基本情報

写真a

神田 豊隆

KANDA Yutaka


学系

人文社会科学系

系列

法学系列

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  文学部  歴史文化学科日本史学専修

    大学,2001年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  総合文化研究科国際社会科学専攻

    博士課程,2010年12月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),国際関係論,東京大学,課程,2010年12月

  • 修士(学術),国際関係論,東京大学,課程,2003年03月

  • 学士(文学),日本史,東京大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 共生社会研究専攻,准教授,2013年04月 ~ 2014年04月

  • 新潟大学 法学部 法学科,准教授,2013年04月 ~ 2014年04月

  • 新潟大学 法学部 法学科 国際法政,准教授,2014年05月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 共生社会研究専攻,准教授,2014年05月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • Yale University Center for International and Area Studies,Fox International Fellow,2004年09月 ~ 2005年06月

  • 放送大学,非常勤講師,2007年02月 ~ 2014年03月

  • 東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構,教務補佐員,2011年02月 ~ 2011年03月

  • 早稲田大学 アジア太平洋研究センター,助手,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 東京大学 教養学部,非常勤講師,2012年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際政治学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際関係論研究会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 史学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • アジア政経学会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

  • グローバル・ガバナンス学会,2015年12月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 国際関係論

  • 政治学

  • 日本史

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 1980年代の冷戦と日本外交における二つの秩序観――中曽根政権の対中外交を軸として,神田豊隆,アジア太平洋討究,No.19, pp.53-69,2013年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 戦後日本の対中外交に関する分析枠組の再検討――社会科学的研究から外交史的研究へ――,神田豊隆,近きに在りて,No.56, pp.3-16,2009年11月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 池田政権の対中積極政策――「自由陣営の一員」と「国連」――,神田豊隆,国際政治,No.152, pp.83-97,2008年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 佐藤内閣と「二つの中国」――対中・対台湾政策におけるバランスの模索――,神田豊隆,国際関係論研究,No.21, pp.25-50,2004年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 冷戦構造の変容と日本の対中外交――二つの秩序観1960-1972,神田豊隆,岩波書店,2012年02月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • 日本政府的兩岸政策,黄自進,中央研究院人文社會科學研究中心,2015年,中国語

    単行本(学術書),神田豊隆(陳進盛・黄自進訳)「『親臺灣派』所推進的對蘇外交:1960年代的日本外交與岸信介、椎名悦三郎及福田赳夫」,共著

  • アジア外交 動と静―― 元中国大使中江要介オーラルヒストリー,中江要介著、若月秀和・神田豊隆・楠綾子・中島琢磨・昇亜美子・服部龍二編,蒼天社出版,2010年10月,日本語

    単行本(学術書),共編者

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • More Friends than Foes: Sino-Japanese Relations in 1984,Charles Kraus, Sergey Radchenko, Yutaka Kanda,Woodrow Wilson International Center for Scholars,Cold War International History Project e-Dossier,No.48,2014年03月,英語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • International Relations Seminar at Osaka University,Yutaka Kanda,国際会議,2016年01月,‘Japan-US-China’ or ‘Japan-US-China-USSR’: Two different goals in postwar Japanese conservatives,口頭(一般)

  • Guest Lecture presented by European Research Council Project, The Dissolution of the Japanese Empire and the Struggle for Legitimacy in Postwar East Asia, Faculty of Asian and Middle Eastern Studies, University of Cambridge,神田 豊隆,国際会議,2015年10月,Driving the Wedge or Approaching Both? Yoshida and Kishi Factions’ Rival Policies towards the Sino-Soviet Alliance,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 華東師範大学歴史系・早稲田大学現代中国研究所広域史研究会主催、日中共同ワークショップ「戦後アジア広域史(1950-70年代):多層的秩序への視点」,神田豊隆,国際会議,2015年03月,日ソ関係のロー・ポリティクス――日ソ通商条約の締結と戦後日ソ関係の始動,口頭(一般)

  • "Breakdown of the Japanese Empire and the Search for Legitimacy" Conference,神田豊隆,国際会議,2014年09月,椎名悦三郎の外交構想の変遷――『岸的』路線から現実主義者との共鳴へ,口頭(一般)

  • Sino-Japanese Relations Research Network 2014 Conference, University of Leeds,神田 豊隆,国際会議,2014年07月,The Cold War in the 1980s and the Two Outlooks of International Order in Japan's Diplomacy: Focusing on the Nakasone Administration's Diplomacy toward China,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,法政演習(国際関係論2018Ⅰ),2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研究Ⅰ(国際関係論),2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,法政演習(国際関係論2018Ⅰ),2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,国際関係論,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,国際関係論,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

全件表示 >>