基本情報

写真a

板野 志郎

ITANO Shiro


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),動物生産科学,東京大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部 農業生産科学科 農業生産科学,准教授,2013年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 農学部 農学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ススキ優占群落地上部の炭素と窒素の構成に及ぼす火入れと採草の影響,板野志郎, 坂上清一, 中神弘詞, 堤 道生,日本草地学会誌,Vol.59,No.1, pp.29-32,2013年04月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • シバ草地における植物種の豊富さ簡易調査法,堤 道生, 高橋佳孝, 板野志郎,草地の動態に関する研究 第8次中間報告, pp.120-123,2013年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 川渡旧IBP地区におけるススキ型草地の植生遷移: 2002–2011,板野志郎, 堤 道生 他,草地の動態に関する研究 第8次中間報告, pp.38-46,2013年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 藤荷田山地区シバ優占草地における放牧強度と植生遷移: 2002–2011 ,板野志郎, 堤 道生 他,草地の動態に関する研究 第8次中間報告, pp.38-46,2013年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Incorporating a periodic function into an equation for estimating herbage mass in Zoysia-dominated pastures from rising plate readings,Itano S, Tomimatsu H, Nakagami K, Maeda Y,Grassland Science,Vol.58,No.3, pp.127-132,2012年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ウシの科学(9章),板野志郎,朝倉書店,2013年11月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 草地学用語辞典,日本草地学会 編,全国農村教育協会,2008年03月,日本語

    事典・辞書,分担執筆

  • 草地管理指標-草地の維持管理編-,加納春平, 板野志郎 他,日本草地畜産種子協会,2006年05月,日本語

    単行本(学術書),共編著

  • NAROPEDIA『最新農業技術事典』,農研機構 編,農文協,2006年03月,日本語

    事典・辞書,分担執筆

  • 草地科学実験・調査法(VII章),黒川勇三, 板野志郎 他,全国農村教育協会,2004年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 草地の新しい植生調査法(6)-ガンマ分布に基づく草量の簡易推定法-,堤道生, 板野志郎,養賢堂,畜産の研究,2011年08月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 生態系サービス,板野志郎,畜産技術協会,畜産技術,2010年10月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 萌芽研究(2),2002年04月 ~ 2004年03月,竹はなぜ急速にその勢力を広げ始めたかー竹林拡大の実態と侵入生態の解明ー

  • 基盤研究(B),1999年04月 ~ 2003年03月,農林地および草原の持続的生産性評価のための指標作成

  • 地域連携,1999年04月 ~ 2002年03月,木曽川のエコロジカル流域管理計画

  • 基盤研究(A),1996年04月 ~ 1999年03月,畑地及び樹園地における雑草の生態調査

  • 基盤研究(B),1994年04月 ~ 1996年03月,子牛の放牧時エネルギー代謝の推定とそれに基づく成長の地域間差の解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境省技術開発等推進費,2007年04月 ~ 2009年03月,森林・草地・湖沼生態系に共通した環境監視システムと高度データベースの構築

    環境省

  • 農林水産技術会議 粗飼料多給による日本型家畜飼養技術の開発,2006年04月 ~ 2010年03月,「粗飼料多給による日本型家畜飼養技術の開発」−3系飼料自給率向上のための放牧技術の開発

    農林水産省

  • 草地の地球温暖化防止機能調査委託事業,2003年04月 ~ 2006年03月,草地の地球温暖化防止機能調査

    日本草地畜産種子協会

  • 農林水産技術会議総合研究,2003年04月 ~ 2006年03月,新鮮でおいしい「ブランド・ニッポン」農産物提供のための総合研究3系畜産

    農林水産省

  • 国際学術研究助成,1998年04月 ~ 1999年03月,中国半乾燥草原の保全と持続的畜産利用のための衛星指標作成

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本草地学会誌2012年度大会,板野志郎, 中尾誠司,国内会議,2012年08月,半自然草地における放牧生産管理モデルの開発,ポスター(一般)

  • 日本畜産学会第82回大会,松井寛二, 板野志郎, 黒川勇三, 鈴木広義, 大久保忠旦,国内会議,1989年08月,家畜の生体情報のコンピュータ自動解析2. 採食,採食休止ユニットの試作と放牧牛への適用,口頭(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,動物生産と環境,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,動物生産学演習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,動物生産学実験実習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,動物のバイオサイエンス,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎生物学,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本草地学会,草地学用語委員長,2009年04月 ~ 2013年03月

  • システム農学会,理事(編集委員),2003年04月 ~ 継続中