会委員,2015年04月 ~ 継続中

  • 学務委員,2015年04月 ~ 2016年03月

  • 入試実施委員,2014年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,Microbiology and Immunology 副編集長,2015年01月 ~ 継続中

  • 歯科基礎医学会,評議員,2010年07月 ~ 継続中

  • 日本細菌学会,評議員,2009年01月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 文科省 科学技術学術政策動向専門調査員,2016年04月 ~ 継続中

  • 小学校の特別授業(科学研究費補助金のアウトリーチ活動),2013年01月 ~ 2013年04月

  • 学生ボランティア活動の支援と指導,2012年12月 ~ 継続中