2021/12/04 更新

写真a

ホシ アキナリ
星 明考
HOSHI Akinari
所属
教育研究院 自然科学系 数理物質科学系列 教授
自然科学研究科 数理物質科学専攻 教授
理学部 理学科 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(理学) ( 2005年3月   早稲田大学 )

研究キーワード

  • 数論

  • 代数学

  • 代数幾何

  • 整数論

  • 数論幾何学

  • 代数幾何学

  • 数論幾何

研究分野

  • 自然科学一般 / 代数学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   理学部理学科数学プログラム   教授

    2021年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   理学部理学科数学プログラム   准教授

    2017年4月 - 2021年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 新潟大学   理学部数学科   准教授

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

    researchmap

  • 立教大学   理学部数学科   助教

    2008年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   教育・総合科学学術院   助手

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(PD)

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

  • ドイツ国 Regensburg大学   客員研究員

    2004年9月 - 2005年8月

      詳細を見る

  • 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   教育研究院 自然科学系 数理物質科学系列   教授

    2021年8月 - 現在

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   教授

    2021年8月 - 現在

  • 新潟大学   理学部 理学科   教授

    2021年8月 - 現在

  • 新潟大学   理学部 理学科   准教授

    2017年4月 - 2021年8月

  • 新潟大学   自然科学研究科 数理物質科学専攻   准教授

    2013年4月 - 2021年8月

  • 新潟大学   理学部 数学科   准教授

    2013年4月 - 2017年3月

▶ 全件表示

学歴

  • 早稲田大学   理工学研究科   数理科学専攻(1年短縮修了)

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

  • 早稲田大学   理工学研究科   数理科学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

  • 早稲田大学   教育学部   理学科数学専修

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会

 

論文

  • A two-dimensional rationality problem and intersections of two quadrics 査読

    Akinari Hoshi, Ming-Chang Kang, Hidetaka Kitayama, Aiichi Yamasaki

    Manuscripta Mathematica   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s00229-021-01313-7

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s00229-021-01313-7/fulltext.html

  • Rationality problem for norm one tori 査読

    Akinari Hoshi, Aiichi Yamasaki

    Israel Journal of Mathematics   241 ( 2 )   849 - 867   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    DOI: 10.1007/s11856-021-2117-1

    researchmap

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s11856-021-2117-1/fulltext.html

  • On Lecacheux’s family of quintic polynomials 査読

    Akinari Hoshi, Masakazu Koshiba

    Proceedings of the Japan Academy, Series A, Mathematical Sciences   97 ( 1 )   1 - 6   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Project Euclid  

    DOI: 10.3792/pjaa.97.001

    researchmap

  • Multiplicative invariant fields of dimension $\le 6$ 査読

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang, Aiichi Yamasaki

    To Appear in Mem. Amer. Math. Soc.   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Noether’s problem and rationality problem for multiplicative invariant fields: a survey 査読

    Akinari Hoshi

    RIMS Kôkyûroku Bessatsu   B77   29 - 53   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Three-dimensional purely quasimonomial actions 査読

    Akinari Hoshi, Hidetaka Kitayama

    Kyoto J. Math.   60 ( 1 )   335 - 377   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1215/21562261-2019-0008

    researchmap

  • Rationality problem for norm one tori in small dimensions 査読

    Sumito Hasegawa, Akinari Hoshi, Aiichi Yamasaki

    Math. Comp.   89   923 - 940   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1090/mcom/3469

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 査読 国際共著

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang, Aiichi Yamasaki

    J. Algebra   544   262 - 301   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2019.08.008

    researchmap

  • Rationality problems for relation modules of dihedral groups 査読 国際共著 国際誌

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang, Aiichi Yamasaki

    J. Algebra   530   368 - 401   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2019.04.015

    researchmap

  • Rationality Problem for Algebraic Tori 査読

    Akinari Hoshi, Aiichi Yamasaki

    MEMOIRS OF THE AMERICAN MATHEMATICAL SOCIETY   248 ( 1176 )   1 - 215   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER MATHEMATICAL SOC  

    We give the complete stably rational classification of algebraic tori of dimensions 4 and 5 over a field k. In particular, the stably rational classification of norm one tori whose Chevalley modules are of rank 4 and 5 is given. We show that there exist exactly 487 (resp. 7, resp. 216) stably rational (resp. not stably but retract rational, resp. not retract rational) algebraic tori of dimension 4, and there exist exactly 3051 (resp. 25, resp. 3003) stably rational (resp. not stably but retract rational, resp. not retract rational) algebraic tori of dimension 5. We make a procedure to compute a flabby resolution of a G-lattice effectively by using the computer algebra system GAP. Some algorithms may determine whether the flabby class of a G-lattice is invertible (resp. zero) or not. Using the algorithms, we determine all the flabby and coflabby G-lattices of rank up to 6 and verify that they are stably permutation. We also show that the Krull-Schmidt theorem for G-lattices holds when the rank <= 4, and fails when the rank is 5. Indeed, there exist exactly 11 (resp. 131) G-lattices of rank 5 (resp. 6) which are decomposable into two different ranks. Moreover, when the rank is 6, there exist exactly 18 G-lattices which are decomposable into the same ranks but the direct summands are not isomorphic. We confirm that H-1(G, F) = 0 for any Bravais group G of dimension n <= 6 where F is the flabby class of the corresponding G-lattice of rank n. In particular, H-1(G, F) = 0 for any maximal finite subgroup G = GL(n, Z) where n <= 6. As an application of the methods developed, some examples of not retract (stably) rational fields over k are given.

    DOI: 10.1090/memo/1176

    Web of Science

    researchmap

  • Complete solutions to a family of Thue equations of degree 12 査読

    Akinari Hoshi

    JOURNAL DE THEORIE DES NOMBRES DE BORDEAUX   29 ( 2 )   549 - 568   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:UNIV BORDEAUX, INST MATHEMATIQUES BORDEAUX  

    We consider a parametric non-Galois family of Thue equations F-m(x, y) = lambda of degree 12 where m is an integral parameter and A is a divisor of 729(m(2) + 3m + 9). Using the field isomorphism method which is developed in [15], we show that the equations have only the trivial solutions with xy(x + y)(x - y) . (x + 2y)(2x + y) = 0.

    DOI: 10.5802/jtnb.991

    Web of Science

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups 査読

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang, Aiichi Yamasaki

    JOURNAL OF ALGEBRA   458   120 - 133   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let k be any field, G be a finite group. Let G act on the rational function field k(x(g) : g is an element of G) by k-automorphisms defined by h . x(g) = x(hg) for any g, h is an element of G. Denote by k(G) = k(x(g) : g is an element of G)(G), the fixed subfield. Noether's problem asks whether k(G) is rational (= purely transcendental) over k. The unramified Brauer group Br-nr(C(G)) and the unramified cohomology H-nr(3)(C(G), Q/Z) are obstructions to the rationality of C(G) (see [14] and [5]). Peyre proves that, if p is an odd prime number, then there is a group G such that vertical bar G vertical bar = p(12), Br-nr(C(G)) = {0}, but H-nr(3)(C(G), Q/Z) not equal {0}; thus C(G) is not stably C-rational [12]. Using Peyre's method, we are able to find groups G with vertical bar G vertical bar = p(9) where p is an odd prime number such that Br-nr(C(G)) = {0}, H-nr(3) (C(G), Q/Z) not equal {0}. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2016.03.016

    Web of Science

    researchmap

  • Birational classification of fields of invariants for groups of order 128 査読

    Akinari Hoshi

    JOURNAL OF ALGEBRA   445   394 - 432   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let G be a finite group acting on the rational function field C(x(g) : g is an element of G) by C-automorphisms h(x(g)) = x(hg) for any g,h is an element of G. Noether's problem asks whether the invariant field C(G) = k(x(g) : g is an element of G)(G) is rational (i.e. purely transcendental) over C. By Fischer's theorem, C(G) is rational over C when G is a finite abelian group. Saltman and Bogomolov, respectively, showed that for any prime p there exist groups G of order p(9) and of order p(6) such that C(G) is not rational over C by showing the non-vanishing of the unraraified Brauer group: Bru(nr)(C(G)) not equal 0, which is an avatar of the birational invariant H-3 (X, Z)(tors) given by Artin and Mumford where X is a smooth projective complex variety whose function field is C(G). For p = 2, Chu, Hu, Kang and Prokhorov proved that if G is a 2-group of order <= 32, then C(G) is rational over C. Chu, Hu, Kang and Kunyavskii showed that if G is of order 64, then C(G) is rational over C except for the groups G belonging to the two isoclinism families Phi(13) with Br-nr(C(G)) = 0 and Phi(16) with Br-nr(C(G)) similar or equal to C-2. Bogomolov and Bohning's theorem claims that if G(1) and G(2) belong to the same isoclinism family, then C(G(1)) and C(G(2)) are stably C-isomorphic. We investigate the birational classification of C(G) for groups G of order 128 with Br-nr(C(G)) not equal 0. Moravec showed that there exist exactly 220 groups G of order 128 with Br-nr(C(G)) not equal 0 forming 11 isoclinism families Phi(j). We show that if G(1) and G(2) belong to Phi(16), Phi(31), Phi(37), Phi(39), Phi(43), Phi(58), Phi(60) or Phi(80) (resp. Phi(106) or Phi(114)), then C(G(1)) and C(G(2)) are stably C-isomorphic with Br-nr(C(G(i))) similar or equal to C-2. Explicit structures of non-rational fields C(G) are given for each cases including also the case Phi(30) with Br-nr(C(G)) similar or equal to C-2 X C-2. (C) 2015 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2015.05.035

    Web of Science

    researchmap

  • Noether's problem for groups of order 243 査読

    Huah Chu, Akinari Hoshi, Shou-Jen Hu, Ming-chang Kang

    JOURNAL OF ALGEBRA   442   233 - 259   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let k be any field, G be a finite group. Let G act on the rational function field k(x(g) : g is an element of G) by k-automorphisms defined by h . x(g) = x(hg) for any g,h is an element of G. Denote by k(G) = k(x(g) : g is an element of G)(G) the fixed field. Noether's problem asks, under what situations, the fixed field k(G) will be rational (= purely transcendental) over k. According to the data base of GAP there are 10 isoclinism families for groups of order 243. It is known that there are precisely 3 groups G of order 243 (they consist of the isoclinism family Phi(10)) such that the unramified Brauer group of C(G) over C is non-trivial. Thus C(G) is not rational over C. We will prove that, if zeta(9) is an element of k, then k(G) is rational over k for groups of order 243 other than these 3 groups, except possibly for groups belonging to the isoclinism family Phi(7). (C) 2015 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2015.03.010

    Web of Science

    researchmap

  • On Noether's problem for cyclic groups of prime order 査読

    Akinari Hoshi

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   91 ( 3 )   39 - 44   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ACAD  

    Let k be a field and G be a finite group acting on the rational function field k(x(g) vertical bar g is an element of G) by k-automorphisms h(x(g)) = x(hg) for any g, h is an element of G. Noether's problem asks whether the invariant field k(G) = k(x(g) vertical bar g is an element of G)(G) is rational (i.e. purely transcendental) over k. In 1974, Lenstra gave a necessary and sufficient condition to this problem for abelian groups G. However, even for the cyclic group C-p of prime order p, it is unknown whether there exist infinitely many primes p such that Q(C-p) is rational over Q. Only known 17 primes p for which Q(C-p) is rational over Q are p <= 43 and p = 61,67,71. We show that for primes p < 20000, Q(C-p) is not (stably) rational over Q except for affirmative 17 primes and undetermined 46 primes. Under the GRH, the generalized Riemann hypothesis, we also confirm that Q(C-p) is not (stably) rational over Q for undetermined 28 primes p out of 46.

    DOI: 10.3792/pjaa.91.39

    Web of Science

    researchmap

  • Rationality problem for quasi-monomial actions 査読

    Akinari Hoshi

    RIMS Kôkyûroku Bessatsu   B51   203 - 227   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    researchmap

  • On the simplest quartic fields and related Thue equations 査読

    Akinari Hoshi

    Computer Mathematics   67 - 85   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-662-43799-5_7

    researchmap

  • Quasi-monomial actions and some 4-dimensional rationality problems 査読

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang, Hidetaka Kitayama

    JOURNAL OF ALGEBRA   403   363 - 400   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let G be a finite group acting on k(x(1), ..., x(n)), the rational function field of n variables over a field k. The action is called a purely monomial action if cr " xi = for all sigma is an element of G, for 1 <= j <= n where is an element of GL(n) (Z). The main question is that, under what situations, the fixed field k(x(1), ..., x(n))(G) is rational (= purely transcendental) over k. This rationality problem has been studied by Hajja, Kang, Hoshi, Rikuna when n 3. In this paper we will prove that k(x(1), x(2), x(3), x(4))(G) is rational over k provided that the purely monomial action is decomposable. To prove this result, we introduce a new notion, the quasi-monomial action, which is a generalization of previous notions of multiplicative group actions. Moreover, we determine the rationality problem of purely quasi-monomial actions of K(x, y)(G) over k where k = K-G. (C) 2014 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2014.01.019

    Web of Science

    researchmap

  • NOETHER'S PROBLEM AND UNRAMIFIED BRAUER GROUPS 査読

    Akinari Hoshi, Ming-Chang Kang, Boris E. Kunyavskii

    ASIAN JOURNAL OF MATHEMATICS   17 ( 4 )   689 - 713   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT PRESS BOSTON, INC  

    Let k be any field, G be a finite group acting on the rational function field k(x(g) : g is an element of G) by h . x(g) = x(hg) for any h, g is an element of G. Define k(G) = k(x(g) : g is an element of G)(G). Noether's problem asks whether k(G) is rational (= purely transcendental) over k. It is known that, if C(G) is rational over C, then B-0(G) = 0 where B-0(G) is the unramified Brauer group of C(G) over C. Bogomolov showed that, if G is a p-group of order p(5), then B-0(G) = 0. This result was disproved by Moravec for p = 3, 5, 7 by computer calculations. We will prove the following theorem. Theorem. Let p be any odd prime number, G be a group of order p(5). Then B-0(G) not equal 0 if and only if G belongs to the isoclinism family Phi(10) in R. James's classification of groups of order p(5).

    DOI: 10.4310/AJM.2013.v17.n4.a8

    Web of Science

    researchmap

  • On the simplest sextic fields and related Thue equations 査読

    Akinari Hoshi

    Functiones et Approximatio Commentarii Mathematici   47 ( 1 )   35 - 49   2012年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Adam Mickiewicz University (Euclid)  

    DOI: 10.7169/facm/2012.47.1.3

    Scopus

    researchmap

  • On correspondence between solutions of a family of cubic Thue equations and isomorphism classes of the simplest cubic fields 査読

    Akinari Hoshi

    JOURNAL OF NUMBER THEORY   131 ( 11 )   2135 - 2150   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let m >= -1 be an integer. We give a correspondence between integer solutions to the parametric family of cubic Thue equations
    X(3) - mX(2)Y - (m+3)XY(2) - Y(3) = lambda
    where lambda > 0 is a divisor of m(2) + 3m + 9 and isomorphism classes of the simplest cubic fields. By the correspondence and R. Okazaki's result, we determine the exactly 66 non-trivial solutions to the Thue equations for positive divisors lambda of m(2) + 3m + 9. As a consequence, we obtain another proof of Okazaki's theorem which asserts that the simplest cubic fields are non-isomorphic to each other except for m = -1,0, 1, 2, 3, 5, 12, 54, 66, 1259, 2389. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jnt.2011.05.001

    Web of Science

    researchmap

  • Rationality problem of three-dimensional monomial group actions 査読

    Akinari Hoshi, Hidetaka Kitayama, Aiichi Yamasaki

    JOURNAL OF ALGEBRA   341 ( 1 )   45 - 108   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Let K be a field of characteristic not two and K(x, y, z) the rational function field over K with three variables x, y. z. Let G be a finite group acting on K(x. y, z) by monomial K-automorphisms. We consider the rationality problem of the fixed field K(x, y, z)(G) under the action of G, namely whether K(x, y, z)(G) is rational (that is, purely transcendental) over K or not. We may assume that G is a subgroup of GL(3, Z) and the problem is determined up to conjugacy in GL(3, Z). There are 73 conjugacy classes of G in GL(3, Z). By results of Endo-Miyata, Voskresenskii, Lenstra, Saltman, Hajja. Rang and Yamasaki, 8 conjugacy classes of 2-groups in GL(3, Z) have negative answers to the problem under certain monomial actions over some base field K, and the necessary and sufficient condition for the rationality of K(x, y, z)(G) over K is given. In this paper, we show that the fixed field K (x. y,z)(G) under monomial action of G is rational over K except for possibly negative 8 cases of 2-groups and unknown one case of the alternating group of degree four. Moreover we give explicit transcendental bases of the fixed fields over K. For the unknown case, we obtain an affirmative solution to the problem under some conditions. In particular, we show that if K is quadratically closed field then K(x, y, z)(G) is rational over K. We also give an application of the result to 4-dimensional linear Noether's problem. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jalgebra.2011.06.004

    Web of Science

    researchmap

  • TWISTED SYMMETRIC GROUP ACTIONS 査読

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang

    PACIFIC JOURNAL OF MATHEMATICS   248 ( 2 )   285 - 304   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PACIFIC JOURNAL MATHEMATICS  

    Let K be any field, let K (x(1),..., x(n)) be the rational function field of n variables over K, and let S-n and An be the symmetric group and the alternating group of degree n, respectively. For any a epsilon K\{0}, define an action of Sn on K (x(1),...,x(n)) by sigma center dot x(i) = x(sigma(i)) for sigma epsilon A(n) and sigma center dot x(i) = a/x(sigma(i)) for sigma epsilon S-n \ A(n). We prove that for any field K and n D 3; 4; 5, the fixed field K (x(1),...,x(n))(Sn) is rational (that is, purely transcendental) over K.

    DOI: 10.2140/pjm.2010.248.285

    Web of Science

    researchmap

  • ON THE FIELD INTERSECTION PROBLEM OF SOLVABLE QUINTIC GENERIC POLYNOMIALS 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    INTERNATIONAL JOURNAL OF NUMBER THEORY   6 ( 5 )   1047 - 1081   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    We study a general method of the field intersection problem of generic polynomials over an arbitrary field k via formal Tschirnhausen transformation. In the case of solvable quintic, we give an explicit answer to the problem by using multi-resolvent polynomials.

    DOI: 10.1142/S179304211000337X

    Web of Science

    researchmap

  • A note on the field isomorphism problem of X^3+sX+s and related cubic Thue equations 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    Interdiscip. Inform. Sci., Special Section: Japan-Korea Joint Seminar on Number Theory and Related Topics 2008   16 ( 1 )   45 - 54   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4036/iis.2010.45

    researchmap

  • SOME DIOPHANTINE PROBLEMS ARISING FROM THE ISOMORPHISM PROBLEM OF GENERIC POLYNOMIALS 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    NUMBER THEORY: DREAMING IN DREAMS   6   87 - 105   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD  

    Let k be a field and G a finite group. A k-generic polynomial for G covers all G-Galois extensions L/K over k by specializing parameters to elements of the bottom field K of the G-Galois extension. We study the field isomorphism problem of k-generic polynomials for various G's to determine the 'moduli' of G-Galois extensions given by them over K, and announce some results of cubic, quartic and quintic cases. In cubic and quartic cases over infinite field, we see that the generic polynomials give the same splitting fields for infinitely many specialized values of the parameters. For cubic generic polynomials with the least possible number of parameters, furthermore, we show by Siegel's Theorem for curves of genus 0 that there are only finitely many integral values of the parameters which may give the same number fields. We will also show a correspondence between integral solutions of some parametric cubic Thue equations and isomorphism classes of Shanks' simplest cubic fields. Some of the results of this survey article will be published elsewhere.

    DOI: 10.1142/9789814289924_0004

    Web of Science

    researchmap

  • On the field intersection problem of generic polynomials: a survey 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    RIMS Kôkyûroku Bessatsu   B12   231 - 247   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On the field intersection problem of quartic generic polynomials via formal Tschirnhausen transformation 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    Comment. Math. Univ. St. Pauli   58 ( 1 )   51 - 86   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14992/00008648

    researchmap

  • A geometric framework for the subfield problem of generic polynomials via Tschirnhausen transformation 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    Number Theory and Applications: Proceedings of the International Conferences on Number Theory and Cryptography, Hindustan Book Agency   65 - 104   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-93-86279-46-0

    researchmap

  • A rationality problem of some Cremona transformation 査読

    Akinari Hoshi, Ming-chang Kang

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   84 ( 8 )   133 - 137   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ACAD  

    In this note we give a new approach to the rationality problem of some, Cremona transformation. Let k be any field, k(x,y) be the rational function field of two variables over k. Let sigma be t k-automorphism of k(x,y) defined by
    sigma(x)= -x(3x-9y-y(2))(3)/(27x+2x(2)+9xy+2xy(2)-y(3))(2), sigma(y)=-(3x+y(2))(3x-9y-y(2))/27x+2x(2)+9xy+2xy(2)-y(3).
    Theorem. The fixed field k(x,y)((sigma)) is rational (= purely transcendental) over k. Embodied in a new proof of the above theorem several general guidelines for solving the rationality problem of Cremona transformations, which may be applied elsewhere.

    DOI: 10.3792/pjaa.84.133

    Web of Science

    researchmap

  • Rationality problem of three-dimensional purely monomial group actions: the last case 査読

    Akinari Hoshi, Yuichi Rikuna

    MATHEMATICS OF COMPUTATION   77 ( 263 )   1823 - 1829   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER MATHEMATICAL SOC  

    A k-automorphism sigma of the rational function field k(x(1), ... , x(n)) is called purely monomial if s sends every variable xi to a monic Laurent monomial in the variables x(1), ... , x(n). Let G be a finite subgroup of purely monomial k- automorphisms of k(x(1), ... , x(n)). The rationality problem of the G-action is the problem of whether the G- fixed field k( x(1), ... , x(n)) G is k- rational, i.e., purely transcendental over k, or not. In 1994, M. Hajja and M. Kang gave a positive answer for the rationality problem of the three-dimensional purely monomial group actions except one case. We show that the remaining case is also affirmative.

    DOI: 10.1090/S0025-5718-08-02069-3

    Web of Science

    researchmap

  • Noether's problem and $\mathbb{Q}$-generic polynomials for the normalizer of the 8-cycle in $S_8$ and its subgroups 査読

    Ki-ichiro Hashimoto, Akinari Hoshi, Yuichi Rikuna

    MATHEMATICS OF COMPUTATION   77 ( 262 )   1153 - 1183   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER MATHEMATICAL SOC  

    We study Noether's problem for various subgroups H of the normalizer of a group C-8 generated by an 8-cycle in S-8, the symmetric group of degree 8, in three aspects according to the way they act on rational function fields, i.e., Q(X-0 , . . . , X-7), Q(x(1) , . . . , x(4)), and Q(x, y). We prove that it has affirmative answers for those H containing C-8 properly and derive a Q-generic polynomial with four parameters for each H. On the other hand, it is known in connection to the negative answer to the same problem for C-8/Q that there does not exist a Q-generic polynomial for C-8. This leads us to the question whether and how one can describe, for a given field K of characteristic zero, the set of C-8-extensions L/K. One of the main results of this paper gives an answer to this question.

    DOI: 10.1090/S0025-5718-07-02094-7

    Web of Science

    researchmap

  • Tschirnhausen transformation of a cubic generic polynomial and a 2-dimensional involutive Cremona transformation 査読

    Akinari Hoshi, Katsuya Miyake

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   83 ( 3 )   21 - 26   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ACAD  

    We study the field isomorphism problem for a cubic generic polynomial X-3 + sX + s via Tschirnhausen transformation. Through this process, there naturally appears a 2-dimensional involutive Cremona transformation. We show that the fixed field under the action of the transformation is purely transcendental over an arbitrary base field.

    DOI: 10.3792/pjaa.83.21

    Web of Science

    researchmap

  • Explicit lifts of quintic Jacobi sums and period polynomials $\mathbf{F}_q$ 査読

    Akinari Hoshi

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   82 ( 7 )   87 - 92   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ACAD  

    DOI: 10.3792/pjaa.82.87

    Web of Science

    researchmap

  • Families of cyclic polynomials obtained from geometric generalization of Gaussian period relations 査読

    Ki-ichiro Hashimoto, Akinari Hoshi

    MATHEMATICS OF COMPUTATION   74 ( 251 )   1519 - 1530   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER MATHEMATICAL SOC  

    A general method of constructing families of cyclic polynomials over Q with more than one parameter will be discussed, which may be called a geometric generalization of the Gaussian period relations. Using this, we obtain explicit multi-parametric families of cyclic polynomials over Q of degree 3 <= e <= 7. We also give a simple family of cyclic polynomials with one parameter in each case, by specializing our parameters.

    DOI: 10.1090/S0025-5718-05-01750-3

    Web of Science

    researchmap

  • Geometric generalization of gaussian period relations with application to noether’s problem for meta-cyclic groups 査読

    Ki-ichiro Hashimoto, Akinari Hoshi

    Tokyo Journal of Mathematics   28 ( 1 )   13 - 32   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study Noether’s problem over Q for meta-cyclic groups. This paper is an extension of the previous work [2], which was concerned with the cyclic group Cn of order n. We shall give a simple description of the action of the normalizer of Cn in Sn to the function field Q(x1,…, xn), in terms of the generators of the fixed field of Cn given in [2]. Using this, we settle Noether’s problem for the dihedral group of order 2n (n ≤ 6) and the Frobenius group of order 20 with explicit construction of independent generators of the fixed fields. We shall also reconstruct some simple one-parameter families of cyclic and dihedral polynomials. © 2005 International Academic Printing Co. Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.3836/tjm/1244208276

    Scopus

    researchmap

  • Noether's problem for some meta-abelian groups of small degree 査読

    Akinari Hoshi

    Proceedings of the Japan Academy Series A: Mathematical Sciences   81 ( 1 )   1 - 6   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Academy  

    In this note we solve Noether's problem over Q for some meta-abelian groups of small degree n. Let G be a subgroup of the group of one-dimensional affine transformations on Z/nZ which contains Z/nZ. For n = 9,10,12,14,15, we show that Noether's problem for G has an affirmative answer by constructing an explicit transcendental basis of the fixed field over Q.

    DOI: 10.3792/pjaa.81.1

    Scopus

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties 査読

    Akinari Hoshi

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES A-MATHEMATICAL SCIENCES   79 ( 4 )   71 - 75   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN ACAD  

    In this note we extend Hurwitz-type multiplication of quadratic forms. For a regular quadratic space (K-n, q), we restrict the domain of q to an algebraic variety V subset of or equal to K-n and require a Hurwitz-type "bilinear condition" on V. This means the existence of a bilinear map phi: K-n x K-n --> K-n such that phi(V x V) subset of V and q(X)q(Y) = q(phi(X, Y)) for any X, Y is an element of V. We show that the m-fold Pfister form is multiplicative on certain proper subvariety in K-2m for any m. We also show the existence of multiplicative quadratic forms which are different from Pfister forms on certain algebraic varieties for n = 4, 6. Especially for n = 4 we give a certain family of them.

    DOI: 10.3792/pjaa.79.71

    Web of Science

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 群論序説

    星明考( 担当: 単著)

    日本評論社  2016年3月  ( ISBN:9784535788091

     詳細を見る

    総ページ数:280   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    researchmap

  • 要点明解 線形数学 改訂版

    印南信宏, 田中環, 小島秀雄, 星明考( 担当: 共著)

    培風館  2016年2月  ( ISBN:9784563012007

     詳細を見る

講演・口頭発表等

  • Davenport and Hasse's theorems and lifts of multiplication matrices of Gaussian periods

    星 明考, 金井 和貴

    日本数学会2021 年度秋季総合分科会  2021年9月  Zoom (Chiba)

     詳細を見る

    開催地:Zoom (Chiba)   国名:日本国  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    Homotopic and Geometric Galois Theory, (Prof. Benjamin Collas, Pierre Debes, Hiroaki Nakamura and Jakob Stix)  2021年3月  Zoom (Oberwolfach)

     詳細を見る

    開催地:Zoom (Oberwolfach)  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    Degenerations and models of algebraic varieties and related topics (Prof. Kentaro Mitsui, Ryo Ohkawa, Masa-Hiko Saito and Taro Sano)  2021年2月  Zoom (Kobe)

     詳細を見る

    開催地:Zoom (Kobe)  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    第18回代数曲線論シンポジウム (Prof. Akira Ohbuchi)  2020年12月  Zoom (Tokushima)

     詳細を見る

    開催地:Zoom (Tokushima)   国名:日本国  

    researchmap

  • Norm one tori and Hasse norm principle

    星 明考, 金井 和貴, 山崎 愛一

    日本数学会2020年度年会  2020年3月  日本大学

     詳細を見る

    開催地:日本大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Norm one tori and Hasse norm principle, II

    星 明考, 金井 和貴, 山崎 愛一

    日本数学会2020年度年会  2020年3月  日本大学

     詳細を見る

    開催地:日本大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    第15回多項式環論セミナー (Prof. Shigeru Kuroda and Ryuji Tanimoto)  2020年2月  静岡大学

     詳細を見る

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    第41回可換環論シンポジウム (Prof. Tokuji Araya, Mitsuyasu Hashimoto and Futoshi Hayasaka)  2019年11月  倉敷シーサイドホテル

     詳細を見る

    開催地:倉敷シーサイドホテル   国名:日本国  

    researchmap

  • Norm one tori and Hasse norm principle (III) 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2019年11月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    射影多様体の幾何とその周辺 2019 (Prof. Yoshiaki Fukuma, Hideo Kojima and Takeshi Harui)  2019年11月  高知大学

     詳細を見る

    開催地:高知大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Norm one tori and Hasse norm principle (II) 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2019年10月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

    researchmap

  • 3次不分岐コホモロジー群とネーター問題 招待

    星 明考

    第27回整数論サマースクール (Prof. Toru Komatsu and Hidetaka Kitayama)  2019年9月  東北公益文科大学公益ホール

     詳細を見る

    開催地:東北公益文科大学公益ホール  

    researchmap

  • 半単項式作用と有理性問題 招待

    星 明考

    第27回整数論サマースクール (Prof. Toru Komatsu and Hidetaka Kitayama)  2019年9月  東北公益文科大学公益ホール

     詳細を見る

    開催地:東北公益文科大学公益ホール  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    NCTS Seminar on Algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2019年8月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学   国名:台湾  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Takeshi Miura and Takahiro Hayata)  2019年6月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Rationality problem for algebraic tori 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2019年6月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Rationality problem for norm one tori, II

    長谷川 寿人, 星 明考, 山崎 愛一

    日本数学会2019年度年会  2019年3月  東京工業大学

     詳細を見る

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Noether's problem for $N\rtimes A_6$

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2019年度年会  2019年3月  東京工業大学

     詳細を見る

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Rationality problem for norm one tori

    星 明考, 山崎 愛一

    日本数学会2019年度年会  2019年3月  東京工業大学

     詳細を見る

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    Seminaire "Varietes Rationnelles" (Prof. Jean-Louis Colliot-Thelene, Cyril Demarche and Mathieu Florence)  2018年6月  Universite Pierre-et-Marie-Curie (Paris VI)

     詳細を見る

    開催地:Universite Pierre-et-Marie-Curie (Paris VI)   国名:フランス共和国  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants and unramified cohomology groups 招待

    星 明考

    International Workshop on Algebra (Prof. Jungkai Alfred Chen and Chia-Fu Yu)  2018年6月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学   国名:台湾  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 (II) 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2018年5月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Computation of degree three unramified cohomology groups using GAP

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2018年度年会  2018年3月  東京大学

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2018年度年会  2018年3月  東京大学

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups and Noether's problem for groups of order 243 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2017年12月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    代数幾何学城崎シンポジウム2017 (Prof. Taro Fujisawa, Takuzo Okada and Taro Sano)  2017年10月  城崎国際アートセンター

     詳細を見る

    開催地:城崎国際アートセンター  

    researchmap

  • Unramified Brauer group of multiplicative invariant fields of dimension $\le 6$ (I) 招待

    星 明考

    NCTS Seminar on Algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2017年9月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    神楽坂代数セミナー (Prof. Masanari Kida)  2017年7月  東京理科大学

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    九大代数学セミナー (Prof. Masanobu Kaneko, Shinichi Kobayashi and Shun'ichi Yokoyama)  2017年7月  九州大学

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Takeshi Miura and Takahiro Hayata)  2017年7月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Cubic Thue equations and simplest cubic fields 招待

    星 明考

    Journees Algophantiennes Bordelaises 2017 (Prof. Yuri Bilu)  2017年6月  ボルドー大学

     詳細を見る

    開催地:ボルドー大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    代数幾何学セミナー (Prof. Takehiko Yasuda)  2017年5月  大阪大学

     詳細を見る

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • Multiplicative invariant fields of dimension $n \le 6$

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2017年度年会  2017年3月  首都大学東京

     詳細を見る

    開催地:首都大学東京  

    researchmap

  • Relation modules of dihedral groups

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2017年度年会  2017年3月  首都大学東京

     詳細を見る

    開催地:首都大学東京  

    researchmap

  • Degree three unramifed cohomology groups (II)

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2017年度年会  2017年3月  首都大学東京

     詳細を見る

    開催地:首都大学東京  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    第15回アフィン代数幾何学研究集会 (Prof. Hideo Kojima, Takashi Kishimoto, Adrien Dubouloz and Kayo Masuda)  2017年3月  関西学院大学

     詳細を見る

    開催地:関西学院大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    新潟代数セミナー (Prof. Hideo Kojima and Takeshi Takahashi)  2016年12月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    研究集会「代数的整数論とその周辺」 (Prof. Yasuo Ohno and Hiroshi Tsunogai)  2016年11月  京都大学

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    研究集会「等距離写像研究の多角的アプローチ」 (Prof. Takeshi Miura)  2016年10月  京都大学

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    Japan-Taiwan Joint conference on Number theory 2016 (Prof. Ming-Lun Hsieh and Masataka Chida)  2016年9月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    松江セミナー (Prof. Miho Aoki)  2016年7月  島根大学

     詳細を見る

    開催地:島根大学  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    松江セミナー (Prof. Miho Aoki)  2016年7月  島根大学

     詳細を見る

    開催地:島根大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    研究集会「代数多様体の有理性と自己写像」 (Prof. Shigeru Mukai and Keiji Oguiso)  2016年7月  京都大学

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    愛知数論セミナー (Prof. Yasuhiro Kishi and Yasushi Mizusawa)  2016年7月  愛知工業大学本山キャンパス

     詳細を見る

    開催地:愛知工業大学本山キャンパス  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Takeshi Miura and Takahiro Hayata)  2016年7月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Birational classification of fields of invariants for groups of order 128 招待

    星 明考

    Workshop on Galois point and related topics (Prof. Kei Miura, Takeshi Takahashi and Satoru Fukasawa)  2016年6月  新潟大学駅南キャンパスときめいと

     詳細を見る

    開催地:新潟大学駅南キャンパスときめいと  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    東京理科大学理工学部数学教室談話会  2016年5月  東京理科大学

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • Three-dimensional purely quasi-monomial actions

    星 明考, 北山秀隆

    日本数学会2016年度年会  2016年3月  筑波大学

     詳細を見る

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Degree three unramified cohomology groups

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎 愛一

    日本数学会2016年度年会  2016年3月  筑波大学

     詳細を見る

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Bravais group of dimension $n \le 6$ and corresponding quadratic forms

    星 明考, 山崎 愛一

    日本数学会2016年度年会  2016年3月  筑波大学

     詳細を見る

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • On Noether's problem for cyclic groups of prime order

    星 明考

    日本数学会2016年度年会  2016年3月  筑波大学

     詳細を見る

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • On the simplest number fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    解析数論セミナー (Prof. Koji Matsumoto)  2015年12月  名古屋大学

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • Birational classification of fields of invariants for groups of order 128 招待

    星 明考

    第11回代数曲面ワークショップ at 秋葉原 (Prof. Kazuhiro Konno and Hiro-o Tokunaga)  2015年10月  首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス

     詳細を見る

    開催地:首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス  

    researchmap

  • On Noether's problem for cyclic groups of prime order 招待

    星 明考

    研究集会「計算代数システムによる新しい数学の開拓と進展」 (Prof. Shun'ichi Yokoyama, Manabu Oura, Masanari Kida and Akihiro Munemasa)  2015年9月  京都大学

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • On the simplest number fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    The 4th International Congress on Natural Sciences (ICNS2015)  2015年9月  国立彰化師範大学

     詳細を見る

    開催地:国立彰化師範大学  

    researchmap

  • On the simplest number fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    29th Journees Arithmetiques (JA2015)  2015年9月  デブレツェン大学

     詳細を見る

    開催地:デブレツェン大学  

    researchmap

  • Rationality problem for algebraic tori 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Takeshi Miura and Takahiro Hayata)  2015年6月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Birational classification of fields of invariants for groups of order 128

    星 明考

    日本数学会2015年度年会  2015年3月  明治大学

     詳細を見る

    開催地:明治大学  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    Joint Seminar and Reseach Camp (JSRC2015)  2015年3月  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    射影多様体の幾何とその周辺 2014 (Prof. Yoshiaki Fukuma and Hideo Kojima)  2014年11月  高知大学

     詳細を見る

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • Birational classification of fields of invariants for groups of order 128 招待

    星 明考

    New Developments in Algebraic Geometry (Prof. Caucher Birkar, Jungkai Alfred Chen, Wu-Yen Chuang and Jeng-Daw Yu)  2014年9月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Rationality problem for algebraic tori

    星 明考, 山崎愛一

    SEOUL ICM 2014  2014年8月  Coex

     詳細を見る

    開催地:Coex  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Takeshi Miura and Takahiro Hayata)  2014年6月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Class numbers and algebraic tori

    星 明考, Ming-chang Kang, 山崎愛一

    日本数学会2014年度年会  2014年3月  学習院大学

     詳細を見る

    開催地:学習院大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 招待

    星 明考

    Workshop on Galois point and related topics (Prof. Kei Miura, Takeshi Takahashi and Satoru Fukasawa),  2013年9月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • ネーター問題と不分岐ブラウアー群 招待

    星 明考

    西早稲田数論セミナー (Prof. Yumiko Hironaka)  2013年9月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Rationality problem for fields of invariants: a survey 招待

    星 明考, 山崎愛一

    One-day workshop of algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2013年8月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    代数幾何学セミナー (Prof. Shigeyuki Kondo and Shohei Ma)  2013年6月  名古屋大学

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • Krull-Schmidt theorem fails for dimension 5

    星 明考, 山崎愛一

    日本数学会2013年度年会  2013年3月  京都大学

     詳細を見る

    開催地:京都大学  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 ―ガロア逆問題の視点から― 招待

    星 明考

    立教大学理学部数学教室談話会  2013年1月  立教大学

     詳細を見る

    開催地:立教大学  

    researchmap

  • Rationality problem of quasi-monomial actions 招待

    星 明考

    研究集会「代数的整数論とその周辺」 (Prof. Atsushi Shiho and Tadashi Ochiai)  2012年12月  京都大学数理解析研究所

     詳細を見る

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • 不変体の有理性問題 ―ガロア逆問題の視点から― 招待

    星 明考

    第108回 7階セミナー  2012年11月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Rationality problem for algebraic tori

    星 明考, 山崎愛一

    日本数学会2012年度秋季総合分科会  2012年9月  九州大学

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups

    星 明考, Ming-chang Kang, Boris E. Kunyavskii

    日本数学会2012年度秋季総合分科会  2012年9月  九州大学

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    Workshop on Galois point and related topics (Prof. Kei Miura, Takeshi Takahashi and Satoru Fukasawa)  2012年9月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Rationality problem of algebraic tori (I) (joint work with A. Yamasaki) 招待

    星 明考

    One-day workshop of algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2012年8月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    第7回福岡数論研究集会 (Prof. Masanobu Kaneko, Yasuro Gon and Yasuhiro Kishi)  2012年8月  九州大学

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    研究集会「Magmaで開く数学の世界」 (Prof. Manabu Oura, Masanari Kida, Masaaki Harada, Akihiro Munemasa and Shun'ichi Yokoyama)  2012年7月  高知大学

     詳細を見る

    開催地:高知大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    第11回仙台広島整数論集会 (Prof. Toshiro Hiranouchi, Makoto Matsumoto, Hiroki Sumida-Takahashi, Nobuo Tsuzuki and Akihiko Yukie)  2012年7月  東北大学

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Sin-Ei Takahasi and Takeshi Miura)  2012年6月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Noether's problem and unramified Brauer groups (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    特異点論月曜セミナー (Prof. Kei-Ichi Watanabe)  2012年5月  日本大学

     詳細を見る

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • Quasi-monomial actions and some 4-dimensional rationality problems

    星 明考, Ming-chang Kang, 北山秀隆

    日本数学会2012年度年会  2012年3月  東京理科大学

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • Unramified Brauer groups for groups of order $p^5$

    星 明考, Ming-chang Kang

    日本数学会2012年度年会  2012年3月  東京理科大学

     詳細を見る

    開催地:東京理科大学  

    researchmap

  • Unramified Brauer groups for groups of order $p^5$ (joint work with M. Kang and B.E. Kunyavskii) 招待

    星 明考

    代数幾何ミニ研究集会 (Prof. Fumio Sakai)  2012年3月  埼玉大学

     詳細を見る

    開催地:埼玉大学  

    researchmap

  • Quasi-monomial actions and some 4-dimensional rationality problems (joint work with M. Kang and H. Kitayama) 招待

    星 明考

    第9回アフィン代数幾何学研究集会 (Prof. Takashi Kishimoto, Hideo Kojima and Shigeru Kuroda)  2012年3月  関西学院大学

     詳細を見る

    開催地:関西学院大学  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    立教大学理学部数学教室談話会  2012年1月  立教大学

     詳細を見る

    開催地:立教大学  

    researchmap

  • On the simplest sextic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    One-day workshop of algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2011年8月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Three-dimensional monomial group actions (joint work with H. Kitayama and A. Yamasaki) 招待

    星 明考

    Seminar of Algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2010年10月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • Three-dimensional monomial group actions (joint work with H. Kitayama and A. Yamasaki) 招待

    星 明考

    TIMS Lecture (Prof. Ming-chang Kang)  2010年10月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • On the simplest sextic fields and related Thue equations

    星 明考

    日本数学会2010年度秋季総合分科会  2010年9月  名古屋大学

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • On the simplest cubic fields and related Thue equations

    星 明考

    日本数学会2010年度秋季総合分科会  2010年9月  名古屋大学

     詳細を見る

    開催地:名古屋大学  

    researchmap

  • Rationality problem of twisted symmetric group actions

    星 明考

    日本数学会2010年度年会  2010年3月  慶應義塾大学

     詳細を見る

    開催地:慶應義塾大学  

    researchmap

  • Rationality problem of three-dimensional monomial group actions (joint work with H. Kitayama and A. Yamasaki) 招待

    星 明考

    第5回アフィン代数幾何学研究集会 (Prof. Kayo Masuda, Hideo Kojima and Takashi Kishimoto)  2010年3月  関西学院大学

     詳細を見る

    開催地:関西学院大学  

    researchmap

  • Rationality problem for three-dimensional monomial group actions 招待

    星 明考, 北山秀隆, 山崎愛一

    北陸数論研究集会,研究集会 「ガロア理論とその周辺」(共催) (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Akito Nomura)  2009年12月  金沢大学サテライト・プラザ

     詳細を見る

    開催地:金沢大学サテライト・プラザ  

    researchmap

  • Simple families of cyclic polynomials and related problems 招待

    星 明考

    北陸数論研究集会,研究集会 「ガロア理論とその周辺」(共催) (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Akito Nomura)  2009年12月  金沢大学サテライト・プラザ

     詳細を見る

    開催地:金沢大学サテライト・プラザ  

    researchmap

  • On the simplest quartic fields and related Thue equations 招待

    星 明考

    The Joint Conference of ASCM2009 and MACIS2009 (Prof. Guenael Renault and Kazuhiro Yokoyama)  2009年12月  JALリゾート シーホークホテル福岡

     詳細を見る

    開催地:JALリゾート シーホークホテル福岡  

    researchmap

  • Three-dimensional monomial group actions

    星 明考, 北山秀隆, 山崎愛一

    日本数学会2009年度秋季総合分科会  2009年9月  大阪大学

     詳細を見る

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • On the field isomorphism problem of $X^3+sX+s$ and related cubic Thue equations

    星 明考, 三宅克哉

    日本数学会2009年度秋季総合分科会  2009年9月  大阪大学

     詳細を見る

    開催地:大阪大学  

    researchmap

  • On correspondence between solutions of a parametric family of cubic Thue equations and isomorphism classes of simplest cubic fields 招待

    星 明考

    研究集会 「Diophantine Analysis and Related Fields 2009」 (Prof. Noriko Hirata-Kohno, Masaaki Amou, Ryotaro Okazaki, Takao Komatsu and Isao Wakabayashi)  2009年3月  日本大学

     詳細を見る

    開催地:日本大学  

    researchmap

  • On the field isomorphism problem of generic polynomials via formal Tschirnhausen transformation 招待

    星 明考, 三宅克哉

    日韓整数論セミナー2008 (Prof. Hisao Taya)  2008年11月  東北大学

     詳細を見る

    開催地:東北大学  

    researchmap

  • 生成的多項式の同型問題に対する考察

    星 明考, 三宅克哉

    日本数学会2008年度秋季総合分科会  2008年9月  東京工業大学

     詳細を見る

    開催地:東京工業大学  

    researchmap

  • On the field isomorphism problem of generic polynomials via formal Tschirnhausen transformation 招待

    星 明考, 三宅克哉

    研究集会 「ガロア理論とその周辺」 (Prof. Ki-ichiro Hashimoto, Shin-ichi Katayama, Hiroaki Nakamura, Hiroki Sumida-Takahashi and Masanari Kida)  2008年9月  徳島大学

     詳細を見る

    開催地:徳島大学  

    researchmap

  • Some Diophantine problems arising from the isomorphism problem of generic polynomials 招待

    星 明考, 三宅克哉

    第5回日中数論セミナー (Prof. Shigeru Kanemitsu)  2008年8月  近畿大学

     詳細を見る

    開催地:近畿大学  

    researchmap

  • 生成的多項式の共通部分体問題に対する考察 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Sin-Ei Takahasi and Takeshi Miura)  2008年7月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • On the field intersection problem of generic polynomials via resolvent polynomials 招待

    星 明考

    Foundations of Computational Mathematics (FoCM'08) (Prof. Hendrik Lenstra, Takakazu Satoh and Peter Stevenhagen)  2008年6月  香港城市大学

     詳細を見る

    開催地:香港城市大学  

    researchmap

  • A geometric framework for the subfield problem of generic polynomials via Tschirnhausen transformation (三宅克哉氏との共同研究) 招待

    星 明考

    研究集会「代数的整数論とその周辺」 (Prof. Mamoru Asada and Hiroaki Nakamura)  2007年12月  京都大学数理解析研究所

     詳細を見る

    開催地:京都大学数理解析研究所  

    researchmap

  • 生成的多項式の同型問題への考察 (三宅克哉氏との共同研究) 招待

    星 明考

    研究集会 「代数学と計算」 (Prof. Ken Nakamula, Michio Ozeki, Nobuki Takayama, Katsushi Waki, Hirofumi Tsumura and Shigenori Uchiyama)  2007年12月  首都大学東京

     詳細を見る

    開催地:首都大学東京  

    researchmap

  • A geometric framework for the subfield problem of generic polynomials via Tschirnhausen transformation 招待

    星 明考, 三宅克哉

    研究集会 「ガロア理論とその周辺」 (Prof. Ki-ichiro Hashimoto, Naoki Murabayashi and Masanari Kida)  2007年11月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • A geometric framework for the subfield problem of generic polynomials via Tschirnhausen transformation (joint work with K. Miyake) 招待

    星 明考

    早稲田大学整数論セミナー (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2007年10月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Cubic generic polynomials and some Cremona transformations (joint work with Prof. K. Miyake) 招待

    星 明考

    Seminar of Algebra (Prof. Ming-chang Kang)  2007年7月  国立台湾大学

     詳細を見る

    開催地:国立台湾大学  

    researchmap

  • チルンハウス変換と3次生成的多項式に対する同型問題について 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Sin-Ei Takahasi and Takeshi Miura)  2007年7月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • Galois逆問題における構成的研究(入門)−生成的多項式とネーターの問題− 招待

    星 明考

    Workshop on Galois point and related topics (Prof. Masaaki Homma and Hisao Yoshihara)  2007年7月  神奈川大学

     詳細を見る

    開催地:神奈川大学  

    researchmap

  • Tschirnhausen transformation of a cubic generic polynomial and a 2-dimensional involutive Cremona transformation 招待

    星 明考

    NCTS Short Course on Number Theory (Prof. Wen-Ching Winnie Li and Jing Yu)  2007年6月  国立清華大学

     詳細を見る

    開催地:国立清華大学  

    researchmap

  • Tschirnhausen Transformation of a Cubic Generic Polynomial and a 2-dimensional Involutive Cremona Transformation 招待

    星 明考, 三宅克哉

    International Conference on Number Theory (Prof. Balakrishnan Ramakrishnan and Kalyan Chakraborty)  2006年12月  ハリスチャンドラ研究所

     詳細を見る

    開催地:ハリスチャンドラ研究所  

    researchmap

  • 3次生成的多項式のチルンハウス変換から生じる2次元クレモナ群のインヴォルーションとその固定体

    星 明考, 三宅克哉

    日本数学会2006年度秋季総合分科会  2006年9月  大阪市立大学

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

    researchmap

  • 3次生成的多項式のチルンハウス変換から生じる2次元クレモナ群のインヴォルーションとその固定体 招待

    星 明考

    第1回福岡数論研究集会 (Prof. Toru Komatsu)  2006年8月  九州大学

     詳細を見る

    開催地:九州大学  

    researchmap

  • ネーター問題と生成的多項式−ガロア逆問題の視点から− 招待

    星 明考

    可換Banach環と関連分野研究集会 (Prof. Sin-Ei Takahasi and Takeshi Miura)  2006年7月  山形大学

     詳細を見る

    開催地:山形大学  

    researchmap

  • ガロア逆問題における生成的多項式(入門) 招待

    星 明考

    第69回 7階セミナー  2006年6月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Noether's problem for Frobenius groups of prime degree up to 23 招待

    星 明考

    研究集会 「代数方程式とガロア群」 (Prof. Ki-ichiro Hashimoto, Masanari Kida and Nobuhiro Terai)  2005年9月  鹿児島大学

     詳細を見る

    開催地:鹿児島大学  

    researchmap

  • Noether's problem and Q-generic polynomials for the normalizer of the 8-cycle in $S_8$ and its subgroups 招待

    星 明考

    Vortrag in der Arbeitsgemeinschaft ueber Algebra (Prof. Gregor Kemper)  2005年7月  ミュンヘン工科大学

     詳細を見る

    開催地:ミュンヘン工科大学  

    researchmap

  • Noether Problems and Q-Generic Polynomials for the Normalizer of the 8-Cycle in $S_8$ 招待

    星 明考

    Oberseminar Algebra-Zahlentheorie (Prof. B. Heinrich Matzat)  2005年5月  ハイデルベルク大学

     詳細を見る

    開催地:ハイデルベルク大学  

    researchmap

  • Noether's problem and Q-generic polynomials 招待

    星 明考

    ザーラント大学コロキウム (Prof. Rainer Schulze-Pillot)  2005年5月  ザーラント大学

     詳細を見る

    開催地:ザーラント大学  

    researchmap

  • Explicit construction of some multiplicative quadratic forms on algebraic varieties 招待

    星 明考

    Oberseminar ueber Reelle Algebra (Prof. Manfred Knebusch)  2005年4月  レーゲンスブルク大学

     詳細を見る

    開催地:レーゲンスブルク大学  

    researchmap

  • A remark on rational bioctic reciprocity law 招待

    星 明考

    Oberseminar ueber Reelle Algebra (Prof. Manfred Knebusch)  2004年11月  レーゲンスブルク大学

     詳細を見る

    開催地:レーゲンスブルク大学  

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties II 招待

    星 明考

    Oberseminar ueber Reelle Algebra (Prof. Manfred Knebusch)  2004年11月  レーゲンスブルク大学

     詳細を見る

    開催地:レーゲンスブルク大学  

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties 招待

    星 明考

    Oberseminar ueber Reelle Algebra (Prof. Manfred Knebusch)  2004年11月  レーゲンスブルク大学

     詳細を見る

    開催地:レーゲンスブルク大学  

    researchmap

  • Noether's Problem for meta-abelian groups 招待

    星 明考

    東京都立大学整数論セミナー (Prof. Toru Komatsu and Yuichi Rikuna)  2004年4月  東京都立大学

     詳細を見る

    開催地:東京都立大学  

    researchmap

  • 7次フロベニウス群に対するネーター問題とその生成的次元について

    星 明考

    日本数学会2004年度年会  2004年3月  筑波大学

     詳細を見る

    開催地:筑波大学  

    researchmap

  • Noether's Problem for meta-abelian groups 招待

    星 明考

    早稲田大学整数論研究集会 (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2004年3月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • On the structure of the C8-fixed field of Q(x1,...,x8) 招待

    星 明考

    研究集会 「Galoisの逆問題とGalois被覆 III」 (Prof. Hirotada Naito, Hiroki Sumida-Takahashi and Hiro-o Tokunaga)  2004年1月  香川大学

     詳細を見る

    開催地:香川大学  

    researchmap

  • Geometric generalization of Gaussian period relations with application to Noether's problem for meta-cyclic groups

    橋本喜一朗, 星 明考

    日本数学会2003年度秋季総合分科会  2003年9月  千葉大学

     詳細を見る

    開催地:千葉大学  

    researchmap

  • Noether's Problem for D5, F20 and D6 招待

    星 明考

    早稲田大学整数論セミナー (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2003年6月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Noether's Problem for D5, F20 and D6 招待

    星 明考

    東京都立大学整数論セミナー (Prof. Yasuhiro Kishi and Toru Komatsu)  2003年5月  東京都立大学

     詳細を見る

    開催地:東京都立大学  

    researchmap

  • Quintic Jacobi sums and period polynomials for finite fields

    星 明考

    日本数学会2003年度年会  2003年3月  東京大学

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • ガウス周期の既約多項式をモデルとした巡回多項式族の構成 II

    橋本喜一朗, 星 明考

    日本数学会2003年度年会  2003年3月  東京大学

     詳細を見る

    開催地:東京大学  

    researchmap

  • Construction of simple cyclic polynomials of small degree 招待

    星 明考

    研究集会 「Galoisの逆問題とGalois被覆 II」 (Prof. Hirotada Naito and Hiro-o Tokunaga)  2002年12月  香川大学

     詳細を見る

    開催地:香川大学  

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties 招待

    星 明考

    東京都立大学整数論セミナー (Prof. Kazuo Matsuno)  2002年10月  東京都立大学

     詳細を見る

    開催地:東京都立大学  

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties 招待

    星 明考

    早稲田大学整数論セミナー (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2002年10月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • Multiplicative quadratic forms on algebraic varieties

    星 明考

    日本数学会2002年度秋季総合分科会  2002年9月  島根大学

     詳細を見る

    開催地:島根大学  

    researchmap

  • ガウス周期の幾何的一般化と巡回多項式族の構成 招待

    星 明考

    研究集会 「Galoisの逆問題とGalois被覆」 (Prof. Hiro-o Tokunaga)  2002年8月  東京都立大学

     詳細を見る

    開催地:東京都立大学  

    researchmap

  • ガウス周期の既約多項式と巡回多項式族の構成 招待

    星 明考

    早稲田大学整数論セミナー (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2002年5月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

  • ガウス周期の既約多項式をモデルとした巡回多項式族の構成

    橋本喜一朗, 星 明考

    日本数学会2002年度年会  2002年3月  明治大学

     詳細を見る

    開催地:明治大学  

    researchmap

  • ガウス周期の既約多項式をモデルとする巡回多項式族の構成 招待

    橋本喜一朗, 星 明考

    早稲田大学整数論研究集会 (Prof. Ki-ichiro Hashimoto and Keiichi Komatsu)  2002年3月  早稲田大学

     詳細を見る

    開催地:早稲田大学  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 学長賞(若手教員研究奨励)

    2016年11月   新潟大学  

    星 明考

     詳細を見る

    https://www.niigata-u.ac.jp/news/2016/26190/

    researchmap

  • 博士(理学)受領者代表

    2005年3月   早稲田大学  

    星 明考

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 不分岐コホモロジー群と不変体の有理性問題

    研究課題/領域番号:19K03418  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • Rationality problem for algebraic tori

    2016年4月 - 2017年3月

    新潟大学  学長賞 (若手教員研究奨励) 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円

    researchmap

  • 不変体の有理性問題

    研究課題/領域番号:25400027  2013年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    ガロア逆問題の構成的研究を主眼とし,有限群の作用による不変体の有理性問題の研究を行った.有理性問題の研究に重要となる不分岐ブラウアー群という不変量を群の位数が奇素数pの5乗の場合に完全に決定した.不分岐ブラウアー群を一般化した不分岐コホモロジー群についても,位数が奇素数pの9乗の場合に非消滅性を示した.ネーター問題の研究,関連する作用による不変体の有理性問題の研究を行い,新たな知見をいくつも得た.

    researchmap

  • 構成的ガロア逆問題の研究

    研究課題/領域番号:22740028  2010年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2340000円 ( 直接経費:1800000円 、 間接経費:540000円 )

    エヴァリスト・ガロアによって創始されたガロア理論は、現代代数学の土台を成し、数学の最先端における発展を支え続けている。ガロア理論における、「任意の有限群が体の拡大のガロア群として出現するだろうか?」というガロア逆問題は、数論において興味深い対象の1つである絶対ガロア群の構造と関係している。
    当研究では、ガロア逆問題に関する研究を行い、いくつかのネーター問題、生成的多項式の同型問題などを解決した。これを応用して、いくつかのThue方程式の解を決定した。

    researchmap

  • 単純巡回多項式族に対する同型問題と付随するThue方程式族の整数解への応用

    2009年4月 - 2010年3月

    立教大学  学術推進特別重点資金(立教SFR) 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    researchmap

  • 生成的多項式の共通部分体問題―理論的枠組みの構築と計算代数による応用―

    2008年4月 - 2009年3月

    立教大学  学術推進特別重点資金(立教SFR) 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

    researchmap

  • 非可換ガロア拡大の系統的構成および代数多様体上の乗法的二次形式

    2007年4月 - 2008年3月

    早稲田大学  特定課題研究 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ガロア逆問題の構成的研究とその応用について

    2006年4月 - 2007年3月

    早稲田大学  特定課題研究 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ガロア逆問題の構成的研究および代数多様体上乗法的な二次形式の理論の展開

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金 

    星 明考

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1900000円 ( 直接経費:1900000円 )

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 専門力アクティブ・ラーニング

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 構造数理特別講義

    2020年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 代数・幾何学序論B

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 線形代数IIA

    2018年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎B2

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 代数系IIA

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学演習B

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学演習A

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 代数系IIB

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎B1

    2017年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 理学スタディ・スキルズ

    2017年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎A1

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎A2

    2017年
    機関名:新潟大学

  • 台湾スプリングセミナー I

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 台湾スプリングセミナー II

    2015年
    -
    2018年
    機関名:新潟大学

  • 数理科学文献詳読Ⅱ(数学)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅱ(数学)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理科学セミナーⅡ(数学)

    2015年
    機関名:新潟大学

  • 代数系II

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 基礎数学B II

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数理科学セミナーⅠ(数学)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理物質科学特定研究Ⅰ(数学)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理科学文献詳読Ⅰ(数学)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 数理科学研究発表演習〔中間発表〕(数学)

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 自然科学総論Ⅰ

    2014年
    機関名:新潟大学

  • 代数的整数論

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数論

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学の世界

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 数学講究

    2013年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 線形代数II

    2013年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎A

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数理基礎演習II

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 数学基礎B

    2013年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示