基本情報

写真a

鈴木 恵

SUZUKI Megumu


学系

人文社会科学系

系列

教育学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

研究者となって以来「和化漢文の漢字用法の国語史的研究」をテーマとしています。その後「東北日本・日本海沿岸地域を対象とする角筆文献の調査研究」をテーマに加えました。また最近では、それらの研究から得られた成果を国語教育に活かすべく、特に「古典教材の開発と新たな授業づくり」を提案しています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  教育学部

    大学,1978年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  文学研究科  国語学国文学専攻

    修士課程,1980年03月,修了,日本国

  • 広島大学  文学研究科  国語学国文学専攻

    博士課程,1982年03月,中退,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,日本語学,広島大学,課程,1980年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育学部,助手,1986年09月 ~ 1987年10月

  • 新潟大学 教育学部,講師,1987年11月 ~ 1989年04月

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻 大学院教育学研究科,講師,1987年11月 ~ 1989年04月

  • 新潟大学 教育学部,助教授,1989年05月 ~ 1998年03月

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻 大学院教育学研究科,助教授,1989年05月 ~ 2005年03月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東洋大学短期大学,講師,1982年04月 ~ 1986年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 広島大学国語教育会,1974年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本語学会,1977年04月 ~ 継続中,日本国

  • 訓点語学会,1977年04月 ~ 継続中,日本国

  • 広島大学国語国文学会,1978年04月 ~ 継続中,日本国

  • 新潟大学教育学部国語国文学会,1986年09月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

  • 国語教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1級免許(国語)

  • 中学校教諭1級免許(国語)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・学習方法・カリキュラムの開発と検証,2016年04月 ~ 継続中

    言語文化共同体、古典教材開発、学習方法開発、カリキュラム開発、論理的思考力,教科教育学,国内共同研究,科学研究費補助金

  • 東北日本・日本海沿岸地域を対象とする角筆文献データベース作成に向けての基礎的研究,2005年04月 ~ 継続中

    角筆、字指、地域、文化、言語、教育,日本語学,個人研究,科学研究費補助金

  • 和化漢文の漢字用法の国語史的研究,1977年04月 ~ 継続中

    和化漢文、漢字用法、通時、共時,日本語学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 『平家物語』―高野本・延慶本対照表―(1)敦盛の最期/(2)扇の的,鈴木 恵,平成28~30年度科学研究費研究成果報告書, pp.54-67,2019年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,日本語学,教科教育学

  • 『平家物語』の新たな授業づくりの方法と実践(理論編),鈴木 恵,平成28~30年度科学研究費研究成果報告書, pp.37-52,2019年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教科教育学,日本語学

  • 国語学的手法を用いた『平家物語』の教材分析,鈴木 恵,新大国語,No.40, pp.1-28,2018年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語学,教科教育学

  • 古典教材の授業づくり―『平家物語』扇の的をめぐって―,鈴木 恵,新潟大学教育学部研究紀要,Vol.9,No.2, pp.23-35,2017年03月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教科教育学,日本語学

  • 古典教材の授業づくり―『平家物語』敦盛の最期をめぐって―,鈴木 恵,新大国語,No.39, pp.1-20,2017年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著,日本語学,教科教育学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 品詞別学校文法講座 全8巻,鈴木恵,山本真吾,田中雅和他,明治書院,2016年01月,日本語

    単行本(学術書),第6巻「助動詞」断定(指定)・打消の助動詞ナリ・タリ・ズ,共著,日本語学

  • 醍醐寺叢書目録篇『醍醐寺蔵宋版一切経目録』全五冊・別冊一,小林芳規,沼本克明,月本雅幸,鈴木恵,原卓志 他14名,汲古書院,2015年03月,日本語

    単行本(学術書),目録(第一冊~第五冊),醍醐寺蔵宋版一切経寄捨人別捨銭刊記一覧(第五冊,pp424-552),醍醐寺蔵宋版一切経刻工名索引(第五冊,pp691-740),共著,言語学,史学一般,中国哲学・印度哲学・仏教学

  • 「学級力」を鍛え、授業で発揮させる,新潟大学教育学部附属新潟小学校,明治図書,2012年03月,日本語

    単行本(学術書),前文,共著,教育学

  • 日本国語大辞典(第二版),北原保雄他,小学館,2003年01月,日本語

    事典・辞書,項目執筆,共著,日本語学

  • 小林芳規博士退宮記念国語学論集,築島裕、峰岸明、鈴木恵他,汲古書院,1992年03月,日本語

    単行本(学術書),院政鎌倉時代に於ける和化漢文の再読字管見,共著,日本語学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 第37回「私の主張大会」審査報告,鈴木 恵,坂井輪中学校区青少年育成協議会,さかいわ,No.88, p.2,2020年03月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著,日本語学

  • 第48回新潟県課題図書読書感想文コンクール作品審査講評,鈴木 恵,新潟県小学校図書館協議会、野島出版,みんなの読書,No.54, pp.3-39,2020年02月,日本語

    書評,文献紹介等,単著,日本語学,教科教育学

  • 第36回「私の主張大会」審査報告,鈴木 恵,坂井輪中学校区青少年育成協議会,さかいわ,No.85, p.2,2019年03月,日本語

    会議報告等,単著,日本語学

  • 第47回新潟県課題図書読書感想文コンクール作品審査講評,鈴木 恵,新潟県小学校図書館協議会、野島出版,みんなの読書,No.53, pp.3-39,2019年02月,日本語

    書評,文献紹介等,単著,教科教育学,日本語学

  • 第35回「私の主張大会」審査報告,鈴木 恵,坂井輪中学校区青少年育成協議会,さかいわ,No.82, p.2,2018年03月,日本語

    会議報告等,単著,日本語学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 新村出賞,1987年12月,日本国,国内外の国際的学術賞,新村出記念財団,鎌倉時代語研究会,日本語学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2022年03月,学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・学習方法・カリキュラムの開発と検証

    本研究は、学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・学習方法・カリキュラムの開発と検証を目的とする。特に、日本語の歴史的変遷を背景とした「我が国の言語文化」の内実を解明し、それに基づいた学習方法の開発を目指す点に本研究の特色がある。具体的には、日本語に特有の思考様式(ものの見方・考え方)に着目し、① 国語教育学で研究・実践してきた思考様式の解明、及び日本語話者としての学習者の思考様式の解明、② 日本語学(特に日本語書記史)から見た日本語の思考様式の解明、③ 日本語固有の思考様式と言語文化共同体の解明、④「書くこと」の教育のための学習材・カリキュラム・学習方法の開発と検証、を中心とした研究を行う。

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・カリキュラムの開発と検証

    学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・カリキュラムの開発と検証を目的とする。本研究の特色は、日本語の歴史的変遷を背景とした「国語の特質」を解明し、それに基づいた開発を目指す点にある。具体的には、① 国語教育学で研究・実践してきた思考様式の解明、及び日本語話者としての学習者の思考様式の解明、② 日本語学(特に日本語書記史)から見た日本語の思考様式の解明、③ 前項①②の相関から見えてくる日本語独自の思考様式の解明、④ 「書くこと」の教育のための学習材・カリキュラムの開発と検証、を中心とした研究を行う。本研究は、国語教育学・日本語学・日本文学の領域横断的研究を通じて、それぞれの涼気に新しい研究アプローチの方法論を提出することを可能にする。

  • 基盤研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,日本伝来宋版一切経の角筆点の発掘と東アジア言語文化交流の研究―醍醐寺蔵本を基に―

    醍醐寺蔵宋版一切経に書き入れられた角筆文字・符号等の情報を加えた目録出版を目的とし、同一切経6104帖について詳細な原本調査を実施し、東アジア言語文化の交流の実際と、影響関係を考察した。

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2010年03月,東アジアの角筆文献の発掘とその交流の調査研究-醍醐寺蔵宋版一切経の調査を主に-

    醍醐寺蔵宋版一切経の調査研究を中心に、東アジアの角筆文献の発掘と、角筆の書き入れの分析・検討から得られる文化的な交流を探る。

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2009年03月,東北日本・日本海沿岸地域を対象とする角筆文献データベース作成に向けての基礎的研究

    将来的には東日本全域の調査を見据えながら、まずは新潟県下の調査を綿密に行い、県内全域の角筆文献の実態を分析・検討した上で、日本海沿岸を北上しつつ山形県・秋田県・青森県下の角筆文献発掘調査を実施して、東北日本・日本海沿岸地域の角筆文献データベースを作成し、あわせて同地域における言語と文化を、角筆文献を通して通時的に解明することを目的とする。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度中越国語教材を読む会,鈴木 恵,国内会議,2020年02月,アトリウム長岡,辞書と文法―『新潮国語辞典』初版と第二版をめぐって―,口頭(一般),日本語学,教科教育学

  • 2019年度・新潟県ことばの会,鈴木 恵,国内会議,2019年11月,新潟大学教育学部大会議室,『徒然草』の新たな授業づくりの方法―第九二段をめぐって―,口頭(一般),日本語学,教科教育学

  • 令和元年度第1回日本語書記史研究会,鈴木 恵,国内会議,2019年08月 ~ 2019年09月,新潟大学東京事務所,古写本を用いた『徒然草』の教材開発,口頭(一般),教科教育学,日本語学

  • 平成30年度中越国語教材を読む会,鈴木恵,国内会議,2019年02月,アトリウム長岡,辞書と文法,口頭(招待・特別),日本語学,教科教育学

  • 平成30年度第1回日本語書記史研究会,鈴木 恵,国内会議,2018年09月,新潟大学東京事務所,魯迅「故郷」冒頭文における格助詞「に」「へ」をめぐって,口頭(一般),教科教育学,日本語学

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 学びのプロセスと日本語書記史を統合する学習材・学習方法・カリキュラムの開発と検証,未設定,未設定

  • 東北日本・日本海沿岸地域を対象とする角筆文献データベース作成に向けての基礎的研究,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,音声言語I,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,スタディ・スキルズE,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,国語学課題研究III,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,小学校国語,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,国語学演習III,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 教育学部入試改革ワーキンググループ,2019年04月 ~ 継続中

  • 教育学部教育実習改革ワーキンググループ,2019年04月 ~ 継続中

  • 教育実習委員会、副委員長,2019年04月 ~ 2020年03月

  • 現代社会文化研究科ブックレット編集委員会、委員,2018年04月 ~ 2020年03月

  • 現代社会文化研究科学務委員会、委員,2018年04月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 新潟県ことばの会,会計監査,2019年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学教育学部国語国文学会,会長,2011年04月 ~ 継続中

  • 新潟県ことばの会,事務局,2000年04月 ~ 2018年03月

  • 新潟県ことばの会,理事・幹事,1986年09月 ~ 2019年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度 新潟大学の先生による出前授業「みつけこども大学」、授業者,2019年12月

  • 令和元年度・加茂市若宮中学校国語科授業研修会、指導者,2019年11月

  • 2019年度 放送大学 第1学期面接授業、講師,2019年06月

  • 平成30年度・加茂市若宮中学校国語科授業研修会、授業者、指導者,2018年10月

  • 平成30年度 教科指導ジャンプアップ研修(小・中・特)国語科、講師,2018年09月

全件表示 >>