基本情報

写真a

酒井 康弘

SAKAI Yasuhiro


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,眼科学,新潟大学,課程,2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 眼科,特任助教,2013年04月 ~ 2013年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 眼科,助教,2013年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本眼科学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 内眼炎所見を合併した多発性後極部網膜色素上皮症(MPPE)の1例,松田 英伸, 上田 恵理子, 福地 健郎,臨床眼科,Vol.70,No.5, pp.681-687,2016年05月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 新潟大学における急性網膜壊死症例の検討,中野 里絵子, 松岡 尚気, 松田 英伸, 長谷部 日, 酒井 康弘, 福地 健郎, 臨床眼科,Vol.69,No.7, pp.981-985,2015年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Mycobacterium chelonaeによる角膜炎の1例,松田英伸, 酒井康弘, 阿部春樹,眼科臨床紀要,Vol.3,No.1, pp.5-9,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Cyclooxygenase-2 plays a critical role in retinal ganglion cell death after transient ischemia: real-time monitoring of RGC survival using Thy-1-EGFP transgenic mice.,Sakai Y, Tanaka T, Seki M, Okuyama S, Fukuchi T, Yamagata K, Takei N, Nawa H, Abe H.,Neurosci Res,Vol.65,No.4, pp.319-325,2009年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 実験小動物マウスの眼底撮影法の開発とその評価,酒井 康弘,新潟医学会雑誌,Vol.122,No.12, pp.669-678,2008年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 眼科治療の最前線 より高い視覚的QOLの維持を目指して 抗TNFα抗体によるベーチェット病の治療,酒井 康弘,新潟医学会雑誌,Vol.130,No.11, pp.634-638,2016年11月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 県医よろずQ&A 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術について,酒井 康弘, 新潟県医師会報,Vol.765, p.53,2013年12月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 各科における生物学的製剤の治療経験 ベーチェット病に対する生物学的製剤の治療経験,酒井 康弘(新潟大学 大学院医歯学総合研究科生体機能調節医学専攻感覚統合医学講座視覚病態学分野),新潟医学会雑誌,Vol.126,No.6, pp.303-307,2012年06月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 眼科医のための先端医療 ノックアウトマウス、トランスジェニックマウスを用いた細胞生物学的眼研究,福地 健郎, 酒井 康弘, 松田 英伸, あたらしい眼科,Vol.24,No.3, pp.335-337,2007年03月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第70回日本臨床眼科学会,酒井 康弘、松田 英伸、福地 健郎,国内会議,2016年11月,京都市,当科におけるインフリキシマブによるベーチェット病ぶどう膜炎の治療成績,口頭(一般)

  • 第119回日本眼科学会総会,酒井 康弘,国内会議,2015年04月,CMV角膜内皮炎による角膜内皮細胞数減少例における白内障手術後の内皮細胞数変化,口頭(一般)

  • 第33回角膜カンファランス・第25回日本角膜移植学会,松田英伸、酒井康弘、阿部春樹,国内会議,2009年02月,Mycobacterium chelonaeによる角膜炎の1例,口頭(一般)

  • 第110回日本眼科学会,2) 酒井康弘、田中隆之、福地健郎、関正明、上田潤、奥山真也、阿部春樹、武井延之、那波宏之,国内会議,2006年04月,Cox-2KO・Thy1-EGFPTg配合マウスを用いた網膜神経節細胞死の検討,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,臨床実習入門(OSCE),2017年01月,兼任

  • 2014年度,臨床実習入門(OSCE),2015年01月,兼任

  • 2013年度,臨床実習入門(OSCE),2014年01月,兼任