基本情報

写真a

笹岡 俊邦

SASAOKA Toshikuni


職名

教授

研究分野・キーワード

ドーパミン、ドーパミン受容体、マウス、運動調節

ホームページ

http://www.bri.niigata-u.ac.jp/field/lab_animal/index.html

プロフィール

1990年 名古屋大学大学院 医学研究科 博士課程修了
1990年 日本学術振興会特別研究員
1992年 九州大学 生体防御医学研究所 附属発生工学実験施設 助手
1992年 米国タフツ大学医学部 神経科学部門 ポスドク研究員
1993年 米国マサチューセッツ工科大学 癌研究センター ポスドク研究員
1996年 国立精神・神経センター神経研究所 機能研究部 室長
2000年 国立精神・神経センター神経研究所 疾病研究第七部 室長
2003年 基礎生物学研究所 形質転換生物研究施設 助教授
2010年 北里大学医学部 実験動物学単位 教授
2013年 新潟大学脳研究所 生命科学リソース研究センター動物資源開発研究分野 教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,医化学一般,名古屋大学,課程,1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所 生命科学リソース研究センター,教授,2013年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 実験動物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Leucine-rich repeat kinase 2 is a regulator of B cell function, affecting homeostasis, BCR signaling, IgA production, and TI antigen responses.,Kubo M, Nagashima R, Ohta E, Maekawa T, Isobe Y, Kurihara M, Eshima K, Iwabuchi K, Sasaoka T, Azuma S, Melrose HL, Farrer MJ, Obata F,Journal of neuroimmunology,Vol.292, pp.1-8,2016年03月,英語

    DOI:10.1016/j.jneuroim.2016.01.005,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dopamine D1 Receptor-Mediated Transmission Maintains Information Flow Through the Cortico-Striato-Entopeduncular Direct Pathway to Release Movements.,Chiken S, Sato A, Ohta C, Kurokawa M, Arai S, Maeshima J, Sunayama-Morita T, Sasaoka T, Nambu A,Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991),Vol.25,No.12, pp.4885-97,2015年12月,英語

    DOI:10.1093/cercor/bhv209,研究論文(学術雑誌),共著

  • Erratum: G-CSF supports long-term muscle regeneration in mouse models of muscular dystrophy.,Hayashiji N, Yuasa S, Miyagoe-Suzuki Y, Hara M, Ito N, Hashimoto H, Kusumoto D, Seki T, Tohyama S, Kodaira M, Kunitomi A, Kashimura S, Takei M, Saito Y, Okata S, Egashira T, Endo J, Sasaoka T, Takeda S, Fukuda K,Nature communications,Vol.6, p.7295,2015年06月,英語

    DOI:10.1038/ncomms8295,研究論文(学術雑誌),共著

  • G-CSF supports long-term muscle regeneration in mouse models of muscular dystrophy.,Hayashiji N, Yuasa S, Miyagoe-Suzuki Y, Hara M, Ito N, Hashimoto H, Kusumoto D, Seki T, Tohyama S, Kodaira M, Kunitomi A, Kashimura S, Takei M, Saito Y, Okata S, Egashira T, Endo J, Sasaoka T, Takeda S, Fukuda K,Nature communications,Vol.6, p.6745,2015年04月,英語

    DOI:10.1038/ncomms7745,研究論文(学術雑誌),共著

  • Expression pattern of immediate early genes in the cerebellum of D1R KO, D2R KO, and wild type mice under vestibular-controlled activity.,Nakamura T, Sato A, Kitsukawa T, Sasaoka T, Yamamori T,Frontiers in cell and developmental biology,Vol.3, p.38,2015年,英語

    DOI:10.3389/fcell.2015.00038,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,バイオメディカルサイエンス,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,バイオメディカルサイエンス,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2015年度,バイオメディカルサイエンス,2015年04月 ~ 2015年08月,専任

  • 2014年度,バイオメディカルサイエンス,2014年04月 ~ 2014年08月,専任