基本情報

写真a

鈴木 栄一

SUZUKI Eiichi


職名

理事

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,1992年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部,講師,1995年04月 ~ 1995年07月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,助教授,2001年04月 ~ 2002年09月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,教授,2003年10月 ~ 2013年03月

  • 新潟大学,理事,2013年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An observational study of giant cell interstitial pneumonia and lung fibrosis in hard metal lung disease. ,Junichi Tanaka, Hiroshi Moriyama, Masaki Terada, Toshinori Takada, Eiichi Suzuki, Ichiei Narita, Yoshinori Kawabata, TetsuoTamaguchi, Akira Hebisawa, Fumikazu Sakai, Hiroaki Arakawa. ,BMJ Open,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Elemental analysis of occupational and environmental lung diseases by electron probe microanalyzer with wavelength dispersive spectrometer.,Toshinori Takada, Hiroshi Moriyama, Eiichi Suzuki.,Respiratory Investigation ,Vol.52, pp.5-13,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Preventive effect of irbesartan on bleomycin-induced lung injury in mice. ,Junichi Tanaka, Shunji Tajima, Katsuaki Asakawa, Takuro Sakagami, Hiroshi Moriyama, Toshinori Takada, Eiichi Suzuki, Ichiei Narita. ,Respiratory Investigation ,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The Astma Control Test, Japanese Version (ACT-J) as a Predictor of Global Initiative for Asthma (GINA) Guideline-Defined Asthma Control: Analysis of a Questionnaire-Based Survey. ,Takashi Hasegawa, Toshiyuki Koya, Takuro Sakagami, Hiroshi Kagamu, Masaaki Arakawa, Fumitake Gejyo, Ichiei Narita, Eiichi Suzuki and the Niigata Asthma Treatment Study Group. ,Allergology International ,Vol.62, pp.323-330,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Treatment of Interstitial Lung Disease Associated with Polymyositis-Dermatomyositis: An Uptodate. ,Toshinori Takada, Ichiei Narita, Eiichi Suzuki.,Current Respiratory Medicine Reviews,Vol.9, pp.130-136,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器疾患最新の治療 2013-2015,高田俊範, 鈴木栄一,南江堂,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 臨床病態学1巻[第2版],鈴木栄一,ヌーヴェルヒロカワ・東京,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 長びく咳の治療指針,藤森勝也, 鈴木栄一, 成田一衛,総合医学社,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 呼吸器疾患[第2版],森山寛史, 鈴木栄一,日本医事新報社,2012年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 今日の診断指針 第6版,鈴木栄一,医学書院,2010年,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 慢性の呼吸困難へのアプローチ,大嶋康義, 鈴木涼子, 鈴木栄一,JIM,Vol.23,No.9, pp.744-749,2013年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳の診かた本当のトコロ 第2回 長引く咳嗽−原因, 鑑別診断, 問診,藤森勝也, 成田一衛, 鈴木栄一,日本医事新報,No.4593, pp.40-44,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳の診かた本当のトコロ 第3回 長引く咳嗽−身体所見, 各種検査,藤森勝也, 成田一衛, 鈴木栄一,日本医事新報,No.4957, pp.40-43,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳の診かた本当のトコロ 第4回 長引く咳嗽−治療, 漢方薬を含めて,藤森勝也, 成田一衛, 鈴木栄一,日本医事新報,No.4602, pp.40-44,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 咳の診かた本当のトコロ 第5回 長引く咳嗽−最も頻度が高い咳喘息, アトピー咳嗽,藤森勝也, 成田一衛, 長谷川隆志, 鈴木栄一, 荒川正昭,日本医事新報,No.4606, pp.41-44,2012年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 継続中,マウスを用いた運動誘発性気管支喘息モデルの作成とその解析

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,アスリートを対象とした運動誘発性喘息の診断とその治療効果

  • 基盤研究(C),2004年04月 ~ 2007年03月,波長分散型X線マイクロアナライザーと免疫組織化学を用いた間質性肺炎の病理学的検討

  • 基盤研究(C),1996年04月 ~ 1999年03月,特発性および膠原病に伴う間質性肺炎の肺内分布と局所でのサイトカインmRNAの発現

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 気管支喘息モデルにおけるモンテルカストの樹状細胞への影響,2006年12月 ~ 2008年11月,萬有製薬(株),その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度,臨床実習入門(OSCE),2012年10月 ~ 2013年02月,専任

  • 2012年度,呼吸器系,2012年10月 ~ 2013年02月,専任

  • 2012年度,臨床実習入門(CBT),2012年10月 ~ 2013年02月,専任

  • 2012年度,統合臨床医学,2012年04月 ~ 2012年08月,専任

  • 2011年度,呼吸器系,2011年10月 ~ 2012年03月,専任

全件表示 >>