基本情報

写真a

棗田 学

NATSUMEDA Manabu


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(分子細胞医学),脳神経外科学,新潟大学,課程,2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所 生命科学リソース研究センター,助教,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳腫瘍病理学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経病理学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 東北脳腫瘍研究会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本脳神経外科学会,2009年08月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子脳神経外科学会,2009年11月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本癌治療認定医

  • 英語検定1級

  • TOEFL

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Central nervous system lymphoma with the “target sign” mimicking cerebral toxoplasmosis.,Koike Y, Sato T, Ouchi H, Shimbo J, Sato A, Natsumeda M, Sasaki O, Hashidate H, Nikkuni K, Okamoto K, Igarashi S,Neurology and Clinical Neuroscience,2014年,英語

    DOI:10.1111/ncn3.74, 2014,研究論文(学術雑誌),単著

  • Neuronal differentiation associated with Gli3 expression predicts favorable outcome of patients with medulloblastoma.,Miyahara H, Natsumeda M, Yoshimura J, Ogura R, Okazaki K, Toyoshima Y, Fujii, Takahashi H, Kakita A,Neuropathology,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Advantages of dose-dense methotrexate protocol for primary central nervous system lymphoma: comparison of two different protocols at a single institution.,Aoki H, Ogura R, Tsukamoto Y, Okada M, Natsumeda M, Isogawa M, Yoshida S, Fujii Y,Neurol Med Chir (Tokyo),2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Factors affecting functional outcomes in long-term survivors of intracranial germinomas: a 20-year experience at a single institution.,Jinguji S, Yoshimura J, Nishiyama K, Aoki H, Nagasaki K, Natsumeda M, Yoneoka Y, Fukuda M, Fujii Y,J Neurosurg Pediatr,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Gene expression signature-based prognostic risk score in patients with glioblastoma.,Kawaguchi A, Yajima N, Tsuchiya N, Honma J, Sano M, Natsumeda M, Takahashi H, Fujii Y, Kakuma T, Yamanaka R,Cancer Sci,2013年,英語

    DOI:10.1111/dax.12214,研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The induction of autophagy in gliomas treated by temozolomide.,Natsumeda M, Aoki H, Fujii Y,Nova Science Publishers Inc,2012年,英語

    単行本(学術書),分担執筆