基本情報

写真a

任 書晃

NIN Fumiaki


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

生理学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/ph2/welcome.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  医学部  医学科

    大学,2000年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学  医学系研究科

    博士課程,2009年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,生理学一般,京都府立医科大学,課程,2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学,助教,2012年09月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学,准教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本耳鼻咽喉科学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本耳科学会,2002年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生理学会,2006年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬理学会,2006年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 耳鼻咽喉科学

  • 生理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Time-controllable Nkcc1 knockdown replicates reversible hearing loss in postnatal mice.,Watabe T, Xu M, Watanabe M, Nabekura J, Higuchi T, Hori K, Sato MP, Nin F, Hibino H, Ogawa K, Masuda M, Tanaka KF,Scientific reports,Vol.7,No.1, p.13605,2017年10月,その他外国語

    DOI:10.1038/s41598-017-13997-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Multifrequency-swept optical coherence microscopy for highspeed full-field tomographic vibrometry in biological tissues.,Choi S, Sato K, Ota T, Nin F, Muramatsu S, Hibino H,Biomedical optics express,Vol.8,No.2, pp.608-621,2017年02月,その他外国語

    DOI:10.1364/BOE.8.000608,研究論文(学術雑誌),共著

  • Computer modeling defines the system driving a constant current crucial for homeostasis in the mammalian cochlea by integrating unique ion transports.,Nin F, Yoshida T, Murakami S, Ogata G, Uetsuka S, Choi S, Doi K, Sawamura S, Inohara H, Komune S, Kurachi Y, Hibino H,NPJ systems biology and applications,Vol.3, p.24,2017年,その他外国語

    DOI:10.1038/s41540-017-0025-0,研究論文(学術雑誌),共著

  • Hearing Loss Controlled by Optogenetic Stimulation of Nonexcitable Nonglial Cells in the Cochlea of the Inner Ear.,Sato MP, Higuchi T, Nin F, Ogata G, Sawamura S, Yoshida T, Ota T, Hori K, Komune S, Uetsuka S, Choi S, Masuda M, Watabe T, Kanzaki S, Ogawa K, Inohara H, Sakamoto S, Takebayashi H, Doi K, Tanaka KF, Hibino H,Frontiers in molecular neuroscience,Vol.10, p.300,2017年,その他外国語

    DOI:10.3389/fnmol.2017.00300,研究論文(学術雑誌),共著

  • The unique electrical properties in an extracellular fluid of the mammalian cochlea; their functional roles, homeostatic processes, and pathological significance.,Nin F, Yoshida T, Sawamura S, Ogata G, Ota T, Higuchi T, Murakami S, Doi K, Kurachi Y, Hibino H,Pflugers Archiv : European journal of physiology,Vol.468,No.10, pp.1637-49,2016年10月,英語

    DOI:10.1007/s00424-016-1871-0,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 音響サイエンスシリーズ3 聴覚モデル,香田 徹, 日比野 浩, 任 書晃, 倉智 嘉久, 入野 俊夫, 鵜木裕史, 鈴木陽一, 牧 勝弘, 津崎 実, 森周司,コロナ社,2010年03月,日本語

    単行本(学術書),単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 神経細胞の生理,任 書晃、日比野 浩,東京医学社,JOHNS,Vol.30,No.10, pp.1409-1412,2014年10月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2020年03月,難聴モデル動物の病態解明を志向した内耳ナノ振動の新規計測プラットフォームの構 築

  • 若手研究(A),2015年04月 ~ 2018年03月,医工連携により創製する画期的光学測定系を駆使した内耳振動現象の統合的解析

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2015年03月,内耳内リンパ液カルシウム恒常性維持機構と聴覚機能障害に関する研究

  • 新学術領域研究,2013年04月 ~ 2015年03月,実験・計算科学による内耳臓器内カリウムイオン循環の機能解析