基本情報

写真a

奥田 修二郎

OKUDA Shujiro


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

バイオインフォマティクス

ホームページ

https://bioinfo.med.niigata-u.ac.jp

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),システムゲノム科学,京都大学,課程,2007年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経営戦略本部 若手研究者育成推進室,准教授,2013年02月 ~ 2016年03月

  • 新潟大学 研究推進機構,准教授,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 新領域開拓研究センター,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical and Genetic Implications of Mutation Burden in Squamous Cell Carcinoma of the Lung.,Okamoto T, Takada K, Sato S, Toyokawa G, Tagawa T, Shoji F, Nakanishi R, Oki E, Koike T, Nagahashi M, Ichikawa H, Shimada Y, Watanabe S, Kikuchi T, Akazawa K, Lyle S, Takabe K, Okuda S, Sugio K, Wakai T, Tsuchida M, Maehara Y,Annals of surgical oncology,Vol.25,No.6, pp.1564-1571,2018年06月,英語

    DOI:10.1245/s10434-018-6401-1,研究論文(学術雑誌),共著

  • Analysis of polyamine biosynthetic- and transport ability of human indigenous Bifidobacterium.,Sugiyama Y, Nara M, Sakanaka M, Kitakata A, Okuda S, Kurihara S,Bioscience, biotechnology, and biochemistry, pp.1-9,2018年05月,英語

    DOI:10.1080/09168451.2018.1475211,研究論文(学術雑誌),共著

  • AldB controls persister formation in Escherichia coli depending on environmental stress.,Kawai Y, Matsumoto S, Ling Y, Okuda S, Tsuneda S,Microbiology and immunology,Vol.62,No.5, pp.299-309,2018年05月,英語

    DOI:10.1111/1348-0421.12587,研究論文(学術雑誌),共著

  • IMSindel: An accurate intermediate-size indel detection tool incorporating de novo assembly and gapped global-local alignment with split read analysis.,Shigemizu D, Miya F, Akiyama S, Okuda S, Boroevich KA, Fujimoto A, Nakagawa H, Ozaki K, Niida S, Kanemura Y, Okamoto N, Saitoh S, Kato M, Yamasaki M, Matsunaga T, Mutai H, Kosaki K, Tsunoda T,Scientific reports,Vol.8,No.1, p.5608,2018年04月,英語

    DOI:10.1038/s41598-018-23978-z,研究論文(学術雑誌),共著

  • Novel therapeutic strategy for cervical cancer harboring FGFR3-TACC3 fusions.,Tamura R, Yoshihara K, Saito T, Ishimura R, Martínez-Ledesma JE, Xin H, Ishiguro T, Mori Y, Yamawaki K, Suda K, Sato S, Itamochi H, Motoyama T, Aoki Y, Okuda S, Casingal CR, Nakaoka H, Inoue I, Verhaak RGW, Komatsu M, Enomoto T,Oncogenesis,Vol.7,No.1, p.4,2018年01月,英語

    DOI:10.1038/s41389-017-0018-2,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2018年04月 ~ 2021年03月,がんゲノム医療実現化に向けた高次元データ解析基盤構築

  • 若手研究(A),2014年04月 ~ 2018年03月,ヒトマイクロバイオームによる疾患因子プロファイリング

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • プロテオーム統合データベースの構築,2015年04月 ~ 2018年03月,一般受託研究

  • 糖鎖統合データベースおよび国際糖鎖構造リポジトリの開発,2014年04月 ~ 2017年03月,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • iPS細胞マーカーTRA-1-60はがん難治性の指標か?,2016年04月 ~ 2018年03月,学内共同研究

  • 視覚からコミュニケーションへ:皮質脳波法で読み解く大脳神経回路の情報流,2014年04月 ~ 2017年03月,学内共同研究