基本情報

写真a

岡 寿樹

OKA Hisashi


学系

自然科学系

系列

情報電子工学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

量子光学理論、共振器量子電気力学理論、励起子光物性理論

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://okalab.jimdo.com/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  工学研究科  電子情報工学専攻

    博士課程,2005年09月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),光工学・光量子科学,北海道大学,課程,2005年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 研究推進機構 超域学術院,准教授,2013年03月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学 大学院工学研究科,研究員,2005年10月 ~ 2009年01月

  • 大阪大学 大学院工学研究科,特任助教,2009年02月 ~ 2013年02月

  • 科学技術振興機構(JST)さきがけ,研究員,2009年10月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本物理学会,2003年09月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 量子光学理論

  • 共振器量子電気力学理論

  • 光化学理論、コヒーレント制御理論

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 広帯域周波数量子もつれ光による巨大2光子吸収と量子もつれ分光法の開発,2016年10月 ~ 2022年03月

    ,国内共同研究,JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)

  • 量子相関光子による光化学反応制御,2009年10月 ~ 2013年03月

    ,個人研究,JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)

論文 【 表示 / 非表示

  • Direct excitation of molecular vibrational motion by intense broadband THz pulses,Hisaki Oka,Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics,Vol.52, p.025503,2018年12月,英語

    DOI:10.1088/1361-6455/aaf366,研究論文(学術雑誌),単著

  • Finite-difference time-domain method for calculating photoexcited molecular vibration wave-packet dynamics,Hisaki Oka,Journal of Physics Communications,Vol.2, pp.115006-1-115006-10,2018年11月,英語

    DOI:10.1088/2399-6528/aaecaf,研究論文(学術雑誌),単著

  • Enhanced vibrational-mode-selective two-step excitation using ultrabroadband frequency-entangled photons,Hisaki Oka,Physical Review A,Vol.97, pp.063859-1-063859-6,2018年06月,英語

    DOI:10.1103/PhysRevA.97.063859,研究論文(学術雑誌),単著

  • Two-photon absorption by spectrally shaped entangled photons,Hisaki Oka,Physical Review A,Vol.97, pp.033814-1-033814-6,2018年03月,英語

    DOI:10.1103/PhysRevA.97.033814,研究論文(学術雑誌),単著

  • Simple model of saturable localised surface plasmon,Hisaki Oka, Yasuo Ohdaira,Scientific Reports,Vol.8, pp.2643-1-2643-8,2018年02月,英語

    DOI:10.1038/s41598-018-20880-6,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,光子対生成装置および光子対生成方法,大畠 悟郎,岡 寿樹,石原 一

    出願番号( 特願2010ー510130,2009年04月28日 ) 登録番号( 5224417,2013年03月22日 ) ,公立大学法人大阪府立大学,日本国

  • 特許,PHOTON PAIR GENERATING APPARATUS AND PHOTON PAIR GENERATING METHOD,Goro OOHATA, Hisaki OKA, and Hajime ISHIHARA

    登録番号( US8,441,719 B2,2013年05月14日 ) ,Osaka Prefecture University,アメリカ合衆国,あり

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新学術領域研究,2017年04月 ~ 2019年03月,量子もつれ光とナノ構造による禁制準位2光子励起

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,ナノアンテナ構造を用いた時空間制御された紫外域周波数もつれパルス生成の理論

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,物質移動型ナノ液晶システムにおける光輸送ネットワーク形成に関する研究 研究課題

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,相関光子による局在プラズモン誘起と2光子励起場への応用

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,新光源としての相関制御された量子もつれ光子の生成

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 戦略的創造研究推進事業CREST,2016年10月 ~ 2022年03月,大強度広帯域周波数もつれ状態の実現と応用

    科学技術振興機構

  • 物質・デバイス領域共同研究拠点 特定研究,2013年04月 ~ 2015年03月, 量子もつれ光による光励起エネルギー移動の増強と制御

    北海道大学 電子科学研究所

  • 物質・デバイス領域共同研究拠点 特定研究,2011年10月 ~ 2013年03月,量子もつれ光を用いた振動電子状態励起の光制御

    北海道大学 電子科学研究所

  • 戦略的創造研究推進事業(さきがけ),2009年10月 ~ 2013年03月,量子相関光子による光化学反応制御

    科学技術振興機構

研究発表 【 表示 / 非表示

  • International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2017),Y. Ohdaira, Y. Ikeda, H. Oka, K. Shinbo,国際会議,2017年09月,Sendai,Shape changes of azobenzene particles induced by linearly polarized laser light,口頭(一般)

  • The 6th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2017),Hisaki Oka, Yasuo Ohdaira,国際会議,2017年06月,Fukui,Simple Quantization Method of Localized Surface Plasmon for Quantum Plasmonics,ポスター(一般)

  • 2016 Global Research Efforts on Energy and Nanomaterials,Hisaki Oka,国際会議,2016年12月,Taipei, Taiwan,Enhancement of Two-Photon Absorption in a Molecule by Plasmonic Nanoantenna,口頭(招待・特別)

  • The 5th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2015),Hisaki Oka,国際会議,2015年06月,Niigata,Efficient two-photon excitation assisted by plasmonic nanoantenna,口頭(一般)

  • The 5th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2015),Y. Ohdaira, H. Oka, K. Shinbo, A. Baba, K. Kato, and F. Kaneko,国際会議,2015年06月,Niigata,Generation of fluorescent nanodroplets of liquid crystal utilizing electrospray deposition,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,物理工学II,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,論文輪講,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,電気電子工学実験III,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研修,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,リメディアル演習,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会,北陸・信越支部会 新潟地区幹事,2017年04月 ~ 2019年03月