基本情報

写真a

榎本 隆之

ENOMOTO Takayuki


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  医学部

    大学,1983年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),産婦人科学,大阪大学,課程,1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御,教授,2012年09月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2012年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会,1979年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本産婦人科学会,1984年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本婦人科腫瘍学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床細胞学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌治療学会,2001年05月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍専門医

  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

  • 日本産科婦人科専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Randomized Phase III Trial of Irinotecan Plus Cisplatin Compared With Paclitaxel Plus Carboplatin As First-Line Chemotherapy for Ovarian Clear Cell Carcinoma: JGOG3017/GCIG Trial.,Sugiyama,T., Okamoto,A., Enomoto,T., Hamano,T., Aotani, E., Terao,Y., Suzuki,N., Mikami, M., Yaegashi, N., Kato, K., Yoshikawa,H., Yokoyama,Y., Tanabe,H., Nishino,K., Nomura,H., Kim,JW., Kim, BG., Pignata ,S., Alexandre,J., Green,J., Isonishi,S., Terauchi, F., Fujiwara,K., Aoki,D.,J Clin Oncol.,Vol.34,No.24, pp.2881-2887,2016年08月,英語

    DOI:10.1200/JCO.2016.66.9010,研究論文(学術雑誌),共著

  • Allelic Imbalance in Regulation of ANRIL through Chromatin Interaction at 9p21 Endometriosis Risk Locus., Nakaoka H, Gurumurthy A, Hayano T, Ahmadloo S, Omer WH, Yoshihara K, Yamamoto A, Kurose K, Enomoto T, Akira S, Hosomichi K,, Inoue I.,PLoS Genet.,Vol.12,No.4,2016年04月,英語

    DOI:10.1371/journal.pgen.1005893,研究論文(学術雑誌),共著

  • The utility of anatomic diagnosis for identifying femoral nerve palsy following gynecologic surgery,Watanabe T, Sekine M, Enomoto T, Baba H. ,J Anesth,Vol.30,No.2, pp.317-319,2016年04月,英語

    DOI:10.1007/s00540-015-2113-x,研究論文(学術雑誌),共著

  • Early metabolic change in (18)F-FDG-PET by measuring the single largest lesion predicts chemotherapeutic effects and patients' survival: PEACH study. ,Cancer Chemother Pharmacol,Cancer Chemother Pharmacol,Vol.77,No.1, pp.121-126,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Association of NR3C1/Glucocorticoid Receptor gene SNP with azoospermia in Japanese men. ,Chihara M, Yoshihara K, Ishiguro T, Adachi S, Okada H, Kashima K, Sato T, Tanaka A, Tanaka K, Enomoto T.,J Obstet Gynaecol Res.,Vol.42,No.1, pp.59-66,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Effect on HPV vaccination resulting from news report in Japan of adverse events and suspension of governmental recommendation for HPV vaccination.,Morimoto, A. Ueda, Y.,Takata-Egawa, T.,Yagi, A.,Terai, Y.,Ohmichi. M.,Ichimura, T.,Sumi, T.,Murata, H.,Kanzaki, H.,Nakai, H.,Mandai, M.,Yoshino, K.,Fujita, M.,Kimura,T.,Saito, J.,Sobue, T.,Nishikawa, N.,Sekine, M.,Enomoto, T.,Horikoshi, Y.,Takagi, T.,Int J Clin Oncol,2014年,英語

    単行本(学術書),共著

  • Association between Endometriosis and Ovarian Cancer: A Review of Epidemiologic, Pathologic, Genetic, and Clinical Data, In Endometriosis:RiskFactors.,Yokoyama, T.,Yoshino, K., Ueda, Y., Enomoto, T.,Symptoms and Management,Nova Biomedical,2013年,英語

    単行本(学術書),共著

  • Molecular Biology of Endometriosis. Endometriosis: Risk Factors, Symptoms and Management.,Adachi,S., Enomoto,T.,Symptoms and Management,2013年,英語

    単行本(学術書),共著

  • 公汎子宮頸部摘出術:妊娠中も可能か?OGS NOW婦人科がん手術こんなときどうする?がんの根治とQOLの改善をめざして,榎本隆之 吉野潔,メジカルビュー社東京,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 婦人科領域における放射線腫瘍学の進歩 さらなる治療成績の向上にむけて 子宮頸癌に対する高線量率組織内照射,礒橋文明, 吉岡靖生, 小西浩司, 隅田伊織, 高橋 豊, 尾方俊至, 小泉雅彦, 井上武宏, 馬淵誠士, 榎本隆之, 木村 正,日本婦人科腫瘍学会雑誌,2011年,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「卵巣がんの再発例への化学療法 プラチナ感受性」産婦人科処方のすべて すぐに使える実践ガイド,西野幸治、榎本隆之,臨床婦人科増刊号,Vol.168,No.4, pp.198-200,2014年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 「卵巣がんの再発例への化学療法 プラチナ抵抗性」産婦人科処方のすべて すぐに使える実践ガイド, 西野幸治 榎本隆之,臨床婦人科増刊号,Vol.168,No.4, pp.201-203,2014年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 「CA125再発と画像再発の診断差は何ヶ月くらいですか?」,西野幸治、榎本隆之,婦人科癌診療 Q&A 一つ上をいく診療の実践, pp.216-218,2014年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • Endometrial cancer: current incidence,detection and management,Morimoto, A., Ueda, Y., Enomoto,T., Takata-Egawa,Tomomi., Matsuzaki,S., Kobayashi, E.,Kimura, T.,Yoshino, K.,Fujita, M.,Kimura, T,NOVA Science Publishers,2014年,英語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 【子宮体がん診療アップデート】治療のトピックス 進行・再発子宮体がんの治療(解説/特集),上田豊 榎本隆之 木村正,臨床婦人科産科,Vol.67,No.5, pp.505-510,2013年,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,周産期病態論,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,生殖・発達系,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2015年度,周産期病態論,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2015年度,生殖・発達系,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

  • 2014年度,疾病の成因と治療Ⅲ,2014年04月 ~ 2014年08月,専任

全件表示 >>