基本情報

写真a

両角 俊哉

MOROZUMI Toshiya


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

菌血症研究を切り口として、歯周病と全身疾患を結びつけるメカニズムの解明に取り組んでいる。ほかに、歯周炎進行/安定の予知マーカー検索、抗菌的光線力学療法などの臨床研究を産学連携で行っている。国際水準のエビデンスを確立し、広く世界に発信していきたい。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 奥羽大学  歯学部

    大学,1998年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学  歯学研究科

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),歯周治療系歯学,新潟大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学 歯周診断・再建学分野,研究員,2002年04月 ~ 2003年05月

  • 新潟大学 ■廃止組織■ 歯学部附属病院 噛み合わせ診療科,医員,2003年06月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 噛み合わせ診療科,助教,2006年04月 ~ 2012年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 予防・保存系歯科 歯周病科,助教,2012年11月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合病院 予防・保存系歯科 歯周病科,病院講師,2016年06月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 米国ニューヨーク州立大学バッファロー校 歯学部口腔生物学講座,博士研究員,2004年06月 ~ 2006年03月

  • 神奈川歯科大学 大学院歯学研究科口腔統合医療学講座歯周病学分野,非常勤講師,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯科保存学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • IADR(国際歯科研究学会),2001年04月 ~ 継続中,その他

  • JADR(国際歯科研究学会日本部会),2001年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本レーザー歯学会,2015年11月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯周治療系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本歯周病学会認定 歯周病専門医

  • 日本禁煙学会認定 禁煙専門歯科医

  • 日本臨床歯周病学会 認定医

  • 日本歯科保存学会 歯科保存治療認定医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical and cone-beam CT evaluation of combinational periodontal regenerative therapies using enamel matrix derivative and deproteinized bovine bone mineral with or without collagen membrane,Nemoto Y, Kubota T, Nohno K, Nezu A, Morozumi T, Yoshie H,International Journal of Periodontics & Restorative Dentistry,Vol.in press,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Expression of neprilysin in periodontitis-affected gingival tissues,Nezu A, Kubota T, Maruyama S, Nagata M, Nohno K, Morozumi T, Yoshie H,Archives of Oral Biology,Vol.79,No.(2017), pp.35-41,2017年03月,英語

    DOI:10.1016/j.archoralbio.2017.03.003,研究論文(学術雑誌),共著

  • Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study,Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A, Hara Y, Fujise O, Nishimura F, Kono T, Umeda M, Fukuda M, Noguchi T, Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M, Makino-Oi A, Saito A, Abe Y, Sato S, Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H,BMC Oral Health,Vol.17,No.46,2017年01月,英語

    DOI:10.1186/s12903-017-0337-x,研究論文(学術雑誌),共著

  • Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study,Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie,Journal of Periodontal Research,Vol.51,No.6, pp.768-778,2016年12月,英語

    DOI:10.1111/jre.12353,研究論文(学術雑誌),共著

  • Clinical usefulness of a novel immunochromatographic detection device for Porphyromonas gingivalis in evaluating the effects of scaling and root planing and local antimicrobial therapy,Nakayama Y, Ogata Y, Hiromatsu Y, Imamura K, Suzuki E, Saito A, Shirakawa S, Nagano T, Gomi K, Morozumi T, Watanabe K, Akiishi K, Yoshie H,Journal of Periodontology,Vol.87,No.10, pp.1238-1247,2016年10月,英語

    DOI:10.1902/jop.2016.160147,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 続5疾病の口腔ケア プロフェッショナルな実践のためのQ&A 55.,両角 俊哉, 吉江 弘正,医歯薬出版,2016年01月,日本語

    単行本(学術書),Question 46 糖尿病をもつ歯周病患者に歯石除去やルートプレーニングなどの簡単な歯科処置を行う際, 菌血症に配慮する必要はありますか?,分担執筆

  • 第5版 クラウンブリッジ補綴学,吉江弘正、両角俊哉,医歯薬出版,2014年12月,日本語

    教科書,分担執筆

  • ペリオドンタルメディスンに基づいた抗菌療法の臨床,吉江弘正, 両角俊哉 他,医学情報社,2014年05月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 第4版 クラウンブリッジ補綴学,両角俊哉, 吉江弘正 他,医歯薬出版,2009年02月,日本語

    教科書,分担執筆

  • 中高年からのしあわせライフ. いまからはじめる口腔ケア,両角俊哉, 吉江弘正 他,学建書院,2007年02月,日本語

    その他,88-89,分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Er:YAGレーザーの歯周治療への応用と菌血症予防の可能性,小松康高, 両角俊哉, 吉江弘正,日本レーザー医学会誌,Vol.38,No.2, pp.158-166,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 歯周炎進行を唾液中細菌検査と血清抗体価検査から予知する ~SPT期治癒判定プロジェクト最終報告書~,両角俊哉, 中川種昭, 野村義明, 吉江弘正,日本歯周病学会会誌,Vol.58,No.4, pp.254-258,2016年,日本語

    DOI:10.2329/perio.58.254,総説・解説(学術雑誌),共著

  • ポジションペーパー(学会見解論文) 生涯を通じての歯周病対策 -セルフケア, プロフェッショナルケア, コミュニティーケア-,森田学、稲垣幸司、王宝禮、埴岡隆、藤井健男、両角俊哉、伊藤弘、山本龍生、吉江弘正,日本歯周病学会会誌,Vol.54,No.4, pp.352-374,2012年,日本語

    DOI:10.2329/perio.54.352,総説・解説(学術雑誌),共著

  • ポジションペーパー(学会見解論文) 喫煙の歯周組織に対する影響,大森みさき、両角俊哉、稲垣幸司、横田誠、沼部幸博、佐藤聡、伊藤弘、王宝禮、上田雅俊、山田了、伊藤公一,日本歯周病学会会誌 ,Vol.53,No.1, pp.40-49,2011年,日本語

    DOI:10.2329/perio.53.40,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 禁煙は歯肉血流と歯肉溝浸出液を増加させる,両角俊哉、久保田健彦、佐藤匡、奥田一博、吉江弘正,歯科臨床研究,Vol.1,No.2, pp.60-67,2004年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 禁煙及び口腔衛生啓蒙による口腔健康評価に関する調査,2003年11月 ~ 2005年03月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Excellent Clinical Research Awards, National Symposium OSTEOLOGY JAPAN,2017年06月04日,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Osteology Foundation,Kubota T, Nemoto Y, Nohno K, Nezu A, Horimizu M, Morozumi T, Yoshie H

  • Awards 2nd Prize (Basic Research), 16th International Congress of Periodontology of the International Academy of Periodontology,2017年04月29日,ルーマニア,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,International Academy of Periodontology,Nezu A, Kubota T, Maruyama S, Nagata M, Horimizu M, Nohno K, Hokari T, Morozumi T, Yoshie H

  • 奥羽大学歯学部同窓会学術奨励賞,2010年06月20日,日本国,その他の賞,奥羽大学歯学部同窓会,両角俊哉

  • Sunstar Travel Award, The 37th SSP annual meeting in conjunction with the 11th IAP Biennial Congress,2007年09月15日,スイス連邦,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,International Academy of Periodontology,Morozumi T, Sharma A, Kubota T, Yoshie H, DeNardin E

  • 日本歯周病学会禁煙宣言特別賞,2004年10月16日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本歯周病学会,両角俊哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 継続中,スケーリング後菌血症に対する高齢者生体応答の解析と光治療による予防法の確立

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 継続中,スケーリング後の菌血症が生体応答に及ぼす影響と光エネルギーの効果

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,歯周炎および喫煙がIL-6遺伝子プロモーター領域のゲノムメチル化に及ぼす影響

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,歯周炎重症化に対するフィブリノゲンとIL-6の関連 –in vivo 解析-

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,フィブリノゲン遺伝子多型は歯周炎発症の有力なリスクファクターになり得るか?

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,臨床予備実習,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,歯科衛生学実習Ⅱ,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2012年度,選択実習Ⅱ,2014年04月 ~ 継続中,専任

  • 2012年度,臨床予備実習,2014年04月 ~ 継続中,専任

  • 2013年度,歯科衛生学実習Ⅱ,2013年04月 ~ 継続中,兼担

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会,評議員,2017年04月 ~ 継続中

  • 日本禁煙学会,歯科医師委員会常任委員,2016年10月 ~ 継続中

  • 日本歯周病学会,健康サポート委員会委員,2011年04月 ~ 2015年03月

  • 日本歯周病学会,禁煙推進委員会委員,2007年04月 ~ 2011年03月