基本情報

写真a

田中 崇裕

TANAKA Takahiro


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),応用生物化学,東北大学,課程,2010年03月

  • 修士(農学),応用生物化学,東北大学,課程,2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 生命科学医療センター,特任助教,2013年01月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 プロトコールデータセンター,特任助教,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 プロトコールデータセンター,特任助教,2017年04月 ~ 2018年02月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 臨床研究推進センター,助教,2018年03月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Risk factors for stomatitis in patients with lymphangioleiomyomatosis during treatment with sirolimus: A multicenter investigator-initiated prospective study.,(1) Kitamura N, Seyama K, Inoue Y, Nagai K, Suzuki M, Moriyama H, Takada T, Tazawa R, Hirai T, Mishima M, Hayashida M, Hirose M, Arai T, Sugimoto C, Hattori N, Watanabe K, Tamada T, Akazawa K, Tanaka T, Nakata K.,Pharmacoepidemiol Drug Saf.,Vol.26,No.10, pp.1182-1189,2017年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Intraoperative Detection of Persistent Endoleak by Detecting Residual Spontaneous Echocardiographic Contrast in the Aneurysmal Sac During Thoracic Endovascular Aortic Repair.,(2) Imai H, Ohashi N, Yoshida T, Okamoto T, Kitamura N, Tanaka T, Baba H.,Anesth Analg.,Vol.125,No.2, pp.417-420,2017年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Efficacy and Safety of Long-Term Sirolimus Therapy for Asian Patients with Lymphangioleiomyomatosis.,(3) Takada T, Mikami A, Kitamura N, Seyama K, Inoue Y, Nagai K, Suzuki M, Moriyama H, Akasaka K, Tazawa R, Hirai T, Mishima M, Hayashida M, Hirose M, Sugimoto C, Arai T, Hattori N, Watanabe K, Tamada T, Yoshizawa H, Akazawa K, Tanaka T, Yagi K, Young LR, McCormack FX, Nakata K.,Ann Am Thorac Soc.,Vol.13,No.11, pp.1912-1922,2016年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Megalin-Mediated Tubuloglomerular Alterations in High-Fat Diet-Induced Kidney Disease.,(4) Kuwahara S, Hosojima M, Kaneko R, Aoki H, Nakano D, Sasagawa T, Kabasawa H, Kaseda R, Yasukawa R, Ishikawa T, Suzuki A, Sato H, Kageyama S, Tanaka T, Kitamura N, Narita I, Komatsu M, Nishiyama A, Saito A.,J Am Soc Nephrol.,Vol.27,No.7, pp.1996-2008,2016年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Outcome of corticosteroid administration in autoimmune pulmonary alveolar proteinosis: a retrospective cohort study.,(5) Akasaka K, Tanaka T, Kitamura N, Ohkouchi S, Tazawa R, Takada T, Ichiwata T, Yamaguchi E, Hirose M, Arai T, Nakano K, Nei T, Ishii H, Handa T, Inoue Y, Nakata K.,BMC Pulm Med.,Vol.12,No.15,2015年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人難病医学研究財団医学研究奨励助成事業,2018年04月 ~ 継続中,指定難病疾患レジストリーの活用 - 東日本大震災被災地域における自己免疫性肺胞蛋白症患者の全数調査 -

    民間財団等