基本情報

写真a

俣野 善博

MATANO Yoshihiro


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学部  化学科

    大学,1987年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    博士課程,1990年10月,中退,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),有機化学,京都大学,論文,1994年11月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 化学科 有機物質化学,教授,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Direct and Regioselective Amination of β-Unsubstituted 5,15-Diazaporphyrins with Amines: A Convenient Route to Near-Infrared-Responsive Diazaporphyrin Sensitizers,Satoshi Omomo, Takuma Sugai, Mao Minoura, Haruyuki Nakano, and Yoshihiro Matano,Angewandte Chemie International Edition,Vol.57,No.14, pp.3797-3800,2018年,英語

    DOI:10.1002/anie.201800471,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学

  • Phosphole-Thiophene Hybrid: A Dual Role of Dithieno[3,4-b:3’,4’-d]phosphole as Electron Acceptor and Electron Donor,Tomohiro Higashino, Keiichi Ishida, Takaharu Satoh, Yoshihiro Matano, and Hiroshi Imahori,The Journal of Organic Chemistry,Vol.83,No.6, pp.3397-3402,2018年,英語

    DOI:10.1021/acs.joc.8b00030,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学

  • Redox Switchable 19π and 18π 5,10,20-Triaryl-5,15-diazaporphyrinoid–Nickel(II) Complexes,Keisuke Sudoh, Takuroh Hatakeyama, Ko Furukawa, Haruyuki Nakano, and Yoshihiro Matano,Journal of Porphyrins and Phthalocyanines,Vol.22,No.7, pp.542-551,2018年,英語

    DOI:10.1142/S1088424618500529,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学

  • Regioselective Functionalization at the 7-Position of 1,2,3-Triphenyl[b]benzophosphole Oxide via P=O-Directed Lithiation,Ayana Wakatsuki, Mariko Yukimoto, Mao Minoura, Kaori Fujii, Yoshifumi Kimura, and Yoshihiro Matano,Dalton Transactions,Vol.47,No.21, pp.7123-7127,2018年,英語

    DOI:10.1039/c8dt01503a,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学

  • Synthesis of 3,5-Disubstituted BODIPYs Bearing N-Containing Five-membered Heteroaryl Groups via Nucleophilic C–N Bond Formation,Takaharu Satoh, Kaori Fujii, Yoshifumi Kimura, and Yoshihiro Matano,The Journal of Organic Chemistry,Vol.83,No.9, pp.5274-5281,2018年,英語

    DOI:10.1021/acs.joc.8b00087,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Main Group Strategies towards Functional Organic Materials,Yoshihiro Matano,Wiley,2018年03月,英語

    単行本(学術書),Phosphorus-based Porphyrins,単著

  • Organic Redox Systems: Synthesis, Properties, and Applications,Yoshihiro Matano,Wiley,2015年12月,英語

    単行本(学術書),Phospholes and Related Compounds: Syntheses, Redox Properties, and Applications to Organic Electronic Devices,単著

  • Chemical Science of π-Electron Systems,Yoshihiro Matano,Springer,2015年11月,英語

    単行本(学術書),Heteroatom-Modified Porphyrinoids,単著

  • 高次π空間の創発と機能開発,俣野 善博,シーエムシー,2013年03月,日本語

    単行本(学術書),ヘテロ元素を含む新奇ポルフィリンπ空間の創発と機能化,単著

  • Topics in Current Chemistry: Bismuth-Mediated Organic Reactions,Yoshihiro Matano,Springer,2012年01月,英語

    単行本(学術書),Pentavalent Organobismuth Reagents in Organic Synthesis: Alkylation, Alcohol Oxidation, and Cationic Photopolymerization,単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 芳香環C–H結合直接アミノ化の最前線-異なるアプローチによる¬C–N結合の形成,俣野 善博,化学同人,化学,Vol.73,No.9, pp.70-71,2018年09月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著,有機化学

  • ジアザポルフィリン誘導体の合成と光化学,俣野 善博,光化学,Vol.46, pp.29-36,2015年,日本語

    総説・解説(その他),単著,有機化学

  • 鎖状および縮環π共役ホスホール誘導体の合成,俣野 善博, 今堀 博,有機合成化学協会誌,Vol.70, pp.629-639,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著,有機化学

  • Nanostructured Artificial Photosynthesis,Hiroshi Imahori, Yukie Mori, and Yoshihiro Matano,Elsevier,Journal of Photochemistry and Photobiology C,Vol.4, pp.51-83,2003年,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • ポルフィリン・フラーレンを用いた人工光合成系の創製,今堀 博, 俣野 善博,日本化学会,化学と工業,Vol.55, pp.1354-1356,2002年,日本語

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,有機機器分析,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,有機化学Ⅱ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,有機化学演習,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

  • 2018年度,課題研究,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,「化学と工業」編集委員,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 日本化学会,近畿支部幹事,2003年04月 ~ 2005年03月