基本情報

写真a

俣野 善博

MATANO Yoshihiro


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  化学科

    大学,1987年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    博士課程,1990年10月,中退,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),有機化学,京都大学,論文,1994年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 化学科 有機物質化学,教授,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Covalently Linked 5,15-Diazaporphyrin Dimers: Promising Scaffolds for Highly Conjugated Azaporphyrin π-System,Yoshihiro Matano, Daisuke Fujii, Tarou Shibano, Ko Furukawa, Haruyuki Nakano, Tomohiro Higashino, and Hiroshi Imahori,Chemistry, A European Journal,Vol.20, pp.3342-3349,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Synthesis and Charge-Carrier Transport Properties of Poly(phosphole P-alkanesulfonylimide)s,Yoshihiro Matano, Hiroshi Ohkubo, Yoshihito Honsho, Arihiro Saito, Shu Seki, and Hiroshi Imahori,Organic Letters,Vol.15, pp.932-935,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Synthesis of 2-Alkenyl- and 2-Alkynyl-benzo[b]phospholes by Using Palladium-Catalyzed Cross Coupling Reactions,Yoshihiro Matano, Yukiko Hayashi, Kayo Suda, Yoshifumi Kimura, and Hiroshi Imahori,Organic Letters,Vol.15, pp.4458-4461,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of Carbon–Metal–Carbon Linkages on the Optical, Photophysical, and Electrochemical Properties of Phosphametallacycle-Linked Coplanar Porphyrin Dimers,Yoshihiro Matano, Kazuaki Matsumoto, Hironobu Hayashi, Yoshihide Nakao, Tatu Kumpulainen, Vladimir Chukharev, Nikolai V. Tkachenko, Helge Lemmetyinen, Soji Shimizu, Nagao Kobayashi, Daisuke Sakamaki, Akihiro Ito, Kazuyoshi Tanaka, and Hiroshi Imahori,Journal of the American Chemical Society,Vol.134, pp.1825-1839,2012年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Free Base and Metal Complexes of 5,15-Diaza-10,20-dimesitylporphyrins: Synthesis, Structures, Optical and Electrochemical Properties, and Aromaticities,Yoshihiro Matano, Tarou Shibano, Haruyuki Nakano, Yoshifumi Kimura, and Hiroshi Imahori,Inorganic Chemistry,Vol.51, pp.12879-12890,2012年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Topics in Current Chemistry: Bismuth-Mediated Organic Reactions,Yoshihiro Matano,Springer,2012年,英語

    単行本(学術書),Pentavalent Organobismuth Reagents in Organic Synthesis: Alkylation, Alcohol Oxidation, and Cationic Photopolymerization,単著

  • 有機金属化学の最前線(現代化学増刊44),俣野 善博,東京化学同人,2011年,日本語

    単行本(学術書),14〜16族高周期典型元素化合物の機能,単著

  • Comprehensive Organometallic Chemistry III,Yoshihiro Matano,Elsevier,2006年,英語

    単行本(学術書),Antimony and Bismuth,単著

  • 実験化学講座第5版,今堀 博,俣野 善博,丸善,2005年,日本語

    単行本(学術書),人工光合成,共著

  • Main Group Metals in Organic Synthesis,Yoshihiro Matano,Wiley-VCH,2004年,英語

    単行本(学術書),Antimony and Bismuth in Organic Synthesis,単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 鎖状および縮環π共役ホスホール誘導体の合成,俣野 善博, 今堀 博,有機合成化学協会誌,Vol.70, pp.629-639,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Nanostructured Artificial Photosynthesis,Hiroshi Imahori, Yukie Mori, and Yoshihiro Matano,Elsevier,Journal of Photochemistry and Photobiology C,Vol.4, pp.51-83,2003年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • ポルフィリン・フラーレンを用いた人工光合成系の創製,今堀 博, 俣野 善博,日本化学会,化学と工業,Vol.55, pp.1354-1356,2002年,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 有機太陽電池の分子設計,今堀 博, 森 幸恵, 俣野 善博,マテリアルステージ,Vol.2,No.12, pp.43-48,2002年,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • ビスマスの創り出す有機化学−合成と応用,俣野 善博,有機合成化学協会誌,Vol.59, pp.834-844,2001年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,有機機器分析,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,総合力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,有機化学Ⅱ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,有機化学演習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2017年度,課題研究,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,「化学と工業」編集委員,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 日本化学会,近畿支部幹事,2003年04月 ~ 2005年03月