基本情報

写真a

棗田 学

NATSUMEDA Manabu


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(分子細胞医学),脳神経外科学,新潟大学,課程,2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所 生命科学リソース研究センター,助教,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳腫瘍病理学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経病理学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 東北脳腫瘍研究会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本脳神経外科学会,2009年08月 ~ 継続中,日本国

  • 日本分子脳神経外科学会,2009年11月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 日本癌治療認定医

  • 英語検定1級

  • TOEFL

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Podoplanin Expression and IDH-Wildtype Status Predict Venous Thromboembolism in Patients with High-Grade Gliomas in the Early Postoperative Period.,Watanabe J, Natsumeda M, Okada M, Kanemaru Y, Tsukamoto Y, Oishi M, Kakita A, Fujii Y,World neurosurgery,2019年05月,その他外国語

    DOI:10.1016/j.wneu.2019.05.049,研究論文(学術雑誌),共著

  • Inhibition of enhancer of zest homologue 2 is a potential therapeutic target for high-MYC medulloblastoma.,Natsumeda M, Liu Y, Nakata S, Miyahara H, Hanaford A, Ahsan S, Stearns D, Skuli N, Kahlert UD, Raabe EH, Rodriguez FJ, Eberhart CG,Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology,Vol.39,No.2, pp.71-77,2019年04月,その他外国語

    DOI:10.1111/neup.12534,研究論文(学術雑誌),共著

  • Malignant hyperthermia and cerebral venous sinus thrombosis following ventriculoperitoneal shunt in an infant with schizencephaly and COL4A1 mutation.,Watanabe J, Okamoto K, Ohashi T, Natsumeda M, Hasegawa H, Oishi M, Miyatake S, Matsumoto N, Fujii Y,World neurosurgery,2019年04月,その他外国語

    DOI:10.1016/j.wneu.2019.04.156,研究論文(学術雑誌),共著

  • EGFRvIII Is Expressed in Cellular Areas of Tumor in a Subset of Glioblastoma.,Nozawa T, Okada M, Natsumeda M, Eda T, Abe H, Tsukamoto Y, Okamoto K, Oishi M, Takahashi H, Fujii Y, Kakita A,Neurologia medico-chirurgica,Vol.59,No.3, pp.89-97,2019年03月,その他外国語

    DOI:10.2176/nmc.oa.2018-0078,研究論文(学術雑誌),共著

  • 7-tesla MR susceptibility-weighted imaging can dipict astrocytic and oligodendroglial pathology,Natsumeda Manabu, Matsuzawa Hitoshi, Tsukamoto Yoshihiro, Motohashi Kunio, Kanemaru Yu, Okamoto Kouichirou, Kakita Akiyoshi, Igarashi Hironaka, Nakata Tsutomu, Fujii Yukihiko,BRAIN PATHOLOGY,Vol.29, pp.68-69,2019年02月,その他外国語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The induction of autophagy in gliomas treated by temozolomide.,Natsumeda M, Aoki H, Fujii Y,Nova Science Publishers Inc,2012年,英語

    単行本(学術書),分担執筆

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手研究奨励賞,2015年03月,その他,その他の賞,Johns Hopkins大学病理学部門Young Investigator Day,棗田 学

  • 最優秀発表賞,2012年07月,その他,その他の賞,第27回日本脳神経外科国際学会フォーラム,棗田 学

  • 中田瑞穂若手研究奨励賞,2010年08月,その他,その他の賞,第40回新潟神経学夏期セミナー,棗田 学

  • 若手医学研究賞,2009年09月,その他,その他の賞,新潟大学「みかんの会」,棗田 学